スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/8/13付け パーソナル・チャート

 2012-08-13
Zedd

#01 (05) Zedd / Spectrum (feat. Matthew Koma) [3 Weeks]
#02 (02) Cheryl / Under The Sun ↑9
#03 (01) Mariah Carey / Triumphant (Get 'Em) [feat. Rick Ross & Meek Mill] NEW

#04 (04) Train / 50 Ways to Say Goodbye ↓1
#05 (08) Olly Murs / Heart Skips a Beat (feat. Chiddy Bang) ↑3
#06 (03) Little Big Town / Pontoon ↓4
#07 (03) Nicki Minaj / Automatic ↓1
#08 (06) P!nk / Blow Me (One Last Kiss) ↓4
#09 (10) Rita Ora / How We Do (Party) ↓4
#10 (07) Afrojack & Shermanology / Can't Stop Me

#11 (12) Nicki Minaj / Pound The Alarm ↓2
#12 (22) Ellie Goulding / Lights ↑2
#13 (01) Keyshia Cole / Enough of No Love (feat. Lil Wayne) NEW
#14 (01) Karmin / Hello NEW
#15 (02) Miguel / Adorn
#16 (01) Maroon 5 / One More Night NEW
#17 (03) Jennifer Lopez / Goin' In (feat. Flo Rida) ↓9
#18 (09) Ellie Goulding / The Writer ↓6
#19 (01) Usher / Numb NEW
#20 (11) The Wanted / Chasing The Suns ↓7


#02 Cheryl / Under The Sun

Cheryl

アルバム『A Million Lights』からのAlex da Kidプロデュースによる2ndシングル。1stシングルとなったCalvin Harrisプロデュースによる現行エレクトロポップスな「Call My Name」とは対照的に、レトロ調なミッド・ナンバー。地味ですが、華やかで素晴らしいVideoの影響のおかげでジワジワと効いてきてます。最後のHookくらい何回か繰返しても良かったんじゃないかなぁとは思いますがねぇ。




#03 Mariah Carey / Triumphant (Get 'Em) [feat. Rick Ross & Meek Mill]

Mariah Carey

前作から約3年振りとなるアルバムからの先行曲。昨今のR&Bがエレクトロへのクロスオーバーを図っているものが多い事に対して苦言を呈したMariah。その言葉通りに今回の新曲も規定のR&B+Hip-Hopの融合路線でした。Rick RossとMeek Millのラップの主張が激しい為、Mariah自身の歌声は少なくなっていますが、プロデュースを務めたJermaine DupriとBryan-Michael Coxのタッグコンビとの相性の良さはさすがで、本当に心地良いですね。




#13 Keyshia Cole / Enough of No Love (feat. Lil Wayne)

Keyshia Cole

前作から約2年振りとなるアルバム『Woman to Woman』からの先行曲。デビュー以来順調にR&Bチャートでヒット曲を排出していた彼女も、前作からの曲がまるで話題にならなかった上に、アルバムの評判もあまりよろしくなかったという事で、もしかして落ち目になっちゃうのか…、と思っていたらこの曲で見事に復活。クラシカルなHip-Hop調のトラックにKeyshiaの情熱的なボーカルが映えます。これこれ、やっぱこれですよこの人は。




#14 Karmin / Hello

Karmin

デビューEP『Hello』からの最新シングル。Stargate印丸出しのシンセトラックに、彼女ららしい早口ラップ調でまくしたてる、これまたインパクトがある上に覚えやすい楽曲。歌詞の中に「コニチハー!」という単語も出てきます。Video見て改めて美男美女カップルだと思った。




#16 Maroon 5 / One More Night

Maroon 5

アルバム『Overexposed』からの2ndシングル。アルバム中キャッチーな曲が数ある中でわざわざこれをシングルに選び、更にはヒットしちゃうんだから今の勢いを感じます。Max MartinとShellbackがプロデュースしたファンキーなナンバー。ハネる様なリズムはこのバンドの特徴ですかね。




---------------------

<新着Video>

MIKA / Celebrate (feat. Pharrell)

Pharrellは出演していませんので悪しからず。

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=