スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

3OH!3 / Starstrukk (feat. Katy Perry)

 2009-08-29
3OH!3

大ヒットした「Don't Trust Me」に続く2ndシングル「Starstrukk (feat. Katy Perry)」が到着。
シングルカットに伴って、アルバムバージョンとは違い、
新たにアレンジを加えた上にKaty Perryをフィーチャリングアーティストに持ってきました。
(ちなみにアルバムに収録されているバージョンはコッチ

アルバムバージョンの方が安っぽいパンク性と勢いと刺々しさがあって個人的には好きでした。
シングルバージョンの方は、ヒットを意識してかダンス寄りにアレンジをして女性ボーカルを迎えることで
丸みを持たせたような印象があります。
ラジオヒット的な視点から見るとやっぱりシングルバージョンの方が良いのかなぁ?
スポンサーサイト
カテゴリ :オンガク | コメント(2)

Jason DeRulo と IYAZ

 2009-08-28
今話題となっているアーティストを2人紹介。

Jason DeRulo / Whatcha Say
Whatcha Say

今週のビルボード24位に急上昇。そしてたった今のiTunes Storeランキングでは、5位に着けています。
Jason DeRuloはプロデューサー、ダンサー、そして俳優としても活動している新人男性Popシンガーだそうです。
デビュー曲「Whatcha Say」は、J. R. RotemプロデュースによるシンセPopナンバーで、
Imogen Heapの「Hide & Seek」をサンプリング(2分54秒辺りのところ)しています。
確かにむっちゃくちゃ印象に残ります。


IYAZ / Replay
Replay

たった今のiTunes Storeランキングで37位に着けています。
IYAZはSean Kingstonが後押しをしている新人男性R&Bレゲエシンガー。
デビュー曲「Replay」は、爽やかシンセと「♪なななーなーえぶりでい」というフレーズが印象的ですが、
こちらのプロデュースもJ. R. Rotemでした。
舌足らずな感じがまさにSean Kingstonっぽいな。


この2曲繋げて聴くと結構気持ち良いです!


ただ、こうしてR&BとシンセPopの垣根のない曲がヒットする現状っていつまで続くんだろう…。
個人的にはこういう曲達って好きだよ。好きだけど、何でもかんでも売れすぎじゃない?
流行りってそんなもんなんだろうし、何だかんだで泳がされてるのは僕みたいな人間かもしれないけどさ。


で、全く関係ないですが、そのSean KingstonとBlack Eyed PeasとLady GaGaが、
今週金曜深夜にNHKで放送される「MUSIC JAPAN OVERSEAS」に出演するので皆さん見ましょう!

おわり。
カテゴリ :オンガク | コメント(6)

Livvi Franc / Now I'm That Bitch (feat. Pitbull)

 2009-08-24
Livvi Franc

新人女性アーティストLivvi Francのデビュー曲「Now I'm That Bitch」にハマってます。
爽やかなシンセポップ・R&Bに「ビッチ!」という強烈な単語を載せた曲で、
聞けば聞くほどジワジワ来ますよコレ!

彼女自身は、

1.Rihannaっぽい
2.Beyonceっぽい
3.Ciaraっぽい
4.Aaliyahっぽい

し、個性どこ?って感じだけどまぁいいや。今後に期待。

YTLivviFranc
↑画面クリックでVideoへ。
カテゴリ :オンガク | コメント(4)

2009/8/23付け 再生回数ランキングTop20

 2009-08-23
La Roux

#01 (02) La Roux / Bulletproof ↑8 [1 Week]
#02 (02) Livvi Franc / Now I'm That Bitch (feat. Pitbull) ↑4
#03 (06) Little Boots / Remedy ↓2

#04 (02) Madonna / Celebration ↑13
#05 (01) The Prodigy / Take Me To The Hospital NEW
       (03) Beyonce / Sweet Dreams ↑10
       (02) The Prodigy / Colours ↑7
#08 (01) The Prodigy / World's On Fire NEW
       (02) Jordin Sparks / Battlefield ↑6
#10 (04) Cascada / Evacuate the Dancefloor RE

#11 (04) Linkin Park / New Divide ↓9
#12 (01) La Roux / Quicksand NEW
       (04) Flo Rida / Jump (feat. Nelly Furtado) RE
       (03) Little Boots / Earthquake RE
       (02) The Ting Tings / Shut Up and Let Me Go ↓9
#16 (01) La Roux / As If By Magic NEW
       (01) The Prodigy / Omen NEW
       (01) The Prodigy / Run With The Wolves NEW
       (01) The Prodigy / Piranha NEW
       (02) Black Eyed Peas / Meet Me Halfway RE
       (03) Kaci Battaglia / Crazy Possessive (I'll Muck You Up) ↓7
       (02) Linkin Park / Faint ↓12

SUMMER SONIC 09 in 大阪 ライブレポート 3日目

 2009-08-17
この日は仲の良い同期と5人で参戦。
天気は曇り、そして途中で大雨でしたが、
日曜と言うこともあり一日目とは比べ物にならないくらいの人が来ていました。

まず大きな室内ホールであるSonicステージへ。
行った頃はDelphic.というバンドが演奏していました。
打ち込みのダンス・ロックサウンドで、ノンストップのライブを見せていました。
ぜ~んぜん知らなかったけど、そこそこ楽しめました。


Little Boots

Little Boots

この日一番のお目当てだったLittle Boots。前から7列目くらいで見ました。
第一印象は「かわいらしい~!」
ライブを一緒に見た友達も「むちゃくちゃかわいいやん」て言うてました。
一曲目は「Earthquake」だったと思う。
歌の上手さはぶっちゃけ普通、というか音外してた部分も多く…。
彼女自身は音に乗ってフワフワと舞ったりする姿が、なんとなくアイドルチック。
途中で機材トラブルもあったみたいですが、彼女はMCが早くてよく聞き取れん。。。

やはり一番の盛り上がりを見せたのは観客も一緒に歌っていた「Remedy」。
それまでどことなく距離感のあったライブの空気が一気に一つとなったのでした。
そしてこの熱を保ったまま次の曲へ、、、いけば良いのに、
その後に歌った曲が全く分からなくて非常に困りました。
どう見てもあれは観客の方もノリに困ってたよ。
フレディー・マーキュリーがなんたらかんたら言ってたので、Queenのカバーとかだったのかな?
もうちょっと曲順を考えて欲しかったなぁ。
そしてラストはアルバムの中でも大好きな「Stuck On Repeat」で〆
この演奏の際に、愛用の楽器であるテノリオンの線が抜けており、
慌てて線を繋いでたところがかわいかったですw

総評で言うとかわいらしいライブって感じでしたね。
ただ、僕は独自のアーティストらしくテノリオンをガンガンに使用している姿を期待していたので、
それよりも現段階ではアイドルっぽさが勝っていることが浮き彫りとなったライブでした。
あとは、ライブでガツンと来る曲がもう一曲くらい欲しいところかなぁ。
微妙に愚痴が多くなっちゃってますが、楽しかったのには間違いないですよ!



その後は特に見たいアーティストも無かったので外で食事休憩。
ちょっとだけEgo-Wrappin'を聞く。やっぱ声がよく通るね。
大雨になってきたので、雨宿りもかねてSonicステージへ。
The Horrorsというバンドが演奏していました。
ファンの方には申し訳ないけど、全く興味を持てないどころか不快でした。
でも会場外に出ると暑いのでThe Ting Tingsまでそのライブ会場で我慢して待機…。



The Ting Tings

The Ting Tings

そしてThe Ting Tings。
また前から7列目くらいで見たんですが、このライブが予想外に良かった!
「We Walk」でしっとりと開演、その後もこういうのほほんとした空気で
ライブが進むと思っていたのですが、ぜ~んぜん違う。
2曲目の「Great DJ」で会場大爆発! 大合唱、ジャンプ&モッシュの嵐に!
あのPUFFY的なゆるゆる曲が、ライブではこんなモンスター曲に変わるとは夢にも思いませんでした。
続く「Fruit Machine」でも同じ状態だった為に、僕も完全にハイになって動き回ってしまい、
この2曲が終わった頃には息があがっていました。
それをクールダウンするかのように、ギター一本でしっとりと歌い上げた「Traffic Light」に癒されました。
てか、歌うまー! しっかりとした安定感と伸びがありました。
その後もノリノリな曲では会場が一斉に手を挙げてジャンプして盛り上がりました。盛り上げ方も上手いんよ。
まぁ、「Great DJ」~「Fruit Machine」の流れの盛り上がりにはかないませんでしたけどね。
ラストは予想通り大ヒット曲「That's Not My Name」でした。

純粋にとても楽しいライブでした!
ここまで僕も一緒になって観客と楽しんだライブは初めてだったので、
The Tings Tingsへのファン度が一気に上がったのでした。
一緒に行った友達はThe Ting Tingsのことを全然知らなかったのですが、
「超楽しかった~!」って言ってくれて、後日アルバム曲全てをiTSでダウンロードしてくれてました。
いや本当に最高だった! 単独ライブあるなら次は絶対に行こうと思いました。



The Ting Tingsの興奮冷めやらぬまま、B'zを見る為にOceanステージへ。



B'z

B'z

広大な会場の真ん中くらいで見てました。
正直別に見たかったわけじゃないし、落ち着いて見れれば良いかなぁみたいな軽い気持ちで見てたのですが、
「Calling」や「彷徨える蒼い弾丸」のような懐かしい曲を歌われると、やっぱり反応しちゃうわけで。
あとは「SUPER LOVE SONG」がかっこいい曲だなぁと思った。
セットリストとしては、新旧織り交ぜたシングル曲を中心に、みんなが盛り上がる曲ばかりで構成されていました。
これから先ヒット曲出さなくても、一生ライブで食っていけるんだろうなぁ…。
そしてラストは「Ultra Soul」で、年代問わずに大盛り上がりの中終了。
ライブに手馴れてるだけあって、盛り上げ方も声の出し方も全てが立派でした。
純粋に格好良かったです。やっぱ長いこと活動してるだけあるよなぁ。



Linkin Park

Linkin Park

ラストはLinkin Park。
僕個人のことなんですが、ここ最近ダンスミュージックとブラックミュージックばかり聴いて、
ロックを全く聴かなくなっていました。
一時期大好きだったLinkin Parkへの熱も少し冷め気味の中でのライブということで、
会場の真ん中くらいで落ち着いてみるつもりでした。
が、いざ「Given Up」でライブが始まってみると、体の中の血が騒ぐというかなんというか、
手振りまくって、歌いまくって、音にノリまくって、
曲が披露されるにつれてどんどん会場の前の方に進んじゃいました。
ほ~んとにマジで格好良かった!
あまりにその場に夢中すぎて、曲順とか全然覚えてないやw

あと、今までのライブではガナった曲ばかりだったんだろうけど、アルバム『Minutes To Midnight』のお陰で、
3年前に見たライブとは違って緩急のついたライブになっていました。
「Leave Out All The Rest」や「Shadow Of The Day」では、
みんな静かにチェスターの声に聞き入っていました。
賛否両論ある『Minutes To Midnight』(どちらかと言うと僕は「否」の方)ですが、
ライブでの幅が広がったという点から考えると、やっぱり必要なアルバムだったのかなぁと感じました。

1回目のアンコールでチェスターのソロ・プロジェクトDead By Sunriseの曲が3曲披露されたのですが、
ぶっちゃけ全くピンとこなかったです。なんか曲が妙に軽かったんですもん。Sum 41とかが歌ってそう。
Dead By Sunriseには興味があったんだけど、あのライブのお陰で一気に興味を失いましたw
いくらチェスターを好きでも、あれは無かった…。やっぱLinkin Parkでないとね。

2回目のアンコールで待ちに待った新曲「New Divide」→「Faint」→「One Step Closer」という
神的展開でライブは終了。
この3曲の流れは相当ヤバかった! 僕も変なテンションになって騒いでましたからねw

終わってみると「やっぱりLinkin Park最高!」と言わざるを得ないライブになっていました。
このライブの後から、リンキンをカラオケで歌いまくって、CDも改めてもう一度聞きまくってます。
んで、なんだかんだ言ってライブで盛り上がるのはロックなんだなぁとも、つくづく感じました。
そんな余韻に浸ってみんなと喋っている中、
数発の花火が打ち上げられてSUMMER SONIC 09は幕を閉じたのでした。



出演アーティストにもよるけれど、来年も行きたいです!!!
カテゴリ :ライブ | コメント(6)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=