スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/4/28付け パーソナル・チャート

 2014-04-28
Rita Ora

#01 (01) Rita Ora / I Will Never Let You Down [1 Week] NEW
#02 (04) Iggy Azalea / Fancy (feat. Charli XCX) ↑2
#03 (02) Skrillex / Recess (with Kill the Noise feat. Fatman Scoop & Michael Angelakos) ↑7

#04 (04) Sia / Chandelier ↓2
#05 (02) Austin Mahone / Mmm Yeah (feat. Pitbull) ↑3
#06 (04) Chris Brown / Loyal (West Coast Version) [feat. Lil Wayne & Too $hort]
#07 (06) Idina Menzel / Let It Go ↓2
#08 (04) Katy Perry / Birthday ↓7
#09 (04) Shakira / Empire ↓6
#10 (06) Lady Gaga / G.U.Y. ↑1

#11 (05) will.i.am / Feelin' Myself (feat. Miley Cyrus, French Montana, Wiz Khalifa & DJ Mustard) ↓4
#12 (03) Katy Tiz / The Big Bang RE
#13 (02) Shakira / La La La (Brazil 2014) [feat. Carlinhos Brown] ↑1
#14 (03) 松たか子 / Let It Go ~ありのままで~ ↓1
#15 (02) Ed Sheeran / Sing ↑4
#16 (07) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What ↓1
#17 (05) Linkin Park / Guilty All the Same (feat. Rakim) RE
#18 (04) Ellie Goulding / Beating Heart ↓1
#19 (02) Shakira / You Don't Care About Me ↓10
#20 (01) Avicii / Addicted To You NEW


#01 Rita Ora / I Will Never Let You Down

Rita Oraちゃんの新曲が初登場1位です。
パーソナル・チャートではBritney Spears「Work Bitch」以来となる初登場1位曲です!!!凄い!!!
まぁそんなどうでもいい情報をお送りしたところで、この楽曲は2ndアルバムからの1stシングルです。UKでこそ大成功を収めた彼女ですが、その他の地域ではなんとも中途半端な成功という感じでしたね。デビューアルバム『Ora』も結局アメリカではリリース出来なかったし、僕もタイミング逃して結局アルバム買わなかったし…。そういう意味でも仕切りなおしとして重要となるシングルにこのような素晴らしい楽曲とVideoを持ってきました。恋人であるCalvin Harrisがプロデュースを手掛けためちゃくちゃキャッチーでハッピーなダンスPopナンバー。なんと晴れやかなんでしょう!Calvin Harrisの金太郎飴感もあまり感じず、彼女の為に特別な楽曲を提供したという印象です。Videoの彼女も磨きがかかったヴィジュアルを見せてくれて非常に良いです。僕この曲ベタ誉めしてるんですが、アメリカではやっぱり今回もあまり売れてませんねぇ…。

#02 Iggy Azalea / Fancy (feat. Charli XCX)

以前にMusic Videoを貼ったので、今回はこの可愛らしいパフォーマンス映像を貼ります。特にパフォーマンスの最後が良いですね。楽曲からは一昔前のEveとGwen Stefaniの組合せを感じさせるとの評判で持ちきりですが、やはり時代は巡るのでしょうか。あっという間にビルボードTop20入りしてしまいました。この調子だとTop10入りも堅いか。

#03 Skrillex / Recess (with Kill the Noise feat. Fatman Scoop & Michael Angelakos)

突如発売されたSkrillexの1stフルアルバム『Recess』からのタイトルナンバー。Passion PitのボーカルMichael Angelakosと、あの懐かしいブチ上げラジオDJのFatman Scoopを迎えたインパクト絶大の楽曲。なんともまとまりのないメンバー達を楽曲が見事に1つに纏めています。しかもアガるアガる! これシングルにするのかどうなのかよく分かりませんが、アルバム中最も人気が高い様なので是非ともVideoつくってシングルカットして欲しい。

#05 Austin Mahone / Mmm Yeah (feat. Pitbull)

18歳のアイドルAustin Mahoneの楽曲。1stフルアルバム『The Secret』からの1stシングルとなる「Mmm Yeah」で初の本格的なラジオヒットとなり、現在ビルボード49位まで来ました。まずタイトルの「ん~いぇ~」が目に残るし、楽曲を聞くとPitbullのラップと相まってファンキーで軽やかな心地良さが耳に残るし、なかなかよく出来た楽曲だと思っています。

#08 Katy Perry / Birthday

以前、リリックVideoと楽曲の出来の良さを誉めてパーソナル・チャートも1位になったのですが、肝心のVideoが解禁されて僕は心底ガッカリしました。で、今週はランクダウン(笑) 彼女が異なるパーティに変装してサプライズゲストで登場するというコンセプトは面白いと思います。だけど、そこで演じるキャラクターのアクの強さよ…。いかにも外国の人が喜びそうな悪趣味なユーモアがたっぷり詰まっています。しかも彼女が歌ってるシーンがないし。爽やかでキャッチーでPopソングとして申し分のない楽曲を、Videoでこんなに印象を変えてしまうんだねー。一言で言うと「Katy Perryらしい」で片付ける事は出来るけど、段々「Katy Perryファン」と「普通に彼女の楽曲が好きなファン」との溝が広がっていってる気がするのは僕だけ??? 何度も言うけど楽曲は最高です。

#12 Katy Tiz / The Big Bang

こちらはもう1人のKatyさん。Rock Mafiaの楽曲をほぼ原曲と変わらずにそのままでカバーしたこの「The Big Bang」が現在ちょっとした話題に。素晴らしい声だ!とか何とか誉められていますが、彼女の他の曲を聞く限り別にこういうファンキーな楽曲が特別好きなわけでもないのかな? 彼女の声に合う曲をレーベルから言われるままに歌ったら話題になった、、、とかかな。あ、勝手な推測です。


スポンサーサイト
カテゴリ :パーソナル・チャート

2014/4/21付け パーソナル・チャート

 2014-04-21
Katy Perry

#01 (03) Katy Perry / Birthday [1 Week] ↑9
#02 (03) Sia / Chandelier ↑1
#03 (03) Shakira / Empire ↓2

#04 (03) Iggy Azalea / Fancy (feat. Charli XCX) ↓2
#05 (05) Idina Menzel / Let It Go ↓1
#06 (03) Chris Brown / Loyal (West Coast Version) [feat. Lil Wayne & Too $hort] ↑5
#07 (04) will.i.am / Feelin' Myself (feat. Miley Cyrus, French Montana, Wiz Khalifa & DJ Mustard) ↑5
#08 (01) Austin Mahone / Mmm Yeah (feat. Pitbull) NEW
#09 (01) Shakira / You Don't Care About Me NEW
#10 (01) Skrillex / Recess (with Kill the Noise feat. Fatman Scoop & Michael Angelakos) NEW

#11 (05) Lady Gaga / G.U.Y. ↓6
#12 (03) Far East Movement / The Illest (feat. Riff Raff) ↓6
#13 (02) 松たか子 / Let It Go ~ありのままで~ ↓4
#14 (01) Shakira / La La La (Brazil 2014) [feat. Carlinhos Brown] NEW
#15 (06) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What ↓8
#16 (14) Childish Gambino / Sweatpants ↑2
#17 (03) Ellie Goulding / Beating Heart ↑3
#18 (03) Martin Garrix & Jay Hardway / Wizard ↓10
#19 (01) Ed Sheeran / Sing NEW
#20 (04) Calvin Harris / Summer ↓7
カテゴリ :パーソナル・チャート

2014/4/14付け パーソナル・チャート

 2014-04-14
Shakira

#01 (02) Shakira / Empire [1 Week] ↑2
#02 (02) Iggy Azalea / Fancy (feat. Charli XCX) ↑3
#03 (02) Sia / Chandelier ↑7

#04 (04) Idina Menzel / Let It Go ↑5
#05 (04) Lady Gaga / G.U.Y. ↓4
#06 (02) Far East Movement / The Illest (feat. Riff Raff) ↑5
#07 (05) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What ↓5
#08 (02) Martin Garrix & Jay Hardway / Wizard ↓4
#09 (01) 松たか子 / Let It Go ~ありのままで~ ↑11
#10 (02) Katy Perry / Birthday ↑9

#11 (02) Chris Brown / Loyal (West Coast Version) [feat. Lil Wayne & Too $hort] ↓5
#12 (03) will.i.am / Feelin' Myself (feat. Miley Cyrus, French Montana, Wiz Khalifa & DJ Mustard) ↓5
#13 (03) Calvin Harris / Summer ↑4
#14 (07) The Chainsmokers / #SELFIE ↓6
#15 (17) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↓3
#16 (02) Katy Tiz / The Big Bang ↓3
#17 (04) Lorde / Glory and Gore ↓3
#18 (13) Childish Gambino / Sweatpants RE
#19 (06) Afrojack / Ten Feet Tall (feat. Wrabel) ↓3
#20 (02) Ellie Goulding / Beating Heart ↓2


#01 Shakira - Empire

アルバム『Shakira.』からの2ndシングルは、ドラマチックな展開とインパクトを残すロックバラード「Empire」。抑えきれない感情の高ぶりを「ううぅぅぅぅ、ううぅぅぅぅぅ~!」で表現してます。まぁ今までも狼になって吠えてコマネチダンスをしたりしていたので、それに比べればおとなしいでしょうか。彼女にしてはなかったタイプのシングルだけに、どう転ぶのかが見ものです。

#02 Iggy Azalea - Fancy (feat. Charli XCX)

『The New Classic』にて、アルバムとしては満を持してのデビューとなるオーストラリア出身白人女性ラッパーIggy Azaleaの4thシングル「Fancy」。シングルを出すごとに最高順位も上がっていき、遂にこの曲でUKチャートTop5入り、USチャートもTop40入り間近となっています。非常にゆる~い音数の少ないエレクトロビートに硬派で流れる様なフローをかまします。その様はCharli XCXの「I'm So Fancy~♪」という馬鹿っぽく癖になるHookに負けていない。

#03 Sia - Chandelier

すっかりベテラン歌手ながらキャリア最高の成績を叩き出している、オーストラリア出身SSWであるSiaの最新シングル「Chandelier」。Greg KurstinプロデュースによるPopバラード。なんとなく全体的に自身がRihannaに提供した「Diamonds」を髣髴ともさせますが、こちらの方がもっともっと力強いです。前半は結構ゆるいのですが、サビからのメロディの触れ幅の広さが凄い事になってます。裏声や地声を振り絞りすぎてもう声スッカスカになってますがそれが味です。素晴らしいシングルだと思う。

#05 Lady Gaga - G.U.Y.

あの11分も無駄に長かったVideoから「G.U.Y.」部分のみ切り取られました。最初からこれで良くない?
そして知らぬ間に好きな曲になってました。一応LIVE観に行きますんで。

#10 Katy Perry - Birthday

今回も大ヒット中のKaty Perryのアルバム『PRISM』からの4thシングル。もう4thシングルですよ。そうとは思えないくらいに勢いに乗ってますね。今度はどれをシングルにもってくるのかと思ってましたが、Dr. Luke、Max Martin、CirkutのゴールデントリオのプロデュースによるHappyな雰囲気満載の「どキャッチー」Popナンバー「Birthday」でした。次くらい敢えて分かり辛い曲がくるかなぁと思ってましたのに予想外れる(笑) ディスコ的な懐かしいノリすら感じるこのノリの曲で、また大衆のハートをガシッと掴むんでしょうねぇ。僕はこの曲アルバムでTop3に入る好きな曲です。歌詞Videoが先日解禁されました。見てるだけで幸せですね。

#13 Calvin Harris - Summer

Calvin Harrisの最新シングル。今回は自分で歌ってますね。なんだか彼も曲が分かり易いほどの金太郎飴状態になってきたので若干先行きが不安なのですが、まだそれが求められている状態だから問題はないのかな。

#18 Childish Gambino - Sweatpants

や~~~~っとこさVideoキタわ。俳優兼ラッパーChildish Gambinoの2ndアルバム『Because the Internet』からの2ndシングル。彼の持ち味である早口高速ラップをアルバム内で一番よく味わえる楽曲でした。Videoの最後は彼のファルセットをフィーチャーした楽曲「Urn」。

#20 Ellie Goulding - Beating Heart

『Divergent』のサントラからのZedd「Find You」に続く2ndシングルがこのEllie Gouldingの「Beating Heart」。Greg Kurstinプロデュースによる静かな熱を帯びたシンセポップナンバー。うーん今までの彼女にないタイプの不思議なアプローチの楽曲ですね。これからどんどんハマッていくのかどうなのかちょっと読めないところを楽しんで聞いていこうと思います。

カテゴリ :パーソナル・チャート

2014/4/7付け パーソナル・チャート

 2014-04-07
Lady Gaga

#01 (03) Lady Gaga / G.U.Y. [2 Weeks]
#02 (04) DJ Snake & Lil Jon / Turn Down For What ↑1
#03 (01) Shakira / Empire NEW

#04 (01) Martin Garrix & Jay Hardway / Wizard NEW
#05 (01) Iggy Azalea / Fancy (feat. Charli XCX) NEW
#06 (01) Chris Brown / Loyal (West Coast Version) [feat. Lil Wayne & Too $hort] NEW
#07 (02) will.i.am / Feelin' Myself (feat. Miley Cyrus, French Montana, Wiz Khalifa & DJ Mustard) ↑3
#08 (06) The Chainsmokers / #SELFIE ↓6
#09 (03) Idina Menzel / Let It Go ↓4
#10 (01) Sia / Chandelier NEW

#11 (01) Far East Movement / The Illest (feat. Riff Raff) NEW
#12 (16) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↓6
#13 (01) Katy Tiz / The Big Bang NEW
#14 (03) Lorde / Glory and Gore ↓5
#15 (16) Beyoncé / Partition ↓4
#16 (05) Afrojack / Ten Feet Tall (feat. Wrabel) RE
#17 (02) Calvin Harris / Summer ↓4
#18 (01) Ellie Goulding / Beating Heart NEW
#19 (01) Katy Perry / Birthday NEW
#20 (01) 松たか子 / Let It Go ~ありのままで~ NEW

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=