スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/9/4付け パーソナル・チャート

 2014-09-04
Lady Gagaの感想とサマソニの感想も書く。。。はず。。。

Nicki Minaj

#01 (03) Nicki Minaj / Anaconda [3 Weeks]
#02 (05) Ariana Grande / Break Free (feat. Zedd) ↑2
#03 (01) Taylor Swift / Shake It Off NEW

#04 (03) Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj / Bang Bang ↑9
#05 (02) Clean Bandit / Rather Be (feat. Jess Glynne) ↓2
#06 (07) Iggy Azalea / Black Widow (feat. Rita Ora)
#07 (01) Ariana Grande / Hands On Me (feat. A$AP Ferg) NEW
#08 (03) Katy Perry / This Is How We Do ↓6
#09 (03) Coldplay / A Sky Full Of Stars ↓4
#10 (01) Ariana Grande / Break Your Heart Right Back (feat. Childish Gambino) NEW

#11 (05) Beyoncé / ***Flawless (feat. Chimamanda Ngozi Adiche) RE
#12 (18) Sia / Chandelier ↓4
#13 (05) Nicki Minaj / Pills N Potions RE
#14 (06) Jason Derülo / Trumpets RE
#15 (03) Fifth Harmony / Bo$$ ↓5
#16 (06) Kiesza / Hideaway ↑2
#17 (03) Juicy J, Wiz Khalifa & Ty Dolla $ign / Shell Shocked (feat. Kill the Noise & Madsonik) [From "Teenage Mutant Ninja Turtles"] ↓10
#18 (03) Cheryl Cole / Crazy Stupid Love (feat. Tinie Tempah) ↓7
#19 (02) Meghan Trainor / All About The Bass ↓7
#20 (03) Lil Jon / Bend Ova (feat. Tyga) ↓6


#03 Taylor Swift / Shake It Off

突如発表されたニューアルバム『1989』に向けての1stシングル。Max MartinとShellbackという黄金タッグのPopナンバーはビルボードで初登場1位を獲得。元々カントリーを歌っていた人だとは到底思えない様なドキャッチーなPop曲ですが、僕これとても好きですね。可愛いし覚えやすいしインパクトあるし景気づけの1stシングルとしては持ってこいではないでしょうか。

#04 Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj / Bang Bang

Video解禁。Ariana Grandeの『My Everything』収録曲でJessie Jの次のアルバム『Sweet Talker』からの1stシングルという扱いのナンバー。Nicki Minajも次のアルバムへ向けて精力的に動いてきたので、なんだか全員が揃いも揃って良い思いをする為に集められたのかな?とかも思ってしまいます。アメリカで人気があるんだか無いんだか微妙な立ち位置となるJessie Jを中心としたポップソウルナンバー。声を張り上げて歌う曲調とか寄せ集め感がどうしても「Lady Marmalade」を思い出させますが、あれに比べればメンツも曲も大分こじんまりした感じでしょうか。Jessie Jの歌の上手さとArianaの必死さとNickiのラップのスムースさが際立っていますね。気になるのはこういう曲を1stシングルに選んだJessie Jの次のアルバムの路線。2ndアルバム『Alive』はそもそもアメリカでは発売されず終いだったしね。



スポンサーサイト
カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=