スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/2/6付け パーソナル・チャート

 2012-02-06
Kelly Clarkson

#01 (10) Kelly Clarkson / Stronger (What Doesn't Kill You) [3 Weeks] ↑17
#02 (01) Taio Cruz / Troublemaker NEW
#03 (06) Drake / Take Care (feat. Rihanna)

#04 (01) Madonna / Give Me All Your Luvin' (feat. Nicki Minaj & M.I.A.) NEW (16) Beyoncé / Countdown ↑10
#06 (08) Jessie J / Domino ↓5
#07 (06) Drake / The Motto (feat. Lil Wayne) ↓1
#08 (02) Beyoncé / End Of Time ↑5
#09 (04) Ellie Goulding / Lights ↓7
#10 (03) Rihanna / Talk That Talk (feat. Jay-Z) ↑9

#11 (05) The Wanted / Glad You Came ↓3
#12 (01) Lil Wayne / Mirror (feat. Bruno Mars) NEW
#13 (01) M.I.A. / Bad Girls NEW
#14 (08) Selena Gomez & The Scene / Hit the Lights ↓7
#15 (02) Carl Thomas / Don't Kiss Me (feat. Snoop Dogg) ↑5
#16 (07) Ashanti / The Woman You Love (feat. Busta Rhymes) ↓6
#17 (01) Dev & Enrique Iglesias / Naked NEW
#18 (03) Flo Rida / Wild Ones (feat. Sia) RE
#19 (10) Beyoncé / Love One Top RE
#20 (01) Karmin / Brokenhearted NEW


#02 Taio Cruz / Troublemaker

Taio Cruz

日本では先日発売となったTaio Cruzのアルバム、『TY.O』からのUKでの1stシングル。(アメリカでは2ndシングル予定) さながら「Dynamite」パート2とも言えそうな展開のアップテンポのクラブチューン。序盤のグイグイと引っ張られるエレクトロ・ラッシュに耳を奪われていたら、Hookでは全く持っていつものTaio節。一体この人は何度大袈裟に手を挙げさせて、声を発せさせれば気が済むんでしょうか。チャートアクションを見ている限りさすがに少し飽きられ気味の用ですが、この曲は大好きです。アメリカでは「Hangover (feat. Flo Rida)」がヒットしなかった為アルバムが延期中ですが、この曲で巻き返しとなるでしょうか。




#04 Madonna / Give Me All Your Luvin' (feat. Nicki Minaj & M.I.A.)

Madonna

3月発売のMadonna待望のニューアルバム、『MDNA』からの1stシングル。なんと曲の解禁と同時にVideoまで解禁、更には同時にアルバムの予約注文も受付開始し、期間限定でiTunesで予約注文をするとプライスダウン+iTunes用ボーナストラック付きという稀に見る情報の一斉解禁ぶり。Nicki MinajとM.I.A.が参加しているという話を聞いた時は、「4 Minutes (feat. Justin Timberlake & Timbaland)」の様な客演頼りな楽曲に仕上がっているのかと思いきや、楽曲に花を添える程度の客演というあっさり仕様で仕上げてきました。曲のプロデュースは「Hello (with Dragonette)」で一躍有名となったMartin Solveig。彼らしいキャッチーでハッピーなトラックに、マーチングバンドを絡ませ「L!U!V!マダーナ! Y!O!U! ユワナー!」というフレーズを挟んだ激キュートなPopナンバー。とても50歳を超えた人が歌う曲だとは思えないが、そこは「Pop界の女王」として君臨するMadonnaだからこそ出来る技。痛々しいとかいう批判的な意見もある様ですが、流行りの音を取り入れて流行りの客演を呼びつつもMadonnaらしいPopさを忘れてもいないという、「上手い所を突いてきた楽曲」だなというのが個人的な印象です。なんか「Beautiful Stranger」辺りの楽曲を彷彿とさせるのは自分だけでしょうか。そして本当に短いフレーズだけなのにNicki Minajの存在感が凄い。M.I.A.はちょっと他の方達に押されてる感じでしょうか。Videoの方も楽曲の魅力を後押しするようなカラフルさ、そして美しいMadonnaに釘付け。まぁライトアップも凄いし、色々と修正されてるんだろうけどそれにしてもお美しい! このVideoは楽曲と同時に解禁した意味も大きいと思います。毎度毎度当たり前の様にクオリティの高いアルバムを仕上げてくるMadonnaだけに、今回もかなり期待大です。それにしてもこの歳になっても世界から注目され続けるってのは本当に凄いな、と今回の解禁に至るまでの仰々しさと解禁後のリアクションの大きさを見ていて思いました。




#12 Lil Wayne / Mirror (feat. Bruno Mars)

Lil Wayne

Lil Wayneのアルバム『The Carter IV』から5曲目のシングルカット曲「Mirror」のVideoが解禁されました。Lil Wayneにしては珍しいメロディアスでウットリとするもの静かなトラック上を淡々とラップし、今や引っ張りだこ状態の美声シンガーBruno MarsがHookを情熱的に歌います。自分らしい楽曲ではないと自分でも分かっていたのか、一応アルバムのDX盤収録のボーナストラック扱いとなっています。まぁこれに関してはBruno Marsの力が大きすぎるので無理もないか。Videoも格好良いので一気に好きになっちゃいました。




#13 M.I.A. / Bad Girls

M.I.A.

僕が昔から大好きなM.I.A.の新曲。Madonnaの新曲にフィーチャーされますます名前が売れる事になるかと思われますが、そのMadonnaの新曲と同日にVideoを解禁しました。これは明らかに狙ってきたな。この人って今のところは俗に言う一発屋だし、アルバムだって大して売れてないんですが、話題性の大きさからネームヴァリューだけはどんどん高くなっきている印象です。んでこの曲について。インドのサウンドを取り入れるという面白さはあるし彼女らしいユル加減はあれど、今までのシングルの中で一番印象薄いと思います。とか何とか言いながら繰り返し聞いた上に個性的なVideoのおかげで印象はちょっとずつ良くはなっていますが。プロデュースは意外な事にDanja。アルバムは夏頃予定だそうな。




#15 Carl Thomas / Don't Kiss Me (feat. Snoop Dogg)

Carl Thomas

Bad Boyに所属してた頃が今となっては非常に懐かしいソウルシンガーCarl Thomasの現在発売中のアルバム、『Conquer』からの1stシングルとなります。アルバムは初登場165位だったそうな。ほとんどプロモーションが行われていなかったとは言え、時代の流れは厳しいね…。Videoが先日解禁されて初めて曲を聴いたんですが、むちゃくちゃ心地良いじゃないですかー、このゆったりとした古めかしいサウンドの暖かみ。聞いていてホッとします。





カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=