スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

Jason Derülo & Iyaz

 2010-07-08
どちらもJ. R. Rotem全面プロデュースということで話題になった
2人の新人アーティストのアルバム。

Jason Derülo / Jason Derülo
JASON DERULO

Jason Derüloのデビューアルバム。
既にこのアルバムからは3曲の大ヒットを生む。
・「Whatcha Say」(US1位、UK3位)
・「In My Head」(US5位、UK1位
・「Ridin' Solo」(US現在10位、UK2位)

この人気の高さは何なのか?

顔? では無いな
歌唱力? でも無いな
ダンス? まだまだでしょ

答えは楽曲の質の高さではないか。
(異論は全然認めますが。)

ボーナス・トラックを除くとわずか9曲という非常にコンパクトな内容ではあるけれど、
メロディの覚えやすい煌びやかな曲が満載。
それはバラードもアップもどちらにも言えること。
デビュー曲「Whatcha Say」こそかろうじてR&Bと呼べそうなものであったが、
他はもうここまで来たらPopでしょ。
別にBackstreet Boysとかが歌ってても違和感無いと思うし。
ちょっと前なら、新人黒人シンガーがPopな曲を連発して大ヒットだなんて
とても珍しいことだったはずなのに、時代は確実に変わりましたね。
次の一手、どう出るか。


Iyaz / Replay
リプレイ(初回生産限定スペシャル・プライス)

変わって、Sean Kingstonに見出されてデビューしたIyazのアルバム。
(何気にアメリカではまだ発売されていません。)
こちらは現在2曲のヒットを生む。
・「Replay」(US2位、UK1位)
・「Solo」(US32位、UK3位)

夏の太陽の下で聞きたいちょいラガ・チューン「Replay」
夏の夕日を眺めながら海岸で聞きたいせつなミッド「Solo」
というイメージから、レゲエとか夏なノリの曲が他にもあるのかと思えば全然違った。
毒にも薬にもならない無難なミッドで揃えられた何とも面白みに欠けるアルバム。
全体的に爽やかさを狙いすぎて、聞き流しちゃいますねコレは。
せっかく個性的な声があるんだから、もっと冒険すれば良かったのに。
もったいないね。
カテゴリ :アルバム | コメント(2)
コメント
この2枚はよくセットで聴くことが多いんですが、Jason DeRuloでは感じる楽しさが、Iyazでは感じられないんですよね・・・
kinoさんのおっしゃる通り、無難なミッドが多いからだと思います。Jason DeRuloのは全曲口ずさめるのに、Iyazのは無理ですしwww
ですがIyazには頑張って欲しいので、kinoさんのおっしゃる通り、声を活かした曲で次作を作って欲しいです♪
【2010/07/10 16:21】 | yuzuhime #leF2ecbc | [edit]
>>yuzuhimeさん
Iyazのアルバムは、今の自分の感想としては「無い」ですw
何ゆえにこんなもの静かなアルバムにしたんでしょうか?
拍子抜けもいいとこでした。
【2010/07/19 12:18】 | kino #0MXaS1o. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://sowhat22.blog94.fc2.com/tb.php/302-f5eb217e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=