スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/7/29付け パーソナル・チャート

 2013-07-29
J. Cole

#01 (04) J. Cole / Crooked Smile (feat. TLC) [1 Week] ↑2
#02 (04) K. Michelle / V.S.O.P. ↑6
#03 (01) Ariana Grande / Baby I NEW

#04 (02) 安室奈美恵 / Heaven ↑5
#05 (02) Tinie Tempah / Trampoline (feat. 2 Chainz) ↑11
#06 (03) Kanye West / Black Skinhead ↑1
#07 (03) Kanye West / New Slaves ↓6
#08 (03) Ciara / I'm Out (feat. Nicki Minaj) ↓4
#09 (01) Lana Del Rey vs. Cedric Gervais / Summertime Sadness (Remix) NEW
#10 (01) Ellie Goulding / Burn NEW

#11 (06) Britney Spears / Ooh La La ↓9
#12 (08) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) ↓2
#13 (01) 安室奈美恵 / Hands On Me NEW
#14 (04) P!nk / True Love (feat. Lily Allen)
#15 (04) B.o.B / HeadBand (feat. 2 Chainz) ↓9
#16 (04) Nelly / Get Like Me (feat. Nicki Minaj & Pharrell) ↓3
#17 (04) Fantasia / Without Me (feat. Kelly Rowland & Missy Elliott) ↑2
#18 (06) Glenn Lewis / Can't Say Love ↓3
#19 (02) Karmin / Acapella ↑1
#20 (09) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) ↓3


今週は4曲ピックアップ!

#05 Tinie Tempah / Trampoline (feat. 2 Chainz)

Tinie Tempah

Tinie Tempahの2ndアルバムからの先行シングル。デビューアルバムからは続々とヒット曲が生まれ、「Written In The Stars」はアメリカでもヒットしました(US 13位、UK 1位)が、個人的には彼自身にどれほどの人気があるのかが謎なのです。なんとなく楽曲の良さと話題性で売れた様なイメージがあるので。今楽曲は2 Chaninzを客演に、そしてDiploをプロデューサーに迎えたひねくれ系のエレクトロHip-Hopチューン。「シェイク」と「ジャンプ」を連呼し「トゥランポリ~ン」と呟くHookが格好良いのかは謎だが、トラックは痺れる程格好良いですこれ。もうこれがオフィシャルVideoで良いんじゃね?っていう歌詞Videoは既に公開されています。




#06 Kanye West / Black Skinhead

Kanye West

問題作『Yeezus』からの1stシングル。アルバムは賛否両論ある様ですが、個人的にはかなり力作だと思っているので改めて感想を別個に書く予定(予定は未定(ゝω・)v)。こちらの1stシングルはDaft Punkもプロデューサー陣に名を連ねたパンキッシュなHip-Hopチューン。果たしてこのVideoの世界観を理解できる人は居るのでしょうか?(笑) 見ていてなんだか気味が悪いです。




#09 Lana Del Rey vs. Cedric Gervais / Summertime Sadness (Remix)

Lana Del Rey

デビューアルバム『Born to Die』からのアメリカでの最新シングル。まさかこういう形でRemixとしてシングルカットされ、アメリカで本格的なラジオヒットになってビルボードを駆け上がるとは予想外でした(現在、US 46位)。女優顔負けの抜群のルックスの良さと独特な歌い回し、更に歌詞の世界観の深さから一躍有名になった彼女ですが、普段聞く音楽とは遠い存在だった為ハマれなかった自分。(一応アルバムは持ってます。) こちらの曲も原曲の方は非常にゆ~ったりとしたリズムの中で情熱ともの悲しさが同居する様な曲でしたが、今回のRemixではその世界がぶち壊され、突き抜ける様に明るいEDMチューンに変身しました。原曲でも耳に残っていた「I've got that summertime, summertime sadness
S-s-summertime, summertime sadness」の反復フレーズ部分を上手く前に押してキャッチーな楽曲にしましたね。おそらくLana Del ReyファンはこのRemixにお怒りだと思いますが、僕の様にこの曲でようやくLana Del Reyに触れたという人も多いのかもしれません。もう一回改めてアルバム聞いてみようかな。




#10 Ellie Goulding / Burn

Ellie Goulding

2ndアルバム『Halcyon』の再発盤となる『Halcyon Days』からの先行シングル。なんでもこの『Halcyon Days』は、アルバム『Halcyon』の楽曲に8曲を追加した全21曲仕様になる予定で、更にiTunes Store限定のこのDX盤はMusic Videoも多数収録なんだとか。そんな事するならニューアルバムにして出してくれ!ヽ(`Д´)ノ というのもこの「Burn」、Greg KurstinプロデュースによるエレクトロPopチューンで高いヒットポテンシャルを秘めたキャッチーな良楽曲なのだが、アルバム『Halcyon』の壮大な世界観からは浮いた存在となるのは明らかなのです。誰の意見でこういう事したのかねぇ…。『Halcyon』が想定より売れなかったから、「キャッチーな楽曲をプラスして売ろう!」っていう魂胆なのかねぇ…。まぁアメリカでヒット中の「I Need Your Love」(現在、US 17位)の勢いに乗るかのように、iTunesチャートで当楽曲はTop10入りを果たして好調な滑り出しを切りましたが手放しで喜ぶ事が出来ない複雑な心境です。ただし、どんな楽曲であろうと彼女の歌声はやはり素晴らしい。これだけは変わらない事実です。「バーン!バーン!バーン!バーン!(上手く文章を纏められた喜びを表現)」



----------------------------------
<<以下、新着Video>>
スポンサーサイト

2013/7/29付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/7/22付け パーソナル・チャート

 2013-07-22
結局、3週間も空いちゃったー!!!

Kanye West

#01 (02) Kanye West / New Slaves [2 Weeks]
#02 (05) Britney Spears / Ooh La La
#03 (03) J. Cole / Crooked Smile (feat. TLC) ↑5

#04 (02) Kanye West / Bound 2 ↑7
#05 (02) Ciara / I'm Out (feat. Nicki Minaj) ↑5
#06 (03) B.o.B / HeadBand (feat. 2 Chainz) ↑7
#07 (02) Kanye West / Black Skinhead ↓3
#08 (03) K. Michelle / V.S.O.P. ↑6
#09 (01) 安室奈美恵 / Heaven NEW
#10 (07) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) ↓5

#11 (10) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell) ↓8
#12 (05) Ciara / Body Party (Remix) [feat. Future & B.o.B] ↓5
#13 (03) Nelly / Get Like Me (feat. Nicki Minaj & Pharrell) ↑2
#14 (03) P!nk / True Love (feat. Lily Allen) ↑5
#15 (05) Glenn Lewis / Can't Say Love ↓9
#16 (01) Tinie Tempah / Trampoline (feat. 2 Chainz) NEW
#17 (08) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) ↓8
#18 (01) Kanye West / Send It Up NEW
#19 (03) Fantasia / Without Me (feat. Kelly Rowland & Missy Elliott) ↑1
#20 (01) Karmin / Acapella NEW



#02 Britney Spears / Ooh La La

子供向け映画『The Smurfs 2』のサントラからのシングルカット。彼女にしては今回はヒットしてませんね。Music Videoが解禁されました。こんなにブリッ子なブリちゃんはどれだけ久々に見た事でしょうか! ただ、いつもより画像の修正量が少ない(?)為か年齢には勝てない為か、妙にオバちゃんっぽく映ってます。まぁ子供向けの曲だし、ナチュラルな彼女を拝める事はそうそうないので、個人的にはこれはこれでアリ。




#05 Ciara / I'm Out (feat. Nicki Minaj)

アルバム『Ciara』からの2ndシングル。僕は今週の国内盤まで買うの待ってますよ!前作『Basic Instinct』はクリスマスシーズンの販売という事が裏目に出て初動3.7万枚で初登場44位という散々な結果でしたが、今回は「Body Party」のヒット(現在ビルボード22位)も手伝って、初動5.9万枚で初登場2位という素晴らしい結果になりました。(それでももうちょっと売れて欲しかった気もしますが…。)そのセクシーなミッド「Body Party」とは間逆を行く攻撃的なエレクトロHip-Hopチューンがこの「I'm Out」。Nicki Minajが曲、Video共々良い仕事をしています。毎度毎度売れないのにも関わらず、彼女こういう変テコな曲も相変わらず好きだねー。て事で、最初は糞曲だと思ってましたが、Ciaraらしさを認めて今は好きな曲になりました。




#06 B.o.B / HeadBand (feat. 2 Chainz)

B.o.B

今年発売予定のアルバム『Underground Luxury』からの先行シングル。「We Still in This Bitch」のストリートヒット以降、なんだかダーティなHip-Hop路線に傾いている彼。自分で楽器が弾ける多才ぶりと、従来のラッパーに比べてクリーンでPopなイメージでヒット曲を築いてきた彼ですが、ここら辺で方向転換を狙っている様です。今回もストレートなHip-Hop曲をシングルに持ってきました。口笛をフィーチャーした音数の少ないトラック、下品な内容ともに「ありがち」ではありますが、技巧派の落ち着いた彼のラップとはマッチしていると思います。最近のラジオチャートのアクションを見ていると、黒人層のファンは増えてそうですがPopリスナーからは敬遠されていそうな気がする。まぁ難しい立ち位置ですよね彼の場合は。どちらにも傾倒出来るってのも、ある種の才能だとは思いますが。




#08 K. Michelle / V.S.O.P.

K. Michelle

R&BシンガーK. Michelleのデビューアルバム『Rebellious Soul』からの先行シングル。デビューアルバムは来月発売になります。今までにも何曲もシングルを出し去年辺りから徐々に名前を聞く機会も増えていた彼女ですが、この「V.S.O.P.」が最も反響が良く、段々とR&Bチャートにも軌道に乗ってきました。ビジュアル、歌唱、曲共にデビュー当時のKeyshia Coleを髣髴とさせる様な正統派R&Bナンバー。美しいメロディに力強い歌唱が冴え渡ります。「ヴェーリースペーシャール!」の連呼はインパクトもあるし、1stシングルには打って付けの曲です。




#10 Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj)

R&BシンガーMarioの5thアルバムからの1stシングル。4年振りとなるそのアルバムは9月に発売が決定しました。楽曲については前回に詳しく紹介しているのでそちらで。こちらもR&Bチャートで軌道に乗ってきており、久々のビルボード100位以内チャートインも現実味を帯びてきました。これでVideoが革新的だと良かったんですが、まぁ至って普通なのでちょいがっかり。久々に踊る姿とか見てみたかったんだけどなぁ。




#14 P!nk / True Love (feat. Lily Allen)

絶好調P!nk姐さんのアルバム『The Truth About Love』からの4thシングル。攻撃的なロックナンバーが数多くを占めるアルバムの中では比較的ソフトでPopなこの曲は、シングルカットには最適なのかも。彼女の夫と娘、更に彼女のライブ映像が盛り込まれたVideoは見ていてほのぼの。そんな中、妙に怖めな役柄で登場する、ちょい役のLily Allenにも注目です。彼女の人気が非常に高いオーストラリアでは、既にシングルチャート5位を達成。




#19 Fantasia / Without Me (feat. Kelly Rowland & Missy Elliott)

Fantasia

R&BシンガーFantasiaのアルバム『Side Effects of You』からの2ndシングル。豪華絢爛なアーティストをゲストに迎えたダークなR&B/Hip-Hopチューンで久々のビルボードTop100入りも果たしました(74位)。曲は個人的にはまぁまぁなのですが、これはVideoが素晴らしい。三者三様の井出達ながらVideoの世界観を崩さない統一されたビジュアルで集い、Fantasiaもなんだか洗練され、格好良く映っています。




#20 Karmin / Acapella

Karmin

夫婦PopデュオKarminの1stフルアルバム『Pulses』からの先行シングル。デビューEPからは「Brokenhearted」というスマッシュヒットも飛び出しましたが、今回はどうなるでしょうか。ロックバンドBoys Like GirlsのフロントマンMartin Johnsonがプロデュースした、ボイスパーカッションをトラックに使用したコミカルなナンバー。インパクトもあるしHookのメロディも覚えやすいのですが、それ以外の部分(ラップパートや間奏)が若干Too Muchなところが気になります。そしてやはりKe$haっぽいという兼ねてからの印象はなかなか拭えないという。




---------------------
<<新着Video>>
3週間分全部並べたらキリがないので、ピックアップしたものだけ。

2013/7/22付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/7/15付け パーソナル・チャート

 2013-07-15
Kanye West

#01 (01) Kanye West / New Slaves [1 Week] NEW
#02 (04) Britney Spears / Ooh La La ↑15
#03 (09) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell)

#04 (01) Kanye West / Black Skinhead NEW
#05 (06) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) ↓4
#06 (04) Glenn Lewis / Can't Say Love ↓2
#07 (04) Ciara / Body Party (Remix) [feat. Future & B.o.B] ↑3
#08 (02) J. Cole / Crooked Smile (feat. TLC) ↑8
#09 (07) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) ↓4
#10 (01) Ciara / I'm Out (feat. Nicki Minaj) NEW

#11 (01) Kanye West / Bound 2 NEW
#12 (07) Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott) ↓10
#13 (02) B.o.B / HeadBand (feat. 2 Chainz) ↓1
#14 (02) K. Michelle / V.S.O.P. ↓1
#15 (02) Nelly / Get Like Me (feat. Nicki Minaj & Pharrell) ↓4
#16 (05) Usher / Twisted (feat. Pharrell) ↓10
#17 (01) Priyanka Chopra / Exotic (feat. Pitbull) NEW
#18 (06) Busta Rhymes / #Twerkit (feat. Nicki Minaj) ↓11
#19 (02) P!nk / True Love (feat. Lily Rose Cooper) RE
#20 (02) Fantasia / Without Me (feat. Kelly Rowland & Missy Elliott) ↓2
カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/7/8付け パーソナル・チャート

 2013-07-08
今週、ちゃんと更新する気満々でしたが、体調不良の為お休みします。
ごめんちゃーい。

Mario

#01 (05) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) [2 Week]
#02 (06) Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott) ↑5
#03 (08) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell) ↑7

#04 (03) Glenn Lewis / Can't Say Love ↑7
#05 (06) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) ↑7
#06 (04) Usher / Twisted (feat. Pharrell) ↓3
#07 (05) Busta Rhymes / #Twerkit (feat. Nicki Minaj) ↓5
#08 (03) Olly Murs / Dear Darlin' ↓3
#09 (02) Alexandra Stan vs. Manilla Maniacs / All My People ↑5
#10 (03) Ciara / Body Party (Remix) [feat. Future & B.o.B] RE

#11 (01) Nelly / Get Like Me (feat. Nicki Minaj & Pharrell) NEW
#12 (01) B.o.B / HeadBand (feat. 2 Chainz) NEW
#13 (01) K. Michelle / V.S.O.P. NEW
#14 (04) Sean Paul / Other Side of Love ↓1
#15 (01) J Cole / Crooked Smile (feat. TLC) NEW
#16 (01) Krewella / Live for the Night NEW
#17 (03) Britney Spears / Ooh La La ↓9
#18 (01) Fantasia / Without Me (feat. Kelly Rowland & Missy Elliott) NEW
#19 (01) Taylor Swift / Red NEW
#20 (03) M.I.A. / Bring The Noize ↓16
カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/7/1付け パーソナル・チャート

 2013-07-01
Mario

#01 (04) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) [1 Week] ↑4
#02 (04) Busta Rhymes / #Twerkit (feat. Nicki Minaj) ↑4
#03 (03) Usher / Twisted (feat. Pharrell)

#04 (02) M.I.A. / Bring The Noize
#05 (02) Olly Murs / Dear Darlin' ↑13
#06 (18) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta) ↓5
#07 (05) Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott) ↑3
#08 (02) Britney Spears / Ooh La La ↓6
#09 (08) Tamar Braxton / The One ↑5
#10 (07) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell) ↓2

#11 (02) Glenn Lewis / Can't Say Love ↑8
#12 (05) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J)
#13 (03) Sean Paul / Other Side of Love ↑2
#14 (01) Alexandra Stan vs. Manilla Maniacs / All My People NEW
#15 (11) Ke$ha / Crazy Kids (feat. Juicy J) ↓6
#16 (01) Avicii / Wake Me Up! (feat. Aloe Blacc) NEW
#17 (04) Jessie J / Wild (feat. Big Sean) ↓6
#18 (03) Little Mix / DNA ↓2
#19 (10) Jason Derülo / The Other Side ↑1
#20 (01) Juicy J / Bounce It (feat. Wale & Trey Songz) NEW


#04 M.I.A. / Bring The Noize

M.I.A.

大好きな超個性派アーティストM.I.A.待望の4thアルバム『Matangi』からの先行シングル。アルバムの売上げ云々よりもここ最近はアーティストの存在感としてのパワーを着実に溜めてきていた彼女、Madonnaの前作アルバムにもフィーチャーされたりしていましたね。そんな彼女から届けられた新曲は久々にわけが分からない(←誉めてます)。「ダダダダダダダダダダダ」のマシンガン攻撃と畳み掛けるようなライムとトラックの気持ち悪さが凄いです(←誉めてます)。んでまた、Videoが個性的な上に謎のゴールデン・エディションまで登場。やっぱ普通じゃないこの人(←誉めてます)。






#07 Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott)

Little Mix

オーディション番組『The X Factor』に優勝した女性PopグループLittle Mixのデビューアルバム『DNA』からの4thシングル。UKでの大ヒットは元より、アメリカでもアルバム初登場4位と大健闘の結果を残し、日本でもようやく『One Directionの妹分!』という触れ込みでプロモーションがかかってきました。アルバムの方はまだあんまりちゃんと聞いてませんが、実力派Popグループとしては合格点な煌びやかなナンバーが溢れていた印象です。そんな中でシングルカットされたこちらの曲は若干異色な90年代風R&Bナンバー。De La Soul「Ring Ring Ring (Ha Ha Hey)」のトラックとHookを丸々サンプリング(更にこの曲もサンプリング元がありますが。)しており、シングルカットに伴いMissy Elliottをゲストに迎えました。またMissy Elliottってチョイスが絶妙なんだよなぁ。このグルーヴ感は否応無しに心地良い気分にさせてくれます。




#14 Alexandra Stan vs. Manilla Maniacs / All My People

Alexandra Stan

「Mr. Saxobeat」がここ日本を始め世界で大ヒットした歌手兼モデルのAlexandra Stanの最新曲。出す曲全部「Mr. Saxobeat」に似ているのにその後が全然ヒットしないので、早くも一発屋の香りが漂っている彼女ですが、ダンスミュージックとしても楽しいし美貌も可愛さもあるし、個人的にはもうちょっと注目されても良いと思うんですけどねー。まぁ肌を必要以上に曝け出すところは気になりますが…。




#16 Avicii / Wake Me Up! (feat. Aloe Blacc)

Avicii

「Levels」「I Could Be the One」と続々とヒット曲を出しているDJ、Avicii(アヴィーチー)のアルバム『#TRUE』からの先行曲。「I Need A Dollar」がUKで最高2位までヒットしたAloe Blaccをボーカルに迎えたこの個性的なナンバーが多方面で注目を集めており、早くも「Levels」越えをしている国もあります。渋いアメリカーナ調から一転、Hookではバキバキのエレクトロに変貌します。その変貌振りが決して強引ではなく自然に感じるところに一際輝くものがあります。



----------------------
<<以下、新着Video>>

2013/7/1付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=