スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

【2011/7/25 Music Update】

 2011-07-25
この更新形式、自分でも全然納得しておりません。
なんかただの備忘録みたいになって残念なブログになっちゃったよね~。
昔みたいにもっとオリジナリティのあるブログにしたいんだけど、どうも意欲が沸かない。
こないだ、Hip-Hop/R&Bチャートの記事を気合い入れて書いてたんだけど、
面倒くさくなって全部消去しちゃいました。無念…。チーン。
それでもブログを辞める気だけは更々無いので、
こんなブログで良ければこれからもお付き合いよろしくお願いします m(_ _)m


David Guetta / Little Bad Girl (feat. Taio Cruz & Ludacris)



Ludacrisが相変わらず格好良いという印象以外何も残らないVideo。
Taio Cruzは良くも悪くもどうやっても「Taio Cruz」だしね。(伝わるかなこの感じ。)
曲の方ですが、最初にメンツが知らされた時はかなりテンションが上がっていたのに、
蓋を開けてみると正直残念感が拭えないかな。展開もHookも無理があって
「どや、お前らこれで踊れるやろ!」って強引に言われてるみたい。
段々とこの路線に限界が見えてきてるような気がする。全然嫌いではないけどね。

で、8月発売の新作からのトラックリストが発表されました。

Nothing But The Beat
(なんで股間突き出してるんだろう。)

【Disc 1】
1. Where Them Girls At (feat. Flo Rida and Nicki Minaj)
2. Little Bad Girl (feat. Taio Cruz & Ludacris)
3. Turn Me On (feat. Nicki Minaj)
4. Sweat (Snoop Dogg vs. David Guetta)
5. Without You (feat. Usher)
6. Nothing Really Matters (feat. will.i.am)
7. I Can Only Imagine (feat. Chris Brown & Lil Wayne)
8. Crank It Up (feat. Akon)
9. I Just Wanna Fuck (feat. Timbaland & Dev)
10. Night of Your Life (feat. Jennifer Hudson)
11. Repeat (feat. Jessie J)
12. Titanium (feat. Sia)

【Disc 2 (DX盤)】
1. The Alphabet
2. Lunar (feat. Afrojack)
3. Sunshine (feat. Avicii)
4. Little Bad Girl (Instrumental Version)
5. Metro Music
6. Toy Story
7. The Future
8. Dreams
9. Paris
10. Glasgow


ほぅ。メンツだけ見ると凄く面白そうなんだよね。
私的に気になるのは意外な取り合わせとタイトルな
「I Just Wanna Fuck (feat. Timbaland & Dev)」と、ハウスとの相性も良さそうな
歌声のJennifer Hudsonがフィーチャーされた「Night of Your Life (feat. Jennifer Hudson)」かな。
ただしこの手のアルバムは面白くない結果になる事も多いので、過度な期待はしていません。
そしてトラックリストを見る限りでは、DX盤に付属されるDisc 2は、
インストの多い完全ハウス仕様になっていそう。


まだ続くよん。
The Band Perry / If I Die Young (Pop Version)



カントリーラジオ局 → Popラジオ局 へのクロスオーバーヒットとして、
絶賛大ロングヒット中の「If I Die Young」のPopバージョンのVideoが到着。
このバージョン用に追加されたシーン(濃い化粧にどでかいドレス)が明らかに浮いてるんですけど(笑)
曲も明らかに原曲の方が良いと思う。間奏でギターがジャンジャン言ってますが、
この曲には原曲にある泣きのバイオリンが必要でしょ。
で、あまりのロングヒットに負けて、曲をDLしちゃいました。
実は大好きでしたこの曲、はい。


Pitbull / Rain Over Me (feat. Marc Anthony)



アルバム『Planet Pit』からの3rdシングル。僕はまだアルバム買ってなくて、
日本盤が8月に出るからその時で良いかなぁっていう感じです。
世間のPitbull熱が上がれば上がる程、自分の熱が冷めていくのが分かります。
客演としては凄い良い仕事するし、否応無しにアガるけど、「Give Me Everything」が
あんなにヒットしてるのが理解できなくて。個人的には「I Know You Want Me (Calle Ocho)」が
最高潮だったな~。それはさておき、曲ですが、つい最近Jennifer Lopezと離婚した
Marc Anthonyをフィーチャー。って、なんでこの人選だったのか、そこから疑問が残るんですが(笑)
同じラテンだから?曲のプロデュースはRedOne, David Rush, Jimmy Jokerというお馴染みアゲ専の方々。
この曲も評判良いみたいなので大ヒットする事でしょう。自分で記事書いて今初めてちゃんと聞いたけど、
結構好きかもっていう。ただ、Pitbullにはソロ曲とかHip-Hopゲストの曲で頑張っては欲しいんだけどね。


Sean Paul / Got 2 Luv U (feat. Alexis Jordan)



急激にセレブ要素が抜けつつあるSean Paulの新曲。ヨーロッパ・オーストラリアを中心に
ヒットしたAlexis Jordanを何故かフィーチャーし、Stargateをプロデュースに迎えた
もはやダンスホールレゲエでも何でもない、マンネリStargate要素満載な爽やかポップチューン。
どういう方向へ向かってるのか、楽しみでもあり不安でもあり。
カテゴリ :オンガク | コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=