スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

アルバムの一言感想

 2011-09-20
聞き込んでいるわけではないので、全部手短な印象だけ。

LMFAO / Sorry For Party Rocking
ソーリー・フォー・パーティー・ロッキング(初回限定特別価格盤)

時代の流れを受けた「Party Rock Anthem」で確変大ヒットを生み出したLMFAOの2ndアルバム。前作以上にハウスと曲の勢いに重点が置かれた結果、メロディは二の次で頭に残るのはゴリ押しのドぎついビートのみという曲が多い。特に前半。ベースがお馬鹿エレクトロラップ・デュオとは言え、「One Day」や「We Came Here To Party (feat. GoonRock)」の様なお洒落な曲をもう少し増やしてほしいかな。


Pitbull / Planet Pit
プラネット・ピット(期間生産限定盤)

Pitbullとしてはハウスへ振り切って全編統一してしまったのは初めてとなり、正直言って期待していなかったがなかなか良かった。Sean Paulを迎えたアイランド調な「Shake Senora」、Kelly Rowlandを迎えた涼しいバラードの「Castle Made Of Sand」、LMFAOのRed Fooプロデュースによるお洒落ハウス「Took My Love」、David GuettaとAfrojackがプロデュースしたさながらM.I.A.の「XR2」の様な突飛なトラックの「Something For The DJs」など、アゲるところはアゲてクールダウンさせるところはさせて、と意外と聞き所がある。系統的にはLMFAOと一緒だけれどこちらの方が遥かにキャッチーで一般層へよくアピール出来ていると思った。


David Guetta / Nothing But The Beat
ナッシング・バット・ザ・ビート -スペシャル・エディション-

今や泣く子も黙る全世界を股にかけたプロデューサーとなってしまったDavid Guettaのニュー・アルバム。何処か中途半端で実験的な印象が残った前作とは違い、今回は初めから聞きやすいものをつくろうと考えていたのではかと勘ぐってしまう程に聞きやすくノリやすい。Nicki Minaj、Usher、Flo Rida、Lil Wayne、Chris Brown、Jennifer Hudson、will.i.amなど参加アーティストを見るだけで眩いが、サウンドもそれには負けていないし、今回はアルバムに統一感と流れが感じられる。新機軸としてはAfrojackと共同制作でTimbalandとDevを迎えた「I Just Wanna F」の様なHip-Hop的アプローチや、Jessie Jを迎えた「Repeat」やSiaを迎えた「Titanium」でアーティスト側のサウンドに幾分か譲歩しているところも面白い。そして、スペシャル盤のCD2として収録されたインストゥルメンタル盤も是非手にとって欲しい。Kelly Rowlandを迎えた「When Love Takes Over」辺りからDavid Guettaを本格的に知った人(=自分)にとっては、目からウロコが落ちるような幅広いサウンドが楽しめる。「これがDavid Guettaなの?!」って感じること請け合いだ。(ちょっとDaft Punkっぽくはあるが、)これだけで聞くに値する。こうしてコンセプトを持たせて2枚組にしたのは大正解だと思う。個人的に最近のGuettaのマンネリ具合に否定的だったんですが、このアルバムで見直しました。


Jay-Z & Kanye West / Watch The Throne
ウォッチ・ザ・スローン(初回完全限定盤スペシャル・プライス)

最初に言っておくが、個人的にこの2組のアーティストに対してそんなに思い入れがない。Kanyeの前作「Darkなんちゃら」なんて全く理解出来なかったし、Jay-Zの前作はシングルがことごとく好きじゃなかったのでレンタルで済ました。で、今回CDショップのポイントが溜まってたんで「まぁチェックしておくか…。」という程度で買った。んだけども、これ結構好きっていう。これと言ってインパクトのあるものはないんだけど全部スーッと入ってくるし、ゴリゴリではなくエンターテイメント性やソウル・ミュージックの要素もあるので聞きやすい。偉大な2人が力を出し合って崇高な作品にしたという趣ではなく、2人でちょうど良い位置にサウンドを置きにいった感じ。2人に特別な感情の無い人ほどハマるんじゃないでしょうか。


Adele / 21
21

世界で大ヒット現象が起こる前に実は日本先行発売となっていた本作。明らかに売るタイミング間違えましたよね。「Rolling In The Deep」の様なソウルナンバーを拝めるのは「Rumour Has It」くらいで、後はなんだか当たり障りの無いオーソドックスなバラードナンバーが多くを占める。メロディがドラマティックな「Set Fire To The Rain」辺りは好きなのだが、この人にはもっとソウルに特化してもらいたいというのが個人的な願い。まぁどんな曲を歌ってもあの折り紙つきの歌声なので悪くなるはずはないのだが、過大評価気味ではあると思う。

カテゴリ :アルバム | コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=