スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2011/10/24付け パーソナル・チャート + α(アルファ)

 2011-10-24
Beyonce

#01 (07) Beyoncé / Countdown [1 Week] ↑1
#02 (02) Drake / Headlines ↑5
#03 (06) Jay-Z & Kanye West / That's My Bitch ↑2

#04 (06) Chris Brown / Wet The Bed (feat. Ludacris) ↑5
#05 (08) Beyoncé / Love On Top RE
#06 (06) Britney Spears / Criminal (Radio Mix) ↓5
#07 (04) J. Cole / Can't Get Enough (feat. Trey Songz) ↓1
#08 (01) Chris Brown / Up To You NEW
#09 (04) B.o.B / Strange Clouds (feat. Lil Wayne) ↑8
#10 (01) Alexandra Stan / Get Back (ASAP) NEW

#11 (03) Taio Cruz / Hangover (feat. Flo Rida) ↓8
#12 (08) CJ Hilton / So Fresh (feat. Nas) ↓2
#13 (05) Christina Perri / Arms ↓10
#14 (06) Lloyd / Dedication to My Ex (Miss That) [feat. André 3000 & Lil Wayne] ↓6
#15 (01) The Wanted / Glad You Came NEW
#16 (01) Mario / The Walls (feat. Fabolous) NEW
#17 (01) Wale / That Way (feat. Jeremih & Rick Ross) NEW
#18 (08) Flo Rida / Good Feeling ↓7
#19 (02) Kelly Rowland / Lay It On Me (feat. Big Sean)
#20 (05) Rihanna / We Found Love (feat. Calvin Harris) ↓8


今週もこの記事で色々な音楽情報を消化。許してね。

#06 Britney Spears / Criminal (Radio Mix)



Video解禁。彼氏との濃密な絡みが話題となっていますが、内容の方は歌詞にそのまま則って犯罪者へ溺れてしまう物語に仕上げてきました。金かかってますなー。ビルボードHot100チャートでは今週92位に初登場。Popチャートでは28位にまで上げてきました。今後の動きに期待。


#09 B.o.B / Strange Clouds (feat. Lil Wayne)

B.o.B

楽器も出来るポップなラッパーとして一躍名を広めたB.o.Bですが、同名の2ndアルバムからの先行シングルでは意外や意外、ゴリゴリのハードなトラックにLil Wayneを迎えるといったラップ真っ向勝負ものです。最初はトラックの派手なインパクトのみが耳に残ってましたが、聞けば聞くほどHookの心地良さも癖になってきました。ビルボードでは話題性だけでいきなり初登場7位を記録しましたが、さて今後どの程度長い間ヒットするのか。




#10 Alexandra Stan / Get Back (ASAP)

Alexandra Stan

「Mr. Saxobeat」がヨーロッパのみならずアメリカでもヒット中(現在ビルボード21位)のAlexandra Stanちゃんのシングル曲。アメリカでもアルバム『Saxobeats』が発売されましたね。店頭で見かけて買おうかどうしようか悩んだけど、なんだか手抜きな内容っぽかったので取り合えず現時点ではお見送りしました(笑) 全部似たような曲調らしいんだけど、今の勢いでそれを楽しめたもん勝ちだよね。この曲だって「Mr. Saxobeat」をちょっと可愛らしくアレンジしただけじゃん!って感じだもん。個人的にはこの曲の方が好きです。




#15 The Wanted / Glad You Came

The Wanted

この曲をダウンロードするかどうか、自分の中でもの凄く葛藤しましたがダウンロードしちゃった、あ~あ。てなわけで知ってる人は知っている有名なボーイズ・グループThe Wantedのシングル曲です。一応UKチャートで1位を獲得しています。センターのMax George以外格好良いとも思わないし、歌も上手いとも思わないけど、この曲のちょいダサめなダンスポップなノリは好きでずっと目を付けていました。アコーディオンも良いアクセントになってるし。で、今回この曲でアメリカ進出を一応狙ってるらしく、今週ダウンロードが解禁されたのでダウンロードしたという経緯です。まぁ多分アメリカじゃ売れないでしょう。こんなん断言したら怒られるのかな?(笑) でも好きな曲ですよ。




#16 Mario / The Walls (feat. Fabolous)

Mario君の新曲。う~ん、凄く地味アルヨ。でも秋の空にピッタリな心地良さで今後ますますハマってくるかも。




#17 Flo Rida / Good Feeling

Video解禁。スキンヘッドになってますますイカツイFlo Rida(フロー・ライダー)さんです。当初は今回こそはスベッたかと思われていたこの曲も、ジワジワとラジオエアプレイ、及びダウンロード数を稼いでビルボードHot100の42位、Popチャートの32位まできました。ただこの人の場合、アーティスト人気っていうよりもいつも楽曲人気なだけの様な気がするので、ファンとしては微妙な心境。




#20 Rihanna / We Found Love (feat. Calvin Harris)

Rihanna

Video解禁。暴力事件を起した元彼(Chris Brown)を意識したとしか考えられないVideoです。ドラッグや暴力、煙草など、ただ単なる素行の悪い少女の青春恋愛ドラマって感じであまり後味の良いものではないですが、映像にはグイグイ引き込まれます。この辺りの魅せ方はさすが。そしてつい先日Chris Brownをアーティストとして誉めたてるコメントを送っておきながらこの仕打ち。「Chris Brown「Yeah 3X」の盗作疑惑の元ネタとなるCalvin Harrisを意図的に起用したのではないか?」という勘ぐり過ぎな噂にしか聞こえなかったこの話も、もしかすると本当なのかもと思えてきました。話題性の作り方も上手いわ、ヤラレタ。これを元彼のChris Brownが見てどう思うのだろうか。さて、曲の方は個人的にはRihannaにしては久々のハズレです。「にしては」ってところがポイントで、曲自体は好きなんだけどなんだかRihannaっぽさをあまり感じないんですよね。みんなに心地良いダンス・ビートを届けて歌っとけば売れるでしょ、ってな考えが浮かんじゃう。そう考えていたのだと勝手に解釈すれば、その読み自体は大当たりで「Rihannaの事は好きじゃなけどこの曲は好き」っていう人をよく見かけます。それだけ没個性な曲なんだと思う。それでもUKチャート現在2週連続1位で、アメリカでは現在6位。アメリカでの1位獲得も時間の問題かと思われます。アルバム『Talk That Talk』はどんな感じになるんだろ。あまりにも早いスパンの為に想像が付かない。




------------


Kelly Rowland / Down For Whatever



アルバム『Here I Am』からのヨーロッパでの1stシングルでアルバムの通常版の最後を締め括る曲です。聞いてすぐ分かる通りにRed One×Jimmy Jokerがプロデュースのアゲアゲソング。まぁ確かにヨーロッパで「Motivation」は売れないので、この判断は正解だと思う。つい先日ようやくアルバムを買って聞いてみましたが、う~ん、なんだか中途半端な印象だったなぁ。悪くは無いけど何も突出していないという印象。


The Ting Tings / Hang It Up

The Ting Tings

Calvin Harrisプロデュースによる迷走シングル「Hands」なるものがありましたが、本来のTing Tings節が炸裂した、ちょっと馬鹿っぽいこの「Hang It Up」で再始動。ライブ見て以来ますますこのグループの事が好きになったんだよね。アルバムいつ出すんだろう?楽しみー♪



カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=