スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/4/30付け パーソナル・チャート

 2012-04-30
【業務連絡】
洋楽情報サイトmeantimeにて、'00年代投票が行われます。'00年代(2000年~2009年)にビルボードTop40に入った全1634曲からあなたの中のTop50曲を決めて投票するという何とも大掛かりなこの企画。僕もちょくちょくこちらのサイトの投票企画には過去に参加していたのですが、久々に参加しようと思っています。そしてその50曲はせっかくなんで自分のブログでも取り上げて記事にしてみようかなぁ~、なんて事も企んでます。予定は未定ですが。

洋楽を昔からとっても大好きなそこのあなた!も是非とも参加して下さい!!(締切りは5/31)

Nelly Furtado

#01 (02) Nelly Furtado / Big Hoops (Bigger the Better) [1 Week] ↑1
#02 (11) Nicki Minaj / Starships ↓1
#03 (02) Jessie J / LaserLight (feat. David Guetta) ↑4

#04 (03) Ellie Goulding / Guns and Horses ↑4
#05 (03) Calvin Harris / Feel So Close ↑7
#06 (02) The Wanted / Chasing the Sun ↑5
#07 (01) Azealia Banks / 212 (feat. Lazy Jay) NEW
#08 (02) Timbaland / Break Ya Back (feat. Dev) ↑12
#09 (02) Skrillex / Bangarang (feat. Sirah) ↓5
#10 (07) David Guetta / Titanium (feat. Sia) ↓4

#11 (02) Linkin Park / BURN IT DOWN ↑5
#12 (02) Justin Bieber / Boyfriend ↑2
#13 (01) Madonna / Love Spent NEW
#14 (01) Calvin Harris / Let's Go (feat. Ne-Yo) NEW
#15 (01) Usher / Scream NEW
#16 (02) Maroon 5 / Payphone (feat. Wiz Khalifa) ↓1
#17 (05) Rihanna / Where Have You Been RE
#18 (02) Chris Brown / Till I Die (feat. Big Sean & Wiz Khalifa) ↑1
#19 (03) Eva Simons / I Don't Like You RE
#20 (01) Frank Ocean / Thinkin Bout You NEW



スポンサーサイト

2012/4/30付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2012/4/23付け パーソナル・チャート

 2012-04-23
怒涛のシングルリリースとNicki Minajのアルバムを買ったおかげで20曲中14曲が初登場。
ここまで入れ替わったのって初かも。音楽に囲まれて幸せ♪ って事で今週長いです。

Nicki Minaj

#01 (10) Nicki Minaj / Starships [6 Weeks] ↑1
#02 (01) Nelly Furtado / Big Hoops (Bigger the Better) NEW
#03 (01) Nicki Minaj / Whip It NEW

#04 (01) Skrillex / Bangarang (feat. Sirah) NEW
#05 (01) Nicki Minaj / Pound The Alarm NEW
#06 (06) David Guetta / Titanium (feat. Sia) ↓3
#07 (01) Jessie J / LaserLight (feat. David Guetta) NEW
#08 (02) Ellie Goulding / Guns and Horses ↑7
#09 (01) Nicki Minaj / I Am Your Leader (feat. Cam'ron & Rick Ross) NEW
#10 (03) Gotye / Somebody That I Used to Know (feat. Kimbra) ↓9

#11 (01) The Wanted / Chasing the Sun NEW
#12 (02) Calvin Harris / Feel So Close ↓5
#13 (01) Nicki Minaj / HOV Lane NEW
#14 (01) Justin Bieber / Boyfriend NEW
#15 (01) Maroon 5 / Payphone (feat. Wiz Khalifa) NEW
#16 (01) Linkin Park / BURN IT DOWN NEW
#17 (01) Nicki Minaj / Champion (feat. Nas, Drake & Young Jeezy) NEW
#18 (02) Drake / HYFR (Hell Ya Fucking Right) [feat. Lil Wayne]
#19 (01) Chris Brown / Till I Die (feat. Big Sean & Wiz Khalifa) NEW
#20 (01) Timbaland / Break Ya Back (feat. Dev) NEW



2012/4/23付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2012/4/16付け パーソナル・チャート + α

 2012-04-16
Gotye

#01 (02) Gotye / Somebody That I Used to Know (feat. Kimbra) [1 Week] ↑7
#02 (09) Nicki Minaj / Starships
#03 (05) David Guetta / Titanium (feat. Sia) ↑14

#04 (02) U.V.U.K. / Blink ↑1
#05 (02) Dragonette / Let It Go ↑2
#06 (02) Eva Simons / I Don't Like You ↑4
#07 (01) Calvin Harris / Feel So Close NEW
#08 (09) Adele / Rumour Has It ↓7
#09 (05) Swedish House Mafia / Greyhound ↓5
#10 (03) Garbage / Blood for Poppies ↑10

#11 (01) Cascada / Summer of Love NEW
#12 (04) K'NAAN / Is Anybody Out There? (feat. Nelly Furtado) ↑3
#13 (06) Kelly Clarkson / Mr. Know It All (Country Version) ↓10
#14 (15) Drake / The Motto (feat. Lil Wayne) RE
#15 (01) Ellie Goulding / Guns and Horses NEW
#16 (05) Katy Perry / Part Of Me ↑3
#17 (04) Rihanna / Where Have You Been RE
#18 (01) Drake / HYFR (Hell Ya Fucking Right) [feat. Lil Wayne] NEW
#19 (01) Sway / Level Up (feat. Kelsey Sings) NEW
#20 (07) Madonna / Girl Gone Wild ↓14


2012/4/16付け パーソナル・チャート + α の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2012/4/9付け パーソナル・チャート + α

 2012-04-09
Adele

#01 (08) Adele / Rumour Has It [2 Weeks] ↑1
#02 (08) Nicki Minaj / Starships ↑1
#03 (05) Kelly Clarkson / Mr. Know It All (Country Version) RE

#04 (04) Swedish House Mafia / Greyhound ↑11
#05 (01) U.V.U.K. / Blink NEW
#06 (06) Madonna / Girl Gone Wild ↓5
#07 (01) Dragonette / Let It Go NEW
#08 (01) Gotye / Somebody That I Used to Know (feat. Kimbra) NEW
#09 (02) Madonna / Masterpiece ↓3
#10 (01) Eva Simons / I Don't Like You NEW

#11 (06) Rihanna / Birthday Cake ↓2
#12 (02) Madonna / Superstar ↓8
#13 (03) J. Cole / Nobody's Perfect (feat. Missy Elliott) ↓1
#14 (02) Madonna / Turn Up The Radio ↓9
#15 (03) K'NAAN / Is Anybody Out There? (feat. Nelly Furtado) ↑4
#16 (07) Usher / Climax ↓5
#17 (04) David Guetta / Titanium (feat. Sia) RE
#18 (01) Jennifer Lopez / Dance Again (feat. Pitbull) NEW
#19 (04) Katy Perry / Part Of Me ↓5
#20 (02) Garbage / Blood for Poppies ↓4


2012/4/9付け パーソナル・チャート + α の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

Springroove2012 感想

 2012-04-03
Springroove初参戦です。(本当は去年初参戦するつもりだったんだけど、震災の影響で中止になっちゃったので)
簡単に感想書いてみたのでどうぞ。

Springroove

13:00開場、13:00開演というタイムスケジュールだとは露知らず、12:50くらいに開場前に着いてみたら入口まで長蛇の列。会場に入るまでで既に疲れました。更には会場に着いても荷物を預けるのにまた長蛇の列、更にはトイレに行くにも長蛇の列…。スタッフの人が何か言ってても拡声器使ってないから何言ってるのか全然聞こえないし、この辺どうにかならないのかなぁと思いました。なんとなくサマソニ的な気分で行ったからか、色々な不便さが気になりました。

さてさて客層ですが、いかにもパーティ大好きピーポーが多く集まっているという感じでした。B系・スト系、ギャル、外国の方、LMFAOコスプレの若年層が多い多い。


SHUN

会場に着くとオープニング・アクトのSHUN君が歌ってました。自分、清水翔太がそこそこ好きなんですが、SHUNも彼と同路線(よりラップ寄りですが)という事で、若さを売りにして頑張って盛り上げてたなぁという感じ。


Pixie Lott

Pixie Lott

一人目のお目当てPixie Lottを見に行きました。ぶっちゃけアルバムは持ってないんで、知らない曲いっぱいされたらどうしようかと思いましたが、20分という短い持ち時間の結果もあって、過去のシングルヒットメドレーをしてくれたので助かりました。

1. Mama Do (uh oh, uh oh)
2. Boys And Girls
3. Cry Me Out
4. All About Tonight
5. Kiss The Stars

ライブを見て思ったのは、彼女のイメージの中で忘れていた事を思い出しました。それは単純、「彼女は歌が上手い」という事。軽くダンスしたりしながら歌ってますが声はブレない。特にバラードの「Cry Me Out」は際立って彼女の歌の上手さとパワフルさ、ハスキーな声の格好良さを感じました。それが自分のイメージの中から消えていたという事は、どうも勿体無い売り出し方になっているのではないのかなぁと思いました。「All About Tonight」とか「Kiss The Stars」も可愛いかったけどさ、もっと歌い上げる曲も似合いそうだなと。全体的には好印象のステージで、あまり売れていないながらも来日して健気にプロモを頑張っている彼女の姿を見て、アルバム買ってあげようと思いました。一番盛り上がったのはやはり日本での1stシングルとなっている「All About Tonight」。




Kreayshawn

Kreayshawn

音使いがユニークな「Gucci Gucci」が一部で話題となった次世代ラッパーKreayshawn。まだアルバムも出していないのにこんな大ステージに抜擢とは異例だと思います。ステージはKreayshawnの楽しそうな姿がひたすら際立っていました。「超可愛い~!」「超怖い~!」などなど覚えたての日本語をたくさん発して会場を盛り上げようとする姿がね、普通に可愛いの。セーラームーンが大好きだったり、ツイッターでも日本語を使ってみたり、iPadの日本語翻訳を駆使しながら喋ってみたりと今回の来日を既に満喫している様子を知っていたので、最近何気に好感度が上がっていたのですが、あのステージを見て更に好感度上がりました。曲自体はねぇ~、なんていうんだろ、音は面白いんだけど、盛り上がりがなく平たい曲が多いと思った。もう少しライブ映えする展開の分かりやすい曲が欲しいね。




Bobby Burns

全く知らない方ですが「David Guettaの弟分」と紹介されてました。ホント? Avicii「Levels」をかけた時の盛り上がりは凄かった。


Afrojack

Afrojack

自分自身ハウスのライブって初めてだったので勝手が分かりませんでしたが、とりあえず熱気は凄かった。僕が大好きな「Take Over Control」をほぼ原曲のまま長めにかけてくれたのはテンションがち上がり↑↑↑で、ここでこの日最初の僕のテンションのピークを迎えました。他にもPitbull,Ne-Yoらとの「Give Me Everything」をアレンジしてかけたり、↓のSteve Aokiとの共作「No Beef」などをかけてました。Afrojackは終始ご機嫌そうにプレイしてましたね。




LMFAO

LMFAO

おそらく彼らだけをメインに見て来ている人も多いと思われるくらいに会場はLMFAOコスチュームの人が多かったです。そのおかげかフロアはぎゅうぎゅう詰めで熱気ムンムン。

1. Rock The Beat II
2. Sorry For Party Rocking
3. I'm In Miami Bitch
4. Shots
-暗転-
5. Party Rock Anthem
6. Champagne Showers
-暗転-
7. Sexy And I Know It
ラスト. Party Rock Anthem

冒頭の「Rock The Beat II」~「Sorry For Party Rocking」だけで盛り上がりが半端じゃなかったです。押されて潰れるかと思った。そしてお馴染み「Shots」で会場のボルテージはMaxに! これを待ち望んでいた!とばかりに会場に「シャッ!×16」「えびば~でぃ~!」「ら~だ~だ~だ~、らだだだだ~だだ~」が響き渡る。その盛り上がりの後にステージが暗転して、「え?もしかしてもう終わり?」という不安がよぎる中、モニターには「NEXT ARTIST: BIG BANG」の文字が。会場からは「え~!」「Party Rock Anthemまだ聞いてねぇし~!」「あり得ない~!」というザワツキが聞こえる中、「Party Rock Anthem」が流れて再びステージスタート。粋な演出するねぇ!と思ったけど、後々考えてみたら普通にスタッフ側のミスだった様な気もします。そんな会場の鬱憤が爆発するかのように「Party Rock Anthem」で間違いなくこの日最大の盛り上がりをみせたのでした。みんな好きだねぇ。続く「Champagne Showers」では本当にステージから会場にシャンパンをぶちまけるという大サービスで盛り上げる。再びの暗転後、きました「Sexy And I Know It」! これは曲というよりステージを楽しむという感じでしたね。PVと同じ様にみんながどんどん脱いでいき、RedFooもパンツ一丁で腰を振りまくり半尻を晒すという本当にお下劣なパフォーマンス(笑) それでもこの日はお祭りだから良いんです、みんな盛り上がるんです!

という様に盛り上がり方が尋常じゃなかったです。この日はSkyBluの体調不良によりRedFooのみの参加となりましたが、そんなのは関係ないくらいに盛り上げてくれました。多分ね、「Shots」「Party Rock Anthem」「Sexy And I Know It」だけでこのグループはしばらく生きていけるよ。このステージだけで2kgくらい痩せたんじゃないかというくらいに自分も汗をかいて盛り上がりました。これ以上水も飲まないでここに居ると倒れるかも、、、と少し身の危険を感じたので、ステージ後は一時撤退して休憩しました。というわけで、間違いなく今回のSpringrooveのベストパフォーマンスはLMFAOでした。




David Guetta

David Guetta

開演前はGuettaがプロデュースしたあの曲やこの曲、そしてこんな曲もやってくれるかなぁ!とか、今回のアルバムからたくさんの曲が聞けるかなぁ!と期待に胸膨らませてましたが、実際のステージは他の人の曲を挟み(Avicii「Levels」Flo Rida「Wild Ones」のサビ部分、Afrojack、Pitbull、Ne-Yo「Give Me Everything」のサビ部分、Swedish House Mafia「Greyhound」Gotye「Somebody That I Used To Know」のサビフレーズだけ)つつ、更にそれを原曲とかなり変えてアレンジしつつ、ほぼ歌なしでハウス音源のみを巧みに繋げてプレイしていました。それは自身の曲にも同じことが言え、歌よりも音に重点を置いて大胆にアレンジし、「ゲッタ・ワールド」に引き込むというプレイでした。最後のBlack Eyed Peas「I Gotta Feeling」までもそうで、少し捻くれたステージという印象でした。おそらくこれは賛否両論で、「あの空間じゃなきゃ楽しめない素晴らしいステージ!」と感じた人と、僕の様に歌モノのDavid Guettaから入った人は「もっと原曲や歌モノでみんなと一体化して盛り上がりたかった!」という人も多かったと思います。会場の盛り上がりもLMFAOの時と比べると幾らか静かだった様な気がします。まぁ確かにゲッタの曲なんてそこら辺の普通のクラブに行けばバンバン流れてるんだろうからレアなステージなんだろうけどさ、それにしてもアレンジし過ぎで体が音についていけないと思ったなぁ。もう少し普通に流す曲が多くても良いと思いました。ゲッタの趣味に付き合わされたという印象で正直言って僕には不完全燃焼でした。




以上。
帰りは言葉も出ないくらいにヘトヘトでした。

カテゴリ :ライブ | コメント(4)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=