スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/4/30付け パーソナル・チャート

 2012-04-30
【業務連絡】
洋楽情報サイトmeantimeにて、'00年代投票が行われます。'00年代(2000年~2009年)にビルボードTop40に入った全1634曲からあなたの中のTop50曲を決めて投票するという何とも大掛かりなこの企画。僕もちょくちょくこちらのサイトの投票企画には過去に参加していたのですが、久々に参加しようと思っています。そしてその50曲はせっかくなんで自分のブログでも取り上げて記事にしてみようかなぁ~、なんて事も企んでます。予定は未定ですが。

洋楽を昔からとっても大好きなそこのあなた!も是非とも参加して下さい!!(締切りは5/31)

Nelly Furtado

#01 (02) Nelly Furtado / Big Hoops (Bigger the Better) [1 Week] ↑1
#02 (11) Nicki Minaj / Starships ↓1
#03 (02) Jessie J / LaserLight (feat. David Guetta) ↑4

#04 (03) Ellie Goulding / Guns and Horses ↑4
#05 (03) Calvin Harris / Feel So Close ↑7
#06 (02) The Wanted / Chasing the Sun ↑5
#07 (01) Azealia Banks / 212 (feat. Lazy Jay) NEW
#08 (02) Timbaland / Break Ya Back (feat. Dev) ↑12
#09 (02) Skrillex / Bangarang (feat. Sirah) ↓5
#10 (07) David Guetta / Titanium (feat. Sia) ↓4

#11 (02) Linkin Park / BURN IT DOWN ↑5
#12 (02) Justin Bieber / Boyfriend ↑2
#13 (01) Madonna / Love Spent NEW
#14 (01) Calvin Harris / Let's Go (feat. Ne-Yo) NEW
#15 (01) Usher / Scream NEW
#16 (02) Maroon 5 / Payphone (feat. Wiz Khalifa) ↓1
#17 (05) Rihanna / Where Have You Been RE
#18 (02) Chris Brown / Till I Die (feat. Big Sean & Wiz Khalifa) ↑1
#19 (03) Eva Simons / I Don't Like You RE
#20 (01) Frank Ocean / Thinkin Bout You NEW



#02 Nicki Minaj / Starships

Nicki Minaj

やっとやっとや~~~~~っとVideo解禁してYouTubeにもアップされました。やっとこの曲の事書ける…。奇才ラッパーNicki Minajのアルバム『Pink Friday: Roman Reloaded』からの2ndシングルとなります。この曲の大ヒットのおかげで無事アルバムリリースへ漕ぎ着けました。ラッパーとか言いながら、メインは歌でラップはもはやおまけとなっているRedOneプロデュースによるキャッチーで煌びやかなフロア・バンガー。初めて聞いたときからベタ惚れで、僕のチャートで初となる6週間1位を達成しました(←どうでもいい)。自身の世界出世曲となったポップな「Super Bass」、更に支持層を広げる結果となったDavid Guettaによる「Turn Me On」、その2つの良いトコだけを獲ったような一度耳にしたら忘れられないとてもよく出来ている曲だと思います。アルバムの方でもRedOneが"ポップサイド"のNicki Minajを引き出すのに一役買っています。そしてVideoの方はね、もう唖然呆然。こんなにキラキラした曲なのに人造人間と化したNickiの肉体がなんて下品なんでしょうか(笑) 確かに一時期のLil Kimの様な怖いもの無しさを感じる。




#06 The Wanted / Chasing The Sun

The Wanted

Video解禁。遂にアメリカでのデビューEP『The Wanted』が発売されたUKポップグループThe Wantedのアメリカでの2ndシングル。このEP、EPという名前ながらUKで発売された1stアルバムと2ndアルバムからのシングル曲と新曲2曲を含んだ実質のベストアルバムみたいなものです。この曲もサビの「♪オオオ、オーオーオー、オオオ、オーオーオー」がなんて覚えやすいんでしょう。Videoの方はいかにもアイドルらしい展開とでも言いましょうか。




#07 Azealia Banks / 212 (feat. Lazy Jay)

Azealia Banks

BBCが選ぶ今年注目のアーティスト「Sound of 2012」に選ばれたラッパーのAzealia Banksの批評家受けの高いデビューシングル「212」。奇妙奇天烈なトラックに負けないラップ力と叫びに顔芸と力の抜ける歌、確かに面白い曲ですね。最初の頃のM.I.A.を彷彿とさせるなぁ、なんて事を思っていたらM.I.A.の「Bad Girls」のRemixに参加するとか何とかで興味深いです。この人、前のSpringrooveにも来てたんだけど、諸事情で見れなかったんだよね…。どうでもいいけど下に貼り付けたYouTubeのVideoの静止画が、歯に海苔付いてるみたいに見えるんだけど(笑)




#14 Calvin Harris / Let's Go (feat. Ne-Yo)

Calvin Harris

自身の名前をアメリカにも浸透させる結果となったRihanna「We Found Love」以降、以前にも増して名前をよく聞く様になったCalvin Harrisの新曲はNe-Yoをフィーチャー。明らかに「We Found Love」の流れを組んだハウス・ナンバーで間違いは無いけど面白みもない。個人的にはCalvinさんは自分で歌ってくれた方が好きなんです。




#15 Usher / Scream

Usher

実験的な楽曲「Climax」が意外にも好意的に受け止められ結構なヒット(US現在20位、US R&B1位、UK4位)となったUsher。6月発売のアルバム『Looking for Myself』へ向けて遂に本命曲を持ってきました。それがこの4つ打ちクラブ・バンガーの「Scream」。「Climax」とは相反してポップで分かりやすい曲を持ってきましたが、「DJ Got Us Fallin' In Love」を出した後では何の新鮮味も無いですよね。と言うことで、もちろん嫌いではないですが個人的には幾分ガッカリでした。そんな意見が出てくることも知っているUsher、アーバンラジオ局用へはRick Rossをフィーチャーした新曲「Let Me See」の方をシングルカットするんだそうです。つまりは今回もバラバラなアルバムになっているのかなぁ。このラジオ局によって違う曲をシングルカットする手法は、僕の記憶ではUsherが成功例を出した第一人者だと思ってるのですが、この影響でR&B界はPop用とブラックミュージック用の曲で落差が激しい事になっているのが気掛かりです。そうでもしないと売れないご時世なのは分かりますが。「Climax」にしてもR&Bチャートでは1位だけど、ポップチャートではあっと言う間に落ちちゃったのに、この「Scream」はいきなりリアクションが良いみたいです。喋りすぎました。




#19 Eva Simons / I Don't Like You

Eva Simons

モヒカンへの気合の入れ様が凄いEva Simonsの新曲のVideoが解禁。伸びやかなサビと脳内を揺るがす間奏が心地良い4つ打ちナンバー。外国の方は彼の家をめちゃくちゃにするっていうシチュエーションが本当に好きだね。




-------------------------------

以下、新着Videoです。





カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=