スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/5/28付け パーソナル・チャート

 2012-05-28
Usher

#01 (05) Usher / Scream [1 Week] ↑1
#02 (15) Nicki Minaj / Starships ↑17
#03 (01) Nicki Minaj / Beez In The Trap (feat. 2 Chainz) NEW

#04 (02) Nicki Minaj / Pound The Alarm RE
#05 (02) Nicki Minaj / Whip It RE
#06 (13) Ellie Goulding / Lights ↓5
#07 (03) JoJo / Sexy To Me ↑7
#08 (01) Cher Lloyd / Want U Back NEW
#09 (02) Nicki Minaj / I Am Your Leader (feat. Cam'ron & Rick Ross) RE
#10 (03) Karmin / I Told You So ↑5

#11 (02) Kelly Clarkson / Dark Side ↑9
#12 (04) Paulina Rubio / Boys Will Be Boy ↓9
#13 (03) Nicki Minaj / Right By My Side (feat. Chris Brown) ↓7
#14 (04) Chris Brown / Till I Die (feat. Big Sean & Wiz Khalifa) ↑4
#15 (01) Kylie Minogue / Timebomb NEW
#16 (04) Kanye West / Mercy (feat. Big Sean, Pusha T & 2 Chainz) ↓7
#17 (07) Ellie Goulding / Guns and Horses ↓6
#18 (01) David Guetta / I Can Only Imagine (feat. Chris Brown & Lil Wayne) NEW
#19 (04) Flo Rida / Whistle ↓11
#20 (03) Colbie Caillat / Favorite Song (feat. Common) ↓10


#08 Cher Lloyd / Want U Back

Cher Lloyd

UKオーディション番組『The X Factor』出身のCher Lloydのデビューアルバム、『Sticks + Stones』からの3rdシングルであり、アメリカデビュー曲となったのが「Want U Back」。アメリカでのプロモーション用にわざわざVideoも取り直され、ダウンロード販売も先週に解禁となりヒットへの準備は万端と言ったところか。最近のUKアイドルブームの影響もあってか、曲への評判も今のところは上々の様です。「う゛ぅ~っ!」の掛け声が強烈なShellbackプロデュースによるキャッチーなPopソング。彼女は個性的な声とキャラクターを持っていますが、それがいかんなく発揮された結果、こういうちょっとお馬鹿ノリっぽい曲になったのかなぁなんて思います。




#11 Kelly Clarkson / Dark Side

Kelly Clarkson

アルバム『Stroger』からの3rdシングル。大ヒットとなった2ndシングル「Stronger」に続きGreg Kurstinプロデュースです。儚げなオルゴール音からはじまるメッセージ性のあるミッドナンバー。「みんなダークな一面があるのよ、それでも好きでいてくれる?完全な人なんて居ないのよ。それでもみんなに生きる意味があるのよ。」みたいな歌詞を歌いながら可愛らしい映像のVideoで、またもや庶民派Kellyのアピールに成功。




#15 Kylie Minogue / Timebomb

Kylie Minogue

デビュー25周年を記念して発売されるベストアルバム、その名も『The Best of Kylie Minogue』へ向けてのプロモシングル。どうやらベストアルバム自体には収録されないっぽく、飽くまでプロモの一環の曲みたいです。気分が高揚する楽しさとセクシーさを兼ね備えたVideo、ダンサブルな曲調、何処をとってもPop界の女王Kylie Minogueを象徴する一曲。若干サビのメロディが不安定な気もしますが、この際25周年に免じて細かい事は言いっ子なしでお祝いしましょう。去年は震災後にも関わらず日本でライブをしてくれてどうもありがとう!(その時のライブレポはコチラ。たまには過去の記事も宣伝宣伝。)




#19 Flo Rida / Whistle

Flo Rida

Video解禁。7月発売のアルバム『Wild Ones』からの3rdシングル。だ~~~~か~~~~~ら~~~~、この人いつまでこうやって馬鹿の一つ覚えみたいなVideoを作り続けたら気が済むんだろうか。自身は上半身裸なゴリライダーっぷりをアピールして、綺麗な女の子並べてみんなで盛り上がろうぜ、いぇ~い!みたいな。基本そういう曲が多い人だけどさ、この曲調でもこんなVideoにしちゃうなんてある意味、頭固いよね。と、毒舌吹いちゃいましたー。テヘテヘ。今までずっと応援して来た人ですが、今回はあまりアルバムに期待してません。




--------------------------

新着Videoラッシュだったのでその内の一部を。

DJ Khalid / Take It To The Head (feat. Chris Brown, Rick Ross, Nicki Minaj & Lil Wayne)

豪華だね。

Kanye West / Lost In The World (faet. Bon Iver)

こんな曲あったね。

Wiz Khalifa / Work Hard Play Hard

先行シングルにしては曲がイマイチだよね。前のアルバム中の曲の方がもっと光るものがあった。

Chris Brown / Sweet Love

アルバム発売までにどんだけVideo公開すんねん。この後まだ「Till I Die」と「Don't Wake Me Up」が控えています。

Kevin McCall / Naked (feat. Big Sean)

お前が脱ぐんかい(笑)

will.i.am / This Is Love (feat. Eva Simons)

前の曲が酷過ぎてアルバムが出る予定だった事もすっかり忘れてた。これトラックとHookは結構好きだな。ただもうね、、、will.i.amの感じにお腹いっぱいかも。個人的にはね。

Jay Sean / I'm All Yours (feat. Pitbull)

困った時の4つ打ちとPitbull頼み。Jay Seanがまた昔の様にソフトモヒカンに戻りました。

Taio Cruz / There She Goes

何処かで聞いた事あるような曲だと思ったら、またRedOne × Jimmy Jokerタッグチームによるプロデュースの曲かい!

Linkin Park / BURN IT DOWN

これこれ。やっぱりなんだかんだ言って渋れないのがLinkinワールド。

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=