スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/5/21付け パーソナル・チャート

 2012-05-21
Ellie Goulding

#01 (12) Ellie Goulding / Lights [1 Week] ↑15
#02 (04) Usher / Scream ↑6
#03 (03) Paulina Rubio / Boys Will Be Boy ↑3

#04 (08) Rihanna / Where Have You Been ↓3
#05 (04) Frank Ocean / Thinkin Bout You
#06 (02) Nicki Minaj / Right By My Side (feat. Chris Brown) ↑14
#07 (05) Nelly Furtado / Big Hoops (Bigger the Better) ↓5
#08 (03) Flo Rida / Whistle ↑5
#09 (03) Kanye West / Mercy (feat. Big Sean, Pusha T & 2 Chainz) ↑1
#10 (02) Colbie Caillat / Favorite Song (feat. Common) ↑7

#11 (06) Ellie Goulding / Guns and Horses ↑3
#12 (02) Brandy / Put It Down (feat. Chris Brown) ↓8
#13 (06) Calvin Harris / Feel So Close ↓10
#14 (02) JoJo / Sexy To Me ↑5
#15 (02) Karmin / I Told You So ↓4
#16 (04) Madonna / Love Spent ↓1
#17 (05) Justin Bieber / Boyfriend ↓10
#18 (03) Chris Brown / Till I Die (feat. Big Sean & Wiz Khalifa) RE
#19 (14) Nicki Minaj / Starships ↓7
#20 (01) Kelly Clarkson / Dark Side NEW


#06 Nicki Minaj / Right By My Side (feat. Chris Brown)

Nicki Minaj

来日公演も目前にせまったNicki Minajのアルバム『Pink Friday: Roman Reloaded』からの最新シングル。客演に引っ張りだこなChris Brownをゲストに迎えたミッドR&B/Pop。普通に良い曲だとは思うけど薄味で、Nickiの間奏部分のラップもあくまでオマケ程度。これシングルにして大丈夫か?と思ってたんですが、力の入ったVideoを持ってきました。Nasを恋人役に迎えた曲のイメージにぴったりな王道かつ可愛らしいVideoですごく気に入っています。何と言っても出演者全員がクールなんだよねー。これ見て一気に曲に愛着沸く様になっちゃいました。




#08 Flo Rida / Whistle

Flo Rida

ようやくアルバム『Wild Ones』の発売日が7月3日に決定したFlo Ridaの最新シングル。当初は『Only One Rida (Part 2)』としてラップに重点を置いたハードコアな内容にするとの予定でしたが、Pop志向な「Good Feeling」と「Wild Ones」が軒並み彼のキャリアの中でも特に大きなヒットとなった事から、そもそもの方向性がぶれてしまった様ですね。こちらの楽曲も前2曲と雰囲気は違えど、Pop志向なのは確か。なんだか哀愁漂うギタートラック上を、今回は客演無しで彼が歌ってラップもするというミッド・ナンバー。あまりインパクトは無いですが、その分ジワジワと効いてきますね。とりあえずHookのメロディーは非常にキャッチーです。プロデュースは意外な事にDJ Frank E。オーストラリアとニュージーランドでは既に1位を獲得。これから全米にもヒットの波が押し寄せて来そうです。




#12 Brandy / Put It Down (feat. Chris Brown)

Brandy

今年夏発売予定とされているアルバム『Two Eleven』からの1stシングル。前作は良いと思いつつもどうも保守的な印象があったのが残念で、次こそは面白い楽曲を聞きたいと期待していた時に届いたのがこの曲ですよ。これこれ!Monicaとの平凡なデュエット曲(「It All Belongs To Me」の事)とかじゃなくて、こういうBrandyを待ってたの。風変わりな曲をつくる事で有名なBangladeshがプロデュースしたHip-Hop寄りな楽曲で、新しいBrandyを感じさせてくれます。相変わらずの素晴らしい歌声もさることながら、Bran'Nu名義でラッパーとしての一面をちょくちょく世間にアピールしていた彼女がその手腕を自身の楽曲に上手い形で取り込んだな、と感じさせる意欲作。Hip-Hop特有の無機質さが間奏部分の歌声で解き放たれる様や、歌手ではなくラッパーとしてChris Brownを客演に招いているところも面白い。




#14 JoJo / Sexy To Me

JoJo

本格的な再始動のタイミングを伺っているJoJoちゃんの新曲。一応今年に6年振りとなるアルバムが発売される予定ではあります。前曲「Disaster」はPopチャートで中ヒット(29位)となるも総合チャートでは87位止まりで、上手く復活の軌道には乗れませんでした。その「Disaster」とは一転し、今回の楽曲「Sexy To Me」はDanjaプロデュース特有の怪しい空気漂う攻めのクラブバンガー。今までのJoJoのイメージでは無いな。病んでた頃のBritney Spearsの楽曲を髣髴とさせて、個人的にかなり気に入っています。歌詞Videoだけでも非常に格好良い仕上がりになっているので是非チェックしてみて下さい。




#15 Karmin / I Told You So

Karmin

1stEP『Hello』が発売となった夫婦デュオKarminの最新シングル。安かったのでEPを購入しましたが、なかなか良く出来ていました。どの楽曲も誰か他のアーティストの姿が目に浮かんでしまうのですが、元々が他のアーティストの楽曲を非常に上手くカバーするところから有名になったので、ある意味彼女ららしいといえばそうかもしれません。んで、この楽曲。アルバムの中でも特に耳に残るHip-Hop寄りのナンバー。最近のNicki Minajなんて比じゃない程に早口でまくしたてます。




---------------



ほらやっぱり歌詞Videoの方が良かったじゃないか!


東京!東京!

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=