スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

'00年代投票 10位 → 6位

 2012-11-07
いい加減早く終わらせたい!

10位: Beyoncé / Crazy In Love (feat. Jay-Z) [2003年]

Beyonce

いよいよ泣く子も黙るBeyonceの登場です! 全世界で1,100万枚を売上げたソロデビューアルバム『Dangerously in Love』からの1stシングル。R&Bを基調にしながらもPopなメロディにファンキーで力強い歌声が乗せられた、これぞBeyonce!な1曲。Videoの方も大胆に露出しながらも決して下品になる事はなく隅から隅まで完璧に仕上げられた文句のつけられない1曲だと思います。この曲のイメージがあまりにも強すぎて、どうも彼女に対して高いハードルを求めてしまうし、このタイプの曲を待ち望んでいるんですがなかなか出してきませんねぇ。最近で言うと「Countdown」とかはこのノリに近いっちゃあ近いけど。アーティストとして一時期ほどの勢いはなくなりましたが、これだけ激しく踊れて美しく、しかも歌も上手いアーティストって僕は未だに彼女が最高峰だと思っています。そこがどんなに勢いのあるRihannaにもマネ出来ない点。ところでこの曲をプロデュースしたRich Harrisonは今何処に…。


(US 1位、UK 1位)


スポンサーサイト

'00年代投票 10位 → 6位 の続きを読む

カテゴリ :00'年代投票 | コメント(0)

'00年代投票 15位 → 11位

 2012-10-09
あと15曲。

15位: Shakira / Hips Don't Lie (feat. Wyclef Jean) [2006年]

Shakira

Shakira最大のヒット曲「Hips Don't Lie」はアメリカで2週間、イギリスでは5週間の1位を達成。更にアメリカでは当時の1週間でのラジオエアプレイ回数の新記録、1週間でのダウンロード回数の新記録を打ち立てました。間違いなくShakiraが一番輝いていた時期でしょう。何と言ってもタイトルが「お尻は嘘つかない」ですよ。タイトルだけ見た時点ではおふざけ曲でもつくったのかと思っていたら、蓋を開けてみればラテン風情の溢れたなんともキャッチーで格好良い曲に仕上がっていました。しかもVideoで腰と胸を真面目な顔でユッサユッサするもんだから、インパクトが半端なかったですね。この曲唯一の汚点は売り方。というのも、この曲は新装盤アルバム『Oral Fixation Vol. 2』からの1stシングルとなったわけです。それだけならよくある手法なんですが、元々の『Oral Fixation Vol. 2』はラテン・テイストを抑えてほとんどをロックにした結果、やや売上げ不振だったからです。つまり売れたアルバムに新曲を加えて再発売したのではなく、売れてないアルバムに新曲を加えて再発売したという事。しかも新装盤が出てしばらくはこの曲を単発でダウンロードせずにアルバムとして買って欲しいが為に、iTunes Storeでの解禁を渋るという荒業にも出ました。ま、曲には何の罪もないですがねー。その後のShakiraも音楽性にややブレがありますが、やはりラテンが似合うなぁと個人的には思います。


(US 1位、UK 1位)


'00年代投票 15位 → 11位 の続きを読む

カテゴリ :00'年代投票 | コメント(347)

'00年代投票 20位 → 16位

 2012-09-20
20位: Avril Lavigne / I'm With You [2002年]

Avril Lavigne

全世界で1,700万枚を売り上げたデビューアルバムにしてモンスターアルバム『Let Go』からの3rdシングル。洋楽熱中時代だった僕ももちろん彼女に夢中になりました。洋楽聴かない人にも「アヴリル・ラヴィーン」と言えば、「あ~、知ってる~!」という返事が返ってくるくらいに日本でもかなり売れましたね。当時、「私はロックが好きなのよ!ポップアーティストじゃないわ!」「男の子みたいな格好が好きなの!胸を強調したりするドレスなんか着たくもないわ!」と"つんけん"していた彼女が発表した等身大のミディアム・バラード。これは当時16歳の彼女が歌う事に意味があったと思います。最後に「あいむうぃずゆ~!」って何度も叫ぶトコが心からの叫びを表現している様でなんか切ないね。名曲でしょこれ。1回目の結婚後から、ハッピーな雰囲気漂うPop志向の強い曲が増え、ビジュアル的にも女の子らしい格好が増えて周りを驚かせました。人気は徐々に下降気味ですが、まだまだ音楽界に存在感は示しています。


(US 4位、UK 7位)

'00年代投票 20位 → 16位 の続きを読む

カテゴリ :00'年代投票 | コメント(0)

'00年代投票 25位 → 21位

 2012-09-18
サマソニやら何やらですっかり更新が滞ってたこのカテゴリ。久々に更新します。


25位: Nas / Made You Look [2003年]

Nas

アルバム『God's Son』からの1stシングルとして発表されたこの曲は、彼の代表曲の一つにもなる程人気を集めました。1994年のデビュー当初から高い評価を受け、今でも様々な曲の客演として呼ばれ、今年発表した傑作アルバム『Life Is Good』も初登場1位を獲得し、ここまでくればもうHip-Hop界のアイコン的存在になりつつある彼ですが、意外な事にシングルとしての大きなヒット曲は少ないです。流行りに流される事もなく常に自分の姿勢を貫く、そんな姿に憧れを抱いたり好印象を持っている人が多いんでしょうね。かく言う自分も「きちんとした」ラッパーとして一番好きなアーティストは彼です。この曲の素晴らしさはSalaam Remiプロデュースによるオールドスクール的でハードなトラックと、それに負けないNasの硬派なライミングでしょうか。更には曲間の「ぶれ~は~!(Bravehearts)」でテンションアゲアゲ。聞いてるだけで男らしい気分になれます。


(US 32位、UK 27位)


'00年代投票 25位 → 21位 の続きを読む

カテゴリ :00'年代投票 | コメント(0)

'00年代投票 30位 → 26位

 2012-07-25
いよいよTop30!

30位: Dido / White Flag 【2003年】

Dido

僕にとって天使の歌声とは彼女の様な声を指します。シンガーソングライターDidoにとって世界規模で見ると一番ヒットしたのがこの「White Flag」。イントロからアウトロまで何処を切り取っても癒されます。ホント美しい曲だわぁ。一時期狂った様に聞いたので歌詞見なくて余裕で歌えます。そんなDidoさん、デビューアルバム以来、4,5年毎にアルバムを発表するというマイペースさも持ち味の一つ。前作からはヒット曲が出ませんでしたが、こういうタイプのアーティストはファンが離れる事はないでしょう。


(US 18位、UK 2位)

'00年代投票 30位 → 26位 の続きを読む

カテゴリ :00'年代投票 | コメント(5)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=