スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

'00年代投票 35位 → 31位

 2012-07-13
さて、3連休という事で更新ですよ。そういえば前に拍手コメントくれてた方、今更気づきました!ありがとう!

35位: Sisqo / Thong Song 【2000年】

Sisqo

今も語り継がれる伝説のお馬鹿な名曲(?)。R&BコーラスグループDru Hillのセンターボーカルを務めた小さなナルシストSisqoが放った大ヒット曲。どうもこの曲の印象が強すぎて一発屋っぽいイメージですが、後発のバラード「Incomplete」は全米1位も獲得しています。さてこのTバック曲、軽やかなビートとSisqoの暑苦し~~い歌声とHookの「♪トーントトントントーン」のフレーズが一度耳にしたらこびりついて離れない。大好き! 2年前にはDru Hillを再結成してアルバムを発表するも、まぁ時代が時代なものであまり話題になる事もなく…。


(US 3位、UK 3位)

34位: Sean Paul / Get Busy 【2003年】

今聞いても全く古臭くなく、格好良いとしか感じないSean Paul最大のヒット曲。アメリカで3週間の1位を達成。ダンスホール・レゲエというジャンルを一気に一般層に広めた革命的な一曲だと思っています。これVideoも超格好良いんだよね~。この曲のトラックの「ディワリ・リディム」を使った曲が多く出始め、更には似たような曲調の曲がチャートを賑わしたダンスホール・レゲエには暑い年代だったと記憶しています。そんなSean Paulも今や顔の膨張が甚だしく、何故かモヒカンという不思議なルックスにはなってしまいましたが、名前が消える事はなくジャンルの垣根も越えて主にヨーロッパを中心に活躍中。


(US 1位、UK 4位)


33位: Amerie / 1 Thing 【2005年】

R&BシンガーAmerie最大のヒット曲。それまでの涼やかなボーカルで歌う優等生R&Bシンガーという彼女のイメージをぶち壊す事に見事成功した、Rich Harrisonプロデュースによるファンキーなナンバー。曲のインパクトもさることながら、Videoでの美脚っぷりと、下品になることは無い健康的なセクシーさが印象的でした。なかなか特異なキャラだけに長続きするアーティストかと思いきや、一気に失速。しばらくはヨーロッパを中心に活躍するも、前作(←個人的には名作)ではヨーロッパ・アメリカ共に撃沈という悲しい結果に。本格的R&Bシンガーとして売るにもPopsシンガーとして売るにも難しいという微妙な立ち位置にいるのが原因なのかも…。大好きなアーティストなので是非また復活を待っています。「この曲の良さをみんなに広めたい!」という純粋な思いから始まった、僕のブログのスタートのきっかけにもなった運命的曲だったりもします。


(US 8位、UK 4位)


32位: Gwen Stefani / Hollaback Girl 【2005年】

ロックバンドNo DoubtのメインボーカルGwen Stefaniが放ったアメリカでの最大ヒット曲。4週間の1位を達成。彼女のポップ・アイコンっぷりも一時代を築きましたね。独自の路線を進むルックス・ファッション・イメージ作り、そのGwenワールド的Popさが詰まったソロデビューアルバムは見事なものでした。その中でも飛び切り弾けていて、かつ「なんじゃこれ???」という凄みを持ったド級ナンバー。これは彼女にしか歌えない。プロデュースを手掛けたNeptunesとの化学反応が素晴らしい一曲でした。最初は1枚きりという約束だったソロ・アルバムも、ヒットに気を良くしてか間髪入れることなく2枚目も発表。「2枚目は急いでつくったな…。」というイメージが強かったですが、それでも独自のPopワールドは健在でした。さて、長い間音沙汰のなかったGwen姐さんですが、遂にNo Doubtとして再始動。もう間もなくニューシングル「Settle Down」が解禁されます。


(US 1位、UK 8位)


31位: Jennifer Lopez / Jenny From The Block (feat. Sytles P & Jadakiss) 【2002年】

当時向かうところ敵無しだったJennifer Lopezが、危なげも無く簡単にヒットを飛ばしたナンバー。ラッパーとの共演が増えていた彼女が、The Beatnutsの「Watch Out Now」のトラックを使用して、本格的にHip-Hopアプローチに歩み寄ったナンバー。曲のテーマとしても「どんなに有名になって金いっぱい持つようになっても、あたしはブロンクス育ちのジェニーなのよっ!」とストリート育ちを果敢にアピール。Videoでは当時付き合っていたBen Aflacとラブラブっぷりをアピールし、怖いものなし具合を体現してくれました。彼女の曲の中ではこれが一番好きなんだよねー。その後の彼女は一時期失速を続けますが、みなさんご存知の通りアメリカン・アイドルの審査員を経て、彼女のキャリア史上最大のヒットとなる「On The Floor (feat. Pitbull)」で大復活。来月には(微妙な収録内容の)ベストアルバムもリリースされます。


(US 3位、UK 3位)


次回もよろしく。

カテゴリ :00'年代投票 | コメント(3)
コメント
Sisqo懐かしい!
Nutty Professier 2 サントラに入ってたFoxy Brownが参加しているバージョンはいまだにiPodに入ってるな~
Amerieなんかもっとヒット飛ばしてもいいような曲けっこうあるのにって思っちゃう。大きなヒットはWhy Don't We Fall In Loveと1 Thingくらいだよね。めげずにアルバムリリース頑張って欲しい。
J.Loはこの頃確かに無敵だったね!
この次のAll I Haveも1位とったし。今も好きだけど、この頃の独自路線をちゃんといってダンスもかっこよかった彼女が好きだったな~
【2012/07/15 21:44】 | hiromuzik a.k.a ma2chan #- | [edit]
Amerieは本当にもっとヒットして欲しいアーティストなのになぁ。
改名してちょこちょこ新曲発表して以来音沙汰ないけど、元気にしてるのかなぁ?
自分はJ.Loのこの曲と「All I Have」は大好きだったんだけど、あのアルバムはあまり好きじゃなかったというw
【2012/07/17 21:09】 | まっちゃん #0MXaS1o. | [edit]
Rouge Chaussures Louboutin Femme Soir soldes à Paris est également adapté pour les filles qui désirent pour mature. Des chaussures qui sont si sexy chaque paire d'yeux dans la salle sont sur à elle. Les femmes seraient la détester; les hommes aspirent à elle à cause de son style svelte.
chaussures louboutin soldes http://www.critique-film.fr/wp-pass.php
【2014/09/23 17:04】 | chaussures louboutin soldes #EBUSheBA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=