スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/3/31付け パーソナル・チャート

 2014-03-31
Lady Gaga

#01 (02) Lady Gaga / G.U.Y. [1 Week] ↑11
#02 (05) The Chainsmokers / #SELFIE ↑1
#03 (03) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What ↑3

#04 (14) Martin Garrix / Animals ↑1
#05 (02) Idina Menzel / Let It Go ↑3
#06 (15) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↓5
#07 (06) Lady Gaga / Gypsy ↓5
#08 (09) Zedd / Find You (feat. Matthew Koma & Miriam Bryant) ↓2
#09 (02) Lorde / Glory and Gore ↓2
#10 (01) will.i.am / Feelin' Myself (feat. Miley Cyrus, French Montana, Wiz Khalifa & DJ Mustard) NEW

#11 (15) Beyoncé / Partition ↓7
#12 (03) Miley Cyrus & Cedric Gervais / Adore You (Remix) ↓2
#13 (01) Calvin Harris / Summer NEW
#14 (04) Beyoncé / ***Flawless (feat. Chimamanda Ngozi Adiche)
#15 (11) Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha) ↓2
#16 (04) Linkin Park / Guilty All the Same (feat. Rakim) ↓5
#17 (01) Lady Gaga / Sexxx Dreams NEW
#18 (01) Childish Gambino / Crawl NEW
#19 (01) Lorde / Team NEW
#20 (01) Katy Perry / Double Rainbow NEW
スポンサーサイト
カテゴリ :ビルボード

2014/3/24付け パーソナル・チャート

 2014-03-24
ちょっとだけ書くか…。

Beyonce

#01 (14) Beyoncé / Drunk In Love [1 Week] ↑1
#02 (05) Lady Gaga / Gypsy ↑1
#03 (04) The Chainsmokers / #SELFIE ↑1

#04 (14) Beyoncé / Partition ↓3
#05 (13) Martin Garrix / Animals ↑1
#06 (08) Zedd / Find You (feat. Matthew Koma & Miriam Bryant) ↑1
#07 (01) Lorde / Glory and Gore NEW
#08 (01) Idina Menzel / Let It Go NEW
#09 (02) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What ↑9
#10 (02) Miley Cyrus & Cedric Gervais / Adore You (Remix) ↓2

#11 (03) Linkin Park / Guilty All the Same (feat. Rakim) ↓2
#12 (01) Lady Gaga / G.U.Y. NEW
#13 (10) Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha) ↓8
#14 (03) Beyoncé / ***Flawless (feat. Chimamanda Ngozi Adiche) ↑6
#15 (05) Little Mix / Boy ↓3
#16 (04) Afrojack / Ten Feet Tall (feat. Wrabel) ↑1
#17 (05) Sara Bareilles / I Choose You ↓6
#18 (09) K. Michelle / Can't Raise A Man ↓8
#19 (06) Mariah Carey / You're Mine (Eternal)
#20 (01) Calvin Harris / Summer NEW


#06 Zedd / Find You (feat. Matthew Koma & Miriam Bryant)

『Divergent』のサントラからの1stシングル。「Spectrum」「Clarity」「Stay the Night」と着実に知名度をあげてきたZeddの新曲です。Zeddとの絶妙な協調性を魅せるSSWであるMatthew KomaとMiriam Bryantを客演に迎えた「これぞZedd!」な曲かと思います。打ち込み要素強いけど、絶対に揺らぐ事のないメロディーの美しさが溜まりません。その美しさはアコースティックライブを見れば明らか。


#08 Idina Menzel / Let It Go

サントラ共々にここ日本でも爆発的ヒット中の映画『Frozen』(邦題『アナと雪の女王』)のサントラからのシングル。アカデミー賞は獲っちゃうしTop10には入っちゃうしなんだか凄い事になっていますね。早く映画観に行きたいんだけどなぁ…。曲の方は見事なミュージカルナンバーで、Idina Menzelの個性的な声と広い音域幅をこれでもかと活かしていますね。松たか子さんが歌っている日本語バージョンもネット上では話題となっている様です。こちらはもっと真っ直ぐ素直な感じですかね。僕は英語派。


#09 DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What

Lady GagaらをもプロデュースすらDJ Snakeが放ったヒットシングル。ほぼインストのトラップミュージックにLil Jonがただ叫ぶだけという曲も関わらず、現在ビルボード21位まで来ています。凄い世の中になったもんだ…。CMに使われたりVine動画で人気だとは言え、なんでこんなものがここまでヒットするの!?と思っていたのですが、Video解禁されたら結構好きになった感じ。音楽に狂い踊る何ともクレイジーな映像が、この曲を上手く表現していると思います。Lil Jonもこうして生き残る術があるので、Fatman Scoopとかも同じ様に細々と生きていける気がする。

#12 Lady Gaga / G.U.Y.

Lady Gagaのあんまり売れてないアルバム『ARTPOP』からのZeddプロデュースによる3rdシングル。2ndシングル「Do What U Want (feat. R. Kelly)」はリリースにあたって色々揉めた結果、結局Video解禁されなかったのでもしかしたらVideoはお蔵入りかもしれません。なんだかAlicia KeysとBeyonceの共演曲「Put It In A Love Song」を思い出したのは僕だけでしょうか。で、ですよ、この「G.U.Y.」をシングルにするとは正直かなり意外でした。ガガのお気に入りなのでしょうか。「G.U.Y.」=「Girl Under You(あなたの下に居る女の子)」という言葉を用いたラブソングで、まぁそのフレーズ自体はインパクトあるのですが肝心のメロディは非常に分かり辛く、それを紛らわすかの様なZeddのバキバキ音が耳に残ります。なんだか変わった曲ですが果たしてこれが受け入れられるのかどうなのかが想像付きません。あまりにも意識してなかった曲なので、自分は逆にシングルカットに伴って繰返して聞いている内に好きになってきたクチなのですが…。Videoの方は相変わらずの世界観と無駄な長さなので敢えて触れません。いつも通り。「G.U.Y.」パートは結構好きなんだがやはりToo Much。


#圏外 Trey Songz / Na Na

こんな体になりたい。あぁ。でもこれ曲あんま好きじゃない。

#圏外 Chris Brown / Loyal (feat. Lil Wayne & Tyga)

微妙な曲だと思ってたのにVideoがめちゃ格好良いのは「Love More」と被る。
とりあえず私生活どうにかして。

#圏外 Justin Timberlake / Not A Bad Thing

Justinどこ?おこ。

#圏外 Austin Mahone / MMM Yeah (feat. Pitbull)

曲結構好きかも。

#圏外 Rixton - Me and My Broken Heart (Lyric Video)

全米のラジオ局でただいまゴリ押し中の1曲。Maroon 5とかRob Thomas系。そう、そういう系。

#圏外 Tiësto - Red Lights

貼るの忘れてた。この曲かなりラジオヒットして来てるので売れますよ。
しかしこんなAviciiのマネっこが売れるくらいなら、もっとバキバキなTiëstoが受け入れられて欲しかった。

#圏外 Karmin / I Want It All

貼るの忘れてたパート2。この人達なんか後ちょっとが惜しい気がするんだよなぁ、毎度。

#圏外 Kylie Minogue / Sexercize

エロオバサン。チキバンチキバン。

#圏外 Jennifer Lopez - I Luh Ya Papi (feat. French Montana)

あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。
あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。
あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。
あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。あらやぱぴあらやらやらやぱぴ。
カテゴリ :パーソナル・チャート

2014/3/17付け パーソナル・チャート

 2014-03-17
来週こそちゃんと書きます。。。

Beyonce

#01 (13) Beyoncé / Partition [5 Weeks]
#02 (13) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↑10
#03 (04) Lady Gaga / Gypsy ↑4

#04 (03) The Chainsmokers / #SELFIE ↓2
#05 (09) Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha) ↓1
#06 (12) Martin Garrix / Animals ↑3
#07 (07) Zedd / Find You (feat. Matthew Koma & Miriam Bryant) ↓2
#08 (01) Miley Cyrus & Cedric Gervais / Adore You (Remix) NEW
#09 (02) Linkin Park / Guilty All the Same (feat. Rakim) ↓3
#10 (08) K. Michelle / Can't Raise A Man ↑4

#11 (04) Sara Bareilles / I Choose You ↓8
#12 (04) Little Mix / Boy ↑1
#13 (04) Ellie Goulding / Goodness Gracious ↑7
#14 (12) Childish Gambino / Sweatpants ↑1
#15 (15) Jason Derülo / Talk Dirty (feat. 2 Chainz) ↓7
#16 (15) Katy Perry / Dark Horse (feat. Juicy J) ↓6
#17 (03) Afrojack / Ten Feet Tall (feat. Wrabel) ↑2
#18 (01) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What NEW
#19 (05) Mariah Carey / You're Mine (Eternal) ↓2
#20 (02) Beyoncé / ***Flawless (feat. Chimamanda Ngozi Adiche) RE
カテゴリ :パーソナル・チャート

2014/3/10付け パーソナル・チャート

 2014-03-10
Beyonce

#01 (12) Beyoncé / Partition [4 Weeks]
#02 (02) The Chainsmokers / #SELFIE ↑8
#03 (03) Sara Bareilles / I Choose You ↓1

#04 (08) Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha) ↑1
#05 (06) Zedd / Find You (feat. Matthew Koma & Miriam Bryant) ↑3
#06 (01) Linkin Park / Guilty All the Same (feat. Rakim) NEW
#07 (03) Lady Gaga / Gypsy ↑5
#08 (14) Jason Derülo / Talk Dirty (feat. 2 Chainz) ↓2
#09 (11) Martin Garrix / Animals ↑5
#10 (14) Katy Perry / Dark Horse (feat. Juicy J) ↓7

#11 (04) Guy Sebastian / Like A Drum ↓7
#12 (12) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↓2
#13 (03) Little Mix / Boy ↑3
#14 (07) K. Michelle / Can't Raise A Man ↓7
#15 (11) Childish Gambino / Sweatpants ↓6
#16 (02) Justin Timberlake / Not A Bad Thing ↓3
#17 (04) Mariah Carey / You're Mine (Eternal) ↑1
#18 (07) Trevor Jackson / Drop It (feat. B.o.B) [Remix] ↓1
#19 (02) Afrojack / Ten Feet Tall (feat. Wrabel)
#20 (03) Ellie Goulding / Goodness Gracious RE


カテゴリ :パーソナル・チャート

2014/3/3付け パーソナル・チャート

 2014-03-03
Beyonce

#01 (11) Beyoncé / Partition [3 Weeks] ↑8
#02 (02) Sara Bareilles / I Choose You ↑4
#03 (13) Katy Perry / Dark Horse (feat. Juicy J)

#04 (03) Guy Sebastian / Like A Drum ↓3
#05 (07) Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha) ↓3
#06 (13) Jason Derülo / Talk Dirty (feat. 2 Chainz) ↓2
#07 (06) K. Michelle / Can't Raise A Man ↑1
#08 (05) Zedd / Find You (feat. Matthew Koma & Miriam Bryant) ↑3
#09 (10) Childish Gambino / Sweatpants ↓4
#10 (11) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↓3

#11 (01) The Chainsmokers / #SELFIE NEW
#12 (02) Lady Gaga / Gypsy ↑5
#13 (01) Justin Timberlake / Not A Bad Thing NEW
#14 (10) Martin Garrix / Animals RE
#15 (03) Pitbull / That High (feat. Kelly Rowland) ↓3
#16 (02) Little Mix / Boy
#17 (06) Trevor Jackson / Drop It (feat. B.o.B) [Remix] ↓7
#18 (03) Mariah Carey / You're Mine (Eternal) ↓3
#19 (01) Afrojack / Ten Feet Tall (feat. Wrabel) NEW
#20 (13) Sara Bareilles / Brave ↓7


#01 Beyoncé / Partition

アルバム『BEYONCÉ』からの3rdシングル。曲のテーマはずばりSEX。ダークでエッジの効いた低音Hip-Hopサウンドに乗せてBeyonceがラップ調に怪しく歌唱する、エロ格好良いナンバー。プロデュースにはTimbalandやJustin Timberlakeらも関わっています。一般ウケするのかどうかは微妙な気もしますが、個人的にアルバム中最も好きな曲だったので大満足のシングルカットです! Videoもエロさ満点で鼻血ブー(死語

#03 Katy Perry / Dark Horse (feat. Juicy J)

アルバム『PRISM』からの3rdシングル。プロデュースにDr. Luke、Max Martin、Cirkutらが携わったキャッチーでありながらもまさにダークなHip-Hop調のナンバー。前アルバムからの「E.T.」に値する様な曲ですね。アルバム発売前にプロモーション様に先行カットされていましたが、アメリカであまりに根強い人気の為に急遽3rdシングルとして決定。決定してから数週間後にはVideoもない状態で1位を達成するというもの凄い勢いを感じました。おかげで2ndシングルとしてカットしていた「Unconditionally」は「Dark Horse」の勢いに押されて、彼女にしては珍しく(「Thinking of U」以来か。)中ヒットで終わってしまいました(ビルボード14位)。あれはあれでかなり良い曲だったと思うんだけどなぁ。で、ですよ。ようやく解禁されたVideoはコミカルかつカラフルで曲のイメージに合ってないよなぁ。Katy Perryというキャラが曲のイメージより強く出過ぎてしまった感が否めません。

#11 The Chainsmokers / #SELFIE

NY出身のDJデュオの1stシングル「#SELFIE」。Martin Garrixの「Animals」が本格ヒットとなりそうなアメリカでまた似た様な曲に火が付きました。クラブに来た女性のくだらない会話をフィーチャーし「自撮り(#SELFIE)させて」、といってドロップ部分に突入してアゲるというなんとも馬鹿らしさ満点のインスト曲。昨今のTwitterやInstagram、更にはEDMブームを全て詰め込んだ様な曲といった印象。僕は好きです。

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=