スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/9/24付け パーソナル・チャート

 2012-09-24
最近、新着Videoをそんなにチェックしてません。アルバム買ってもほとんど通して聞きません。色々調べながら書くのが面倒になってきました。というわけで、絶賛モチベーション下がり中。とりあえず『'00代投票』のカテゴリ記事は最後まで書くけど…。

Nelly Furtado

#01 (01) Nelly Furtado / Parking Lot [1 Week] NEW
#02 (04) Ne-Yo / Let Me Love You (Until You Learn to Love Yourself) ↑15
#03 (03) Flo Rida / I Cry ↑13

#04 (01) Christina Aguilera / Your Body NEW
#05 (02) Macklemore & Ryan Lewis / Thrift Shop (feat. Wanz) ↑9
#06 (07) Usher / Numb ↓4
#07 (07) Karmin / Hello ↑4
#08 (11) Zedd / Spectrum (feat. Matthew Koma) ↓4
#09 (04) No Doubt / Push and Shove (feat. Busy Signal & Major Lazer) ↓8
#10 (11) Nicki Minaj / I Am Your Leader (feat. Cam'ron & Rick Ross) ↓4

#11 (01) Kendrick Lamar / Swimming Pools (Drank) NEW
#12 (03) Green Day / Oh Love ↓5
#13 (01) Frank Ocean / Pyramids NEW
#14 (02) The Veronicas / Lolita ↓1
#15 (01) Nelly Furtado / Waiting For The Night NEW
#16 (03) Kat DeLuna / Wanna See U Dance (La La La) ↓4
#17 (13) Afrojack & Shermanology / Can't Stop Me ↓8
#18 (01) Nelly Furtado / Believers (Arab Spring) NEW
#19 (02) Beyoncé / Dance For You ↑1
#20 (01) P!nk / Try NEW



#01 Nelly Furtado / Parking Lot

全然売れてないニューアルバムからのアメリカでの2ndシングル。プロデュースは今回もRodney Jerkins。さながらM.I.A.の様な奇妙な歌い方と音程を保ちながらも、手の振付けも用意してあるキャッチーなHookでホッとする癖になるナンバー。これライブで聴いた時に凄く良い曲だと思っていました。が、実際のCD音源は正直言って「オーバープロデュースド」気味なところは否めません。敢えてそういう路線でチャレンジしてきたのだとは思うんだけど。




#05 Macklemore & Ryan Lewis / Thrift Shop (feat. Wanz)

トラックが奇妙なので最近気に入ってる曲です。




#11 Kendrick Lamar / Swimming Pools (Drank)

Kendrick Lamar

新世代を担うラッパーとして期待のかかるKendrick Lamarの最新シングル。"低音で低温"といった具合のトラック上を歌うように軽やかにラップし、Hookでは自身も歌ってしまいます。Drakeのヒット以降、本当にこの手の路線のラップ曲が増えた様な気がします。




#13 Frank Ocean / Pyramids

Frank Ocean

ヒット中のアルバム『channel Orange』からの最新シングル。約10分にも及ぶこの曲は軽やかなシンセがアクセントとなっている前半部分と、まるで幻を見ているかの様なぼんやりとしたメロディの後半部分に別れるのですが、Videoでフィーチャーされたのは後半部分でした。これ前半部分が最高なのに…。VideoにはギターでJohn Mayerも参加。




#19 Beyoncé / Dance For You

去年発売のアルバム『4』からのアメリカのR&Bラジオ局のみでの最新シングル。DX盤のみに収録されている熱気がむんむんとしたセクシーなスロー・ナンバーで、6分以上もある曲です。ほとんどプロモーションを行っていないにも関わらず、今週のR&Bチャートで遂にTop10入りを果たしました。メインストリームからは若干後退気味なBeyonceですが、まだまだR&Bファンからの支持は厚い事がよく伺えます。プロデュースはThe-DreamとBeyonce本人。




----------------------

注目曲

JLS / Hottest Girl In The World

ビックリするほど格好良いファンキーなR&Bのアップナンバー。これは売れて欲しい。

One Direction / Live While We're Young

キャッチーやわー。引き続き間違いなく売れるでしょう。

Ciara / Sorry

何ともCiaraらしい楽曲とVideoで好印象。だけど、売れるかどうかとは別問題っていう…。

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=