スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2010/11/29付け パーソナル・チャート

 2010-11-29
Rihanna

#01 (02) Rihanna / What's My Name? (feat. Drake) [1 Week] ↑3
#02 (01) David Guetta / Who's That Chick? (feat. Rihanna) NEW
#03 (02) Edward Maya & Vika Jigulina / Stereo Love ↑2

#04 (11) Rihanna / Only Girl (In The World) ↑7
#05 (01) Flo Rida / Puzzle (feat. Electrixx) NEW
#06 (01) Kid Cudi / Erase Me (feat. Kanye West) NEW
#07 (01) Rihanna / Raining Men (feat. Nicki Minaj) NEW
#08 (01) Ke$ha / Sleazy NEW
#09 (05) David Guetta / Memories (feat. Kid Cudi) ↓8
#10 (02) Kylie Minogue / Better Than Today ↑2

#11 (01) Rihanna / S&M NEW
#12 (01) Ke$ha / C U Next Tuesday NEW
#13 (02) Dr. Dre / Kush (feat. Snoop Dogg & Akon) ↓7
#14 (06) Katy Perry / Firework ↓12
#15 (05) Ke$ha / We R Who We R ↑5
#16 (01) Ne-Yo / One In A Million NEW
#17 (01) Bow Wow / Ain't Thinkin' Bout You (feat. Chris Brown) NEW
#18 (02) Mohombi / Miss Me (feat. Nelly) ↓10
#19 (03) Keri Hilson / Pretty Girl Rock ↓2
#20 (03) Usher / More ↓7
スポンサーサイト

Rihanna / LOUD

 2010-11-25
前作『Rated R』では、ダークなコンセプトを貫き通した結果、アルバムのセールスこそあまり奮わなかったものの、一定の評価を得た上に、順当なシングルカットを続けたお陰で「Rude Boy」という特大ヒットまで飛び出しました。個人的にはRihannaのアルバムで一番好きなのは『Rated R』です。

それから約1年、待望の5thアルバム『LOUD』へ向けて髪を赤くし、またもやヴィジュアル・イメージから気合いを見せつけたRihanna。今回の内容はどのようになっているのか。

Loud

冒頭から『♪ナナナ、カモーン』というフレーズが耳を引き付けるシンセ・ポップ「S&M」で掴みはOK。同系統となるものには2ndシングル「What's My Name? (feat. Drake)」、『♪ロンポポポン、ロンポポポン』というフレーズでレゲエ・テイストの入った「Man Down」がある。他には、Avril Lavigne「I'm With You」をサンプリングしたチル系なポップロック・パーティチューン「Cheers (Drink To That)」、ギターの音色と美しいメロディが際立つど真ん中のポップロック・バラード「California King Bed」、とても美しく伸びやかな彼女の声が聞ける(まぁ実際のライブではこんなに綺麗に歌えないんだろうけど。)壮大で浮遊感のあるシンセ使いのミッド「Complicated」、こちらもストリングスやピアノ使いでスケールの大きなミッド「Fading」、ハウス調に振り切ったアゲアゲ・チューンとなる1stシングル「Only Girl (In The World)」、Beyonce「Diva」にそっくりなHip-Hopビートにもう少しレゲエとPopテイストを混ぜたような「Raining Men (feat. Nicki Minaj)」、セクシーで妖艶なビートのミッド「Skin」、Eminemとの大ヒット曲をピアノ主体とした別バージョンとしてアレンジした「Love The Way You Lie (Part II) [feat. Eminem]」を収録。

全体的には若干の散漫さはあるものの、やはり昨今の流行りとなっているシンセ使いのダンスノリと、彼女特有の呪術的でジワジワと聞いてくるボディーブロー系(???)が主体となっています。特に斬新なものがある訳ではないですが、StarGate、The Runners、Polow Da Donなどの人気プロデューサーが本気を出したな、というのが伝わってくる安心の充実作。

前作から反して、売りに走ってます。
『売りに走る』と言えば聞こえは悪いですが、「今の彼女に歌って欲しい曲」、また「今の彼女が歌うべき曲」をRihanna本人が素直に受け入れた、という風に言うとまた印象も違うでしょう。僕の印象はどちらかと言うとそのポジティブな方で捉えてます。

決して止まる事の無い彼女の勢いを感じました。



-------------------

話は変わって、この前にMTVで特集されてた彼女のシングル曲のTop20をカウントダウンするっていう番組を見たんですよ。デビューしてからまだたったの5年なのに、20曲もカウントダウンが可能な上に、全部が口ずさめるって改めて凄いなぁと思いました。いや、本当に凄いなぁとひしひしと思ったから書きたかっただけっす(´∇`;)
カテゴリ :アルバム | コメント(7)

Black Eyed Peas 「The Time (Dirty Bit)」のVideo解禁

 2010-11-24


久々にクラブ行きたいー!
Fergie美しいなぁ。
※Videoの様にクラブで吐くのは超絶的な迷惑になるのでおやめ下さい。
カテゴリ :オンガク | コメント(0)

新着Video紹介 -Bruno Mars、B.o.B、Flo Rida、Taio Cruz、Kylie Minogue

 2010-11-22
Bruno Mars / Grenade


まず曲に関して、
個人的には「Just the Way You Are」よりずっとずっとずっとずっと好き。
重厚感があって渋いわぁマジで。
Videoも曲の雰囲気をよく捉えていて、何かの映画のような
暗い暗い感じがとても良い。
Bruno君、髪の量多すぎじゃね?(笑)

新着Video紹介 -Bruno Mars、B.o.B、Flo Rida、Taio Cruz、Kylie Minogue の続きを読む

カテゴリ :オンガク | コメント(2)

2010/11/22付け パーソナル・チャート

 2010-11-22
David Guetta + Kid Cudi

#01 (04) David Guetta / Memories (feat. Kid Cudi) [1 Week] ↑9
#02 (05) Katy Perry / Firework ↓1
#03 (02) Katy Perry / Peacock ↑1

#04 (01) Rihanna / What's My Name? (feat. Drake) NEW
#05 (01) Edward Maya & Vika Jigulina / Stereo Love NEW
#06 (01) Dr. Dre / Kush (feat. Snoop Dogg & Akon) NEW
#07 (01) Katy Perry / Circle The Drain NEW
#08 (01) Mohombi / Miss Me (feat. Nelly) NEW
#09 (01) Katy Perry / E.T. NEW
#10 (02) Lupe Fiasco / The Show Goes On ↓7

#11 (10) Rihanna / Only Girl (In The World)
#12 (01) Kylie Minogue / Better Than Today NEW
#13 (02) Usher / More RE
#14 (02) The Black Eyed Peas / The Time (Dirty Bit) ↓9
#15 (06) Wiz Khalifa / Black and Yellow ↑4
#16 (01) Katy Perry / The One That Got Away NEW
#17 (02) Keri Hilson / Pretty Girl Rock ↑3
#18 (03) Alexandra Burke / Start Without You (feat. Laza Morgan) ↓16
#19 (03) Jazmine Sullivan / Holding You Down (Goin' In Circles) ↓10
#20 (04) Ke$ha / We R Who We R ↓13
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=