スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/1/28付け パーソナル・チャート

 2013-01-28
The Band Perry

#01 (04) The Band Perry / Better Dig Two [1 Week] ↑2
#02 (08) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta)
#03 (02) Justin Timberlake / Suit & Tie (feat. JAY-Z) ↑2

#04 (09) Alicia Keys / Girl On Fire ↓3
#05 (03) Bruno Mars / When I Was Your Man ↑9
#06 (02) Rihanna / Stay (feat. Mikky Ekko) ↑13
#07 (03) Rihanna / Pour It Up ↑5
#08 (07) Ke$ha / C'Mon ↓1
#09 (07) Pitbull / Feel This Moment (feat. Christina Aguilera) ↓5
#10 (15) Kelly Clarkson / Catch My Breath ↓1

#11 (01) Krewella / Alive NEW
#12 (04) Big Sean / Guap ↓6
#13 (07) Of Monsters and Men / Little Talks
#14 (01) Paramore / Now NEW
#15 (01) Rihanna / Loveeeeeee Song (feat. Future) NEW
#16 (11) Macklemore & Ryan Lewis / Thrift Shop (feat. Wanz) ↑2
#17 (01) Alicia Keys / Not Even The King NEW
#18 (03) Trey Songz / Simply Amazing ↓8
#19 (01) Big Boi / In The A (feat. T.I. & Ludacris) NEW
#20 (01) MKTO / Thank You NEW



#11 Krewella / Alive

Krewella

デビュー約1年半の新人EDMグループKrewellaの最新シングル。ボーカルの女性2人は姉妹なんだそうです。ビジュアルイメージ的にはなんとなくB級的な香りがしますが、サウンドの方はメロディアスなアゲアゲ具合が聞き応えあると思います。




#18 Trey Songz / Simply Amazing

エロTrey君のアルバム『Chapter V』からのアメリカでの最新シングル(R&Bラジオ局では「Fumble」)。UKでは2ndシングルとしてカットされ、彼にとって初となるシングルTop10ヒットを記録し、そのおかげでアルバムも初のTop10ヒットを記録した人気曲となっていました。「R&B」というイメージの強い彼らしからぬエロくないサッパリと伸びやかなミドルチューンで、幅広い人に受け入れられやすいところがヒットの要因でしょうか。




#19 Big Boi / In The A (feat. T.I. & Ludacris)

Big Boiのアルバム『Vicious Lies and Dangerous Rumors』からの最新シングル。結構良いアルバムだと思いましたがあまり売れていない(初登場34位)のは時代の流れか…。この曲も実力者3人が揃った早口チューンで惹き込まれますが、全員微妙に旬を過ぎてしまったオーラが漂います。




#20 MKTO / Thank You

MKTO

新人PopデュオMKTO(エムケイティーオー、「マコト」ではありません)のデビュー曲。ラジオ・フレンドリーなメロディのギタートラック上を1人がラップして1人が歌うという、何ともビジュアルイメージ通りのPopな楽曲でした。内容が青いですなぁ(←おっさん目線)。




-----以下、新着Video-----


スポンサーサイト

2013/1/28付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/1/21付け パーソナル・チャート

 2013-01-21
久々の通常営業。今年もキーワードは「ぬるく更新」

Alicia Keys

#01 (08) Alicia Keys / Girl On Fire [1 Week] ↑1
#02 (07) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta) ↓1
#03 (03) The Band Perry / Better Dig Two ↑1

#04 (06) Pitbull / Feel This Moment (feat. Christina Aguilera) ↑2
#05 (01) Justin Timberlake / Suit & Tie (feat. JAY-Z) NEW
#06 (03) Big Sean / Guap ↑4
#07 (06) Ke$ha / C'Mon ↓4
#08 (02) Pitbull / Hope We Meet Again (feat. Chris Brown) ↑8
#09 (14) Kelly Clarkson / Catch My Breath ↑6
#10 (02) Trey Songz / Simply Amazing ↑4

#11 (17) Ke$ha / Die Young ↓6
#12 (02) Rihanna / Pour It Up
#13 (06) Of Monsters and Men / Little Talks ↓2
#14 (02) Bruno Mars / When I Was Your Man ↑3
#15 (05) Nelly Furtado / Waiting For The Night ↓8
#16 (10) Taylor Swift / I Knew You Were Trouble. ↓8
#17 (05) Imagine Dragons / Radioactive ↓8
#18 (10) Macklemore & Ryan Lewis / Thrift Shop (feat. Wanz) ↓5
#19 (01) Rihanna / Stay (feat. Mikky Ekko) NEW
#20 (02) Ne-Yo / Forever Now



#03 The Band Perry / Better Dig Two



兄妹カントリーグループThe Band Perryの最新シングル。前作からは合計4曲ものヒット曲が出ましたが、一応この曲を含むアルバムが4月に発売予定なんだそうです。バンジョーやフィドルと激しいギターの緩急が面白いダイナミックなナンバー。ロック色を強めてきた曲もさることながら、Videoにもこのグループの気合いが感じられてむっちゃくちゃ格好良い。この調子ならアルバムも期待できそう。


#05 Justin Timberlake / Suit & Tie (feat. JAY-Z)

Justin Timberlake

あのJustin Timberlakeが6年ぶりに音楽界にカムバックですってよ、奥さん!全世界で1,000万枚以上を売上げたモンスターアルバム『FutureSex/LoveSounds』以来となる新作『The 20/20 Experience』からの超先行1stシングル。ここのところ不調の続いているTimbalandもJustinとのコンビでは力を発揮できるのか、ホーンが冴えるゴージャスなトラックに仕上げてきました。それに華を添える様にJAY-Zも参戦というわけで、本気モードできましたね。曲調としては流行りのエレクトロの影響を微塵も感じさせない拘りのR&Bソウル。この男はブレない。




#07 Ke$ha / C'Mon

良い内容なのにあんまり売れてないアルバム『Warrior』からの2ndシングル。馬鹿っぽいVideoにラップ調で呟いてHookでキャッチーな歌を披露する、彼女だってデビュー以来全く方向性にブレがありません。この曲も順調にヒット街道に乗ってきてます。




#15 Nelly Furtado / Waiting For The Night

あんまりどころか笑える程に売れていないアルバム『The Spirit Indestructible』からの通算4曲目のシングル。Rodney Jerkinsプロデュースによるアルバム中最もキャッチーな楽曲で、異国情緒漂うエレクトロトラックに忘れられないメロディのHookが非常にインパクトと中毒性が強い。どうですか、皆さん?ちょっとは注目してあげて?なんでこれを1stシングルにしなかったんだろう…。



カテゴリ :パーソナル・チャート

My Best of 2012 -アルバム部門- 15位→1位

 2013-01-16
続いてアルバム部門。2012年は15枚をチョイス。
これもシングル部門と同じく全く悩む事なく選べました。
それではどうぞ。


15位: Frank Ocean / channel ORANGE

チャンネル・オレンジ

2012年、一躍時の人とのなったFrank Oceanのデビューアルバム。その作詞スキルやソウルフルな歌声は批評家ウケも高く、ほとんどの海外有名サイトでこのアルバムが2012年のベストアルバムとして紹介されています。まぁ確かに味気のないエレクトロミュージックがひしめく中で彼の様な本物のアーティストが現れた事はインパクトもありましたからねー。個人的にこのアルバムはチル・アウトな一面が大きい為、長いなぁというのが正直な感想。1曲1曲聞く分には奥深いんだけど、もうちょっと短くしてほしかった。まぁ英語の歌詞が手に取るように分かる人が聞けばまた印象も違うのかもしれませんが。グラミー賞Album of the Year、Best Urban Contemporary Albumノミネート作品。
【US 2位、UK 2位】


My Best of 2012 -アルバム部門- 15位→1位 の続きを読む

カテゴリ :My Best of XXXX | コメント(0)

My Best of 2012 -シングル部門- 10位→1位

 2013-01-15
待っていた方が居ればお待たせしました。
(前回も言いましたが、画像部分をクリックするとそのVideoのリンクへ飛んでいきます。)


10位: Afrojack & Shermanology / Can't Stop Me

Can't Stop Me

AfrojackとShermanologyのコラボ曲。4つ打ちハウスに若干のレゲエ要素が入ったアゲ曲。結構オーソドックスなつくりなんだけど自分のツボにハマッたのか1年中の長い期間で聞いていました。ジム行っても絶対これ聞きながら運動するんだよね。
【US Dance 24位】

My Best of 2012 -シングル部門- 10位→1位 の続きを読む

カテゴリ :My Best of XXXX | コメント(1)

2013/1/14付け パーソナル・チャート

 2013-01-14
Rihanna

#01 (06) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta) [1 Week] ↑1
#02 (07) Alicia Keys / Girl On Fire (feat. Nicki Minaj) ↑6
#03 (05) Ke$ha / C'Mon

#04 (02) The Band Perry / Better Dig Two ↑3
#05 (16) Ke$ha / Die Young ↓4
#06 (05) Pitbull / Feel This Moment (feat. Christina Aguilera) ↑5
#07 (04) Nelly Furtado / Waiting For The Night ↓2
#08 (09) Taylor Swift / I Knew You Were Trouble. ↓4
#09 (04) Imagine Dragons / Radioactive ↓3
#10 (02) Big Sean / Guap ↑10

#11 (05) Of Monsters and Men / Little Talks ↓1
#12 (01) Rihanna / Pour It Up NEW
#13 (09) Macklemore & Ryan Lewis / Thrift Shop (feat. Wanz) ↓4
#14 (01) Trey Songz / Simply Amazing NEW
#15 (13) Kelly Clarkson / Catch My Breath ↑3
#16 (01) Pitbull / Hope We Meet Again (feat. Chris Brown) NEW
#17 (01) Bruno Mars / When I Was Your Man NEW
#18 (01) LL Cool J / Take It (feat. Joe) NEW
#19 (03) Dido / Let Us Move On (feat. Kendrick Lamar) ↓6
#20 (01) Ne-Yo / Forever Now NEW
カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=