スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

Ashanti @ Billboard LIVE TOKYO

 2013-10-31
Ashanti

前回のBrandyのLIVEと同じBillboard LIVE TOKYOでAshantiのLIVEを見てきました。

ノリで直前に決めたので、あまり予習(復習?)する事もなく見てきました。
ステージが始まる前に、おそらくアルバム『The Declaration』発売前頃のものだと思われるインタビュー映像がモニターに数分流れました。まぁいいんだけど全部英語だからあまりよく分からんし、なんとなく過去の栄光に縋っている感がある映像だったので悲しく思えたのは僕だけか…。

以下、歌った曲リスト

アルバム『Ashanti』より
Foolish / Unfoolish (feat. Notorious B.I.G)
Happy
Baby


アルバム『Chapter II』より
Rock wit U (Awww Baby) / Rock wit U (Awww Baby) [Remix]
Rain on Me


アルバム『Concrete Rose』より
Only U

アルバム『The Declaration』より
The Way That I Love You
Girlfriend


アルバム『BraveHeart』収録予定曲より
The Woman You Love (feat. Busta Rhymes)
Never Should Have
She Can't
My First Real Love (feat. Beenie Man)


客演曲
Always on Time - Ja Rule feat. Ashanti
What's Luv? - Fat Joe feat. Ashanti
Down 4 U - The Inc. feat. Ashanti, Ja Rule, Charli Baltimore & Vita
Mesmerize - Ja Rule feat. Ashanti


Ashantiが2階から金色のスパンコールのドレスを着て登場。お顔立ちはよく映像で見てるのと同じナチュラルビューティーな感じでした。ただ体格が…! 太っ 豊満なバディーをゆさゆささせながら、オープニングで歌った曲は「Rock wit U (Awww Baby)」。飛び抜けた個性みたいなものは無いんだけれど、まぁ歌は普通に上手いし声量もありました。安心して見られるパフォーマンスだったかなぁ。歌われる曲はヒット曲のオンパレード状態なので否が応でもテンションが上がります。1階席のサービスエリアの人達はもうちょっと盛り上がっても良かったんじゃないかな、と。

Ashantiは常にテンション高い! 英語でまくし立てる様に喋って「ガハハハハー!」と大声で笑います。その姿はまさに大阪のおばちゃん。喋るの早いからあんまりちゃんと聞き取れませんが、本人が楽しそうで何より。そんな彼女もしっとりとした曲では落ち着いてしんみりと歌います。僕が彼女で一番好きな暗ーーい「Rain On Me」も歌ってくれた!「ろー↑どうぉんちゅーていくでぃーす」の「ろー↑」のキーの上がり方を低めにアレンジしてたのがちょっと残念でした(細かい)が、嬉しかったです! 逆に好きな曲だったのにライブがちょっと残念に思えたのが「The Woman You Love」。エレキギターのアレンジがうるさい上にAshantiも声を張り上げて歌ってるし、なんだか騒がしかったです…。

中盤で客演曲を惜しみもなく披露して行きます。そして「誰かステージに上がらないー?」と客席に挙手を求めます。選ばれたのはAshantiのTシャツを着てきた若めの男性。そのTシャツに気付いたAshantiは「Oh! I Love This!」と喜んでました。その男性に目隠しと手錠をかけて椅子に座らせて、Lap Dance的なものを「Girlfriend」を歌いながらお披露目。途中で目隠しを外してその男性の目を見つめながら歌ったりやりたい放題。見てる分には楽しいんだけど、もし自分が張本人だったら反応に困るよね(笑) 激しく動いたのでAshantiもカロリーを消費した事でしょう←。アンコール前ラストは「Only U」。彼女の曲の中でもテンションの上がるタイプの楽曲なのでこのチョイスには納得でした。

そして、アンコール後はアルバム『BraveHeart』(なんと来年3月発売に延期。もう2年以上延期してるよね…。)収録予定のパーティチューン2曲「She Can't」「My First Real Love (feat. Beenie Man)」をお披露目。前者は1回聞いただけで合いの手として「Oh!」や「Oh No!」を入れられるようなキャッチーな楽曲でした。そして後者はレゲエ要素を取り入れた楽曲で、バックバンドやAshanti本人も歌いながら本当のパーティの様に楽しんでいました。

「MTV No.1」「BET No.1」「Billboard Hot100 No.1」とか前置きを入れてから披露した最後の楽曲は、「Foolish」(と、「Unfoolish」のミックスバージョン)でした。他に何を歌われようがみんななんだかんだ言ってこの曲を聞きたかったんですよ!待ってましたと言わんばかりに観客も盛り上がってました。

というわけで2時間弱の間、予想よりたっぷりと歌ってくれた印象でした。それだけ自分がおっさんになったという証でもあるのですが、懐かしさに浸りながら聞けるのは良いですね、楽しかったです。前のアルバム結構良かったので、どうにかこうにかアルバム発売に漕ぎ着けてくれる事を願います。



…LIVEの開演が30分遅れたせいで、この日の終電を逃して帰宅しましたo(`ω´ )oプンプン


Foolish


Rain On Me


Never Should Have
スポンサーサイト
カテゴリ :ライブ

2013/10/28付け パーソナル・チャート

 2013-10-28
更新はパパパッと!

Ellie Goulding

#01 (09) Ellie Goulding / Burn [2 Weeks]
#02 (01) Katy Perry / Unconditionally NEW
#03 (04) John Legend / All Of Me ↑4

#04 (05) OneRepublic / Counting Star ↑4
#05 (08) Lady Gaga / Applause ↑8
#06 (01) Katy Perry / Dark Horse (feat. Juicy J) NEW
#07 (02) Ellie Goulding / You My Everything ↓4
#08 (01) Lady Gaga / Do What U Want (feat. R. Kelly) NEW
#09 (02) Ellie Goulding & DJ Fresh / Flashlight ↑3
#10 (06) Zendaya / Replay ↓8

#11 (02) Ellie Goulding / How Long Will I Love You ↑5
#12 (03) Azealia Banks / ATM Jam (feat. Pharrell) ↓3
#13 (02) Emeli Sandé / My Kind of Love (RedOne & Alex P Remix) ↑6
#14 (02) Bruno Mars / Gorilla ↑6
#15 (05) J. Cole / Forbidden Fruit (feat. Kendrick Lamar) ↓4
#16 (06) Britney Spears / Work B**ch ↓1
#17 (01) Childish Gambino / 3005 NEW
#18 (03) Enrique Iglesias / Heart Attack ↓8
#19 (01) Calvin Harris & Alesso / Under Control (feat. Hurts) NEW
#20 (06) Rihanna / What Now ↓14


2曲ピックアップ。

#11 Ellie Goulding / How Long Will I Love You

Ellie Goulding

愛しのエリゴルたん…(´Д`;)
なんかNelly Furtadoが勢いなくなっちゃった今、個性派SSWとして僕が望みを託してるのは彼女なんですよね。てことで、彼女のアルバム『Halcyon』の再発盤『Halcyon Days』のボーナストラック曲。The Waterboysという超ベテランバンドのカバー曲だそうです。映画『About Time』使用曲でもあり、イギリスのチャリティ番組『BBC Children in Need』の今年のオフシャルテーマソングでもあります。最近の彼女は、キャリア最大のヒットとなった「Burn」(UK 3週連続1位、USは現時点で最高53位ですが、これから急上昇しそう。)や他のアーティストへの客演も含めてエレクトロ絡みの曲が多かったですが、こういったシンプルな楽曲でも魅力を存分に発揮しますね。本当に唯一無二な存在だと思います。過去にElton Johnのカバーで大ヒット「Your Song」(UK 2位)を髣髴とさせる美しいピアノバラードです。

オリジナルバージョン


映画『About Time』シーン使用バージョン


ついでに「Burn」の素晴らしいLIVEパフォーマンス



#18 Enrique Iglesias / Heart Attack

Enrique Iglesias

Enrique Iglesiasの最新シングル。プロデューサーのRedOneと客演のPitbullと組んだ「I Like It」のカムバック大ヒット(US 4位、UK 4位)以降、飽きもせずにシングルカットされる曲は全てアゲアゲのエレクトロチューン。そのサマは、同じくRedOneとPitbullと「On The Floor」でまさかのキャリア最大級のヒットを放ったJennifer Lopezの動きとリンクします。この1つ前のシングル「Turn The Night Up」もThe CataracsプロデュースによるHook以外が怪しげで、勢いに任せた感のあるエレクトロチューンでした。まぁ予想通りヒットせずに、ビルボード最高61位という成績でした。(その頃Jennifer Lopezも飽きもしないエレクトロチューン「Live It Up」で同じく撃沈したのでした。ビルボード最高60位。)そしてそして、こちらの「Heart Attack」は再びThe Cataracsとタッグを組んだエレクトロチューン。しかし今までに比べれば若干抑え目で、ノリだけでは無くてメロディの美しさにも重きが置かれ、それでいてHook終わりにはダブ・ステップ要素を含むなどしており、ミクスチャー的な楽曲に仕上がっています。なんか昔のエンリケと今のエンリケの両方を取った曲って感じ。個人的には久々に彼から良い曲が届いた!と思ったんですが、今のところあまりヒットしていないなぁ…。Videoはヤグってます(意味知らない人は調べて)。




---------------
<<以下、新着Video>>

2013/10/28付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/10/21付け パーソナル・チャート

 2013-10-21
Ellie Goulding

#01 (08) Ellie Goulding / Burn [1 Week] ↑5
#02 (05) Zendaya / Replay ↑8
#03 (01) Ellie Goulding / You My Everything NEW

#04 (03) Ciara / Overdose ↓3
#05 (04) JAY Z / Tom Ford ↓3
#06 (05) Rihanna / What Now ↓3
#07 (03) John Legend / All Of Me ↑4
#08 (04) OneRepublic / Counting Star ↑7
#09 (02) Azealia Banks / ATM Jam (feat. Pharrell) ↑11
#10 (02) Enrique Iglesias / Heart Attack ↓6

#11 (04) J. Cole / Forbidden Fruit (feat. Kendrick Lamar) ↑1
#12 (01) Ellie Goulding & DJ Fresh / Flashlight NEW
#13 (07) Lady Gaga / Applause ↑3
#14 (08) Paramore / Still Into You ↓9
#15 (05) Britney Spears / Work B**ch ↓8
#16 (01) Ellie Goulding / How Long Will I Love You NEW
#17 (02) Pitbull / Timber (feat. Ke$ha) ↓9
#18 (01) Afrojack / The Spark (feat. Spree Wilson) NEW
#19 (01) Emeli Sandé / My Kind of Love (RedOne & Alex P Remix) NEW
#20 (01) Bruno Mars / Gorilla NEW


3曲ピックアップ

#09 Azealia Banks / ATM Jam (feat. Pharrell)

Azealia Banks

先週紹介しましたが、本当に祈りが通じたのかようやくVideo解禁! なのですが、Pharrellは出ないし色使いが派手なだけで全然中身が無くて彼女が「アホの子」にしか見えなくし、曲がかなり良かっただけに個人的には残念なVideoに感じました。




#19 Emeli Sandé / My Kind of Love (RedOne & Alex P Remix)

Emeli Sande

イギリスのR&BソウルシンガーEmeli Sandéのデビューアルバム『Our Version of Events』からのアメリカでの2ndシングル。イギリスでは4thシングルとしてカットされ、最高17位でした。アメリカでは1stシングルとして選ばれた「ねくすとぅみ~~~~ひひひひひ~~う~~~ふうううううううううう」が意外と粘って最高25位まで上がったので、この曲の動きにも少し注目しています。今回のシングルカットに伴ってRedOneとAlex PのRemixバージョンとして新たにVideoも制作されて発表されました。深い愛を歌った歌謡曲チックなこの曲、原曲はピアノとポコポコした低音が主となった普遍的でシンプルなつくりでしたが、Remixの方は重厚さとシンセのアクセントが加わった独特なつくりになりました。Videoもそれに併せるかの様に、今回のバージョンでは独創性があって興味深いコンセプトのVideoになっており、原曲はシンプルに切なく泣けるVideoになっています。曲もVideoもどちらのバージョンも好きですね。

↓USバージョン(RedOne & Alex P Remix)


↓UKバージョン(原曲)


↓ライブ



#20 Bruno Mars / Gorilla

Bruno Mars

Burno Marsの2ndアルバム『Unorthodox Jukebox』からの4thシングル。「きちんと実力があって、自分のやりたい事をやって、ここまで評価されて、しかもヒットを連発しているアーティスト」で今一番勢いがあるのって彼な気がします。まぁ自分はそのあまりの順風満帆さがひっかかって惚れ込めないのですが、歌は素直に上手いと思うし、ライブはいつ見ても素晴らしいと思っています。で、この4thシングル、まずタイトルが「ゴリラ」です。タイトルだけ見た時点では「どんなパロディソング?」と思っていたら、中身の方は洗練されたスムースなメロディが美しい直球エロバラードという問題作。メロディの聞きやすさに騙されがちですが、これをシングルにしてしまおうという心意気とヒットしてしまう現状は凄いと思います。僕もゴリラの様なSEXがしたいですね^^




---------------------
↓↓以下、注目Video↓↓

2013/10/21付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/10/14付け パーソナル・チャート

 2013-10-14
先々週拍手コメントをいただいた「けんた」さんありがとうございました!

Ciara

#01 (02) Ciara / Overdose [1 Week] ↑14
#03 (03) JAY Z / Tom Ford ↑7
#03 (04) Rihanna / What Now ↑1

#04 (01) Enrique Iglesias / Heart Attack NEW
#05 (07) Paramore / Still Into You ↑5
#06 (07) Ellie Goulding / Burn ↑6
#07 (04) Britney Spears / Work B**ch ↓6
#08 (01) Pitbull / Timber (feat. Ke$ha) NEW
#09 (06) Selena Gomez / Slow Down ↓7
#10 (04) Zendaya / Replay ↓2

#11 (02) John Legend / All Of Me ↑8
#12 (03) J. Cole / Forbidden Fruit (feat. Kendrick Lamar) ↑1
#13 (03) Jason Derülo / Talk Dirty (feat. 2 Chainz) ↓11
#14 (11) Sara Bareilles / Brave ↓9
#15 (03) OneRepublic / Counting Star ↑2
#16 (06) Lady Gaga / Applause RE
#17 (05) Cher Lloyd / I Wish (feat. T.I.) ↓11
#18 (09) Katy Perry / Roar ↓11
#19 (06) Imagine Dragons / Demons ↓1
#20 (01) Azealia Banks / ATM Jam (feat. Pharrell) NEW


2曲ピックアップ

#10 Zendaya / Replay

Zendaya

Zendaya[ゼンデイヤ]のデビューアルバム『Zendaya』からの1stシングル。Zendayaちゃんはディズニーチャンネルの『Shake It Up』等に出演していた17歳の女優さんだそうです。が、僕はそんな前情報を知らずに曲が格好良いという理由で購入しました。エレクトロ、R&B、Popの融合体の非常にクールなトラックの当楽曲は、ダンスをガッツリ踊る彼女のVideoでの印象も相まって、個人的にはCassie「Me & U」を思い出しました。ラジオエアプレイはほとんど無しの状態ですが、ダウンロード数を稼いで最高61位にまで昇り、現在も100位以内に入っています。ロングヒットとなるでしょうか?



ライブ映像はコチラ↓



#20 Azealia Banks / ATM Jam (feat. Pharrell)

Azealia Banks

女性ラッパーAzealia Banksの楽曲。注目のアーティスト『BBC Sound of 2012』の3位に選ばれ、「212」(UK最高12位)がプチヒットするも、「Yung Rapunxel」等のVideoの様にそのあまりの個性の強さにその後のヒットには恵まれていません。まぁ別にヒットとか気にしなさそうなタイプのアーティストではありますが、期待していたアルバムはどんどん延期されて来年発売予定となってしまいました。んでこの「ATM Jam」はPharrell Williamsがプロデュース&客演に参加した念仏系のHookの繰り返しが癖になる楽曲。初めて聞いたときに格好良い!と思いましたが、Videoがいつまでも出ないのでダウンロードをするのをうっかり忘れておりました。雰囲気的に全盛期のMissy Elliottの様な印象を受けたのは僕だけでしょうか。




-----------------------
<<新着Video等>>
今週から個人的に気になる新曲音源や歌詞Videoも載せて、一言コメントも書こうかと思います。

2013/10/14付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート

2013/10/7付け パーソナル・チャート

 2013-10-07
残りあと3ヶ月!o(`ω´ )o

Britney Spears

#01 (03) Britney Spears / Work B**ch [3 Weeks]
#02 (05) Selena Gomez / Slow Down ↑1
#03 (02) Jason Derülo / Talk Dirty (feat. 2 Chainz) ↑1

#04 (03) Rihanna / What Now ↓2
#05 (10) Sara Bareilles / Brave ↑1
#06 (04) Cher Lloyd / I Wish (feat. T.I.) ↑3
#07 (08) Katy Perry / Roar ↓2
#08 (03) Zendaya / Replay ↑2
#09 (02) JAY Z / Tom Ford ↑6
#10 (06) Paramore / Still Into You ↑6

#11 (06) Martin Garrix / Animals ↑5
#12 (06) Ellie Goulding / Burn RE
#13 (02) J. Cole / Forbidden Fruit (feat. Kendrick Lamar) ↑7
#14 (06) Avril Lavigne / Rock N Roll ↓3
#15 (01) Ciara / Overdose NEW
#16 (14) Rihanna / Pour It Up RE
#17 (02) OneRepublic / Counting Stars ↑2
#18 (05) Imagine Dragons / Demons
#19 (01) John Legend / All Of Me NEW
#20 (03) P!nk / Walk Of Shame RE



#15 Ciara / Overdose

Ciaraの5thアルバム『Ciara』からの3rdシングル。「Body Party」(US最高22位)で久々のカムバックとなった彼女ですが、彼女らしい挑発的な2ndシングル「I'm Out (feat. Nicki Minaj)」はヒットせず。毎回なかなか次が続かない印象がありますねぇ。そんな彼女が3rdシングルとして選んだのがこの「Overdose」。シングルジャケットこそ刺激的ですが、アルバム中最もキャッチーで可愛らしいレトロポップ風ナンバー。かなり覚えやすいですがあまりCiaraのイメージにはない楽曲なだけに反応が気になるところ。Video次第では化けそうな気もしますが…。




#16 Rihanna / Pour It Up

Rihanna

アルバム『Unapologetic』からのUSアーバンラジオ局用2ndシングル。夏頃にヒットし、アメリカで最高19位にまで昇っていた曲のVideoが解禁。「何故今更!?」の一言しかないです。Mike WiLL Made-Itプロデュースによる怪しげな雰囲気漂う、いかにもアメリカでは好まれそうなHip-Hopチューン。アルバムの中ではダークな中盤の良いスパイスとなっていた曲ですね。ストリップクラブアンセムという事もあってエロいVideoになるとは予想していましたが、まさかRihannaがストリッパー役になりきってここまでポルノチックなVideoにしてくるとは…。ところで、ほぼ毎年アルバムを出している彼女も、今回はまだこのアルバムのプロモーションを進めている様です。アルバムからの最新シングルはバラードの「What Now」となっており、Videoも制作予定だそうです。




#19 John Legend / All Of Me

アルバム『Love in the Future』からの3rdシングル。壮大な愛について歌ったJohn Legendお得意の渾身のピアノバラードです。こないだのサマソニが良かったのでアルバムを買ってしまいました。まだ聞き込み中。




------------------
<<新着Video>>

2013/10/7付け パーソナル・チャート の続きを読む

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=