スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/11/19付け パーソナル・チャート

 2012-11-19
寒くなってまいりました。冬ですね。

Ke$ha

#01 (08) Ke$ha / Die Young [3 Weeks] ↑2
#02 (10) Maroon 5 / One More Night ↑2
#03 (10) Nicki Minaj / Va Va Voom ↓2

#04 (02) Little Big Town / Tornado ↑13
#05 (03) Rihanna / Diamonds ↑15
#06 (05) Kelly Clarkson / Catch My Breath ↑3
#07 (08) David Guetta / She Wolf (Falling to Pieces) [feat. Sia] ↓1
#08 (01) Nicki Minaj / Freedom NEW
#09 (02) Brandy / Let Me Go ↑9
#10 (04) Kanye West, Jay-Z & Big Sean / Clique ↓8

#11 (01) Brandy / Wish Your Love Away NEW
#12 (03) Taylor Swift / I Knew You Were Trouble. ↓7
#13 (09) Brandy / Put It Down (feat. Chris Brown) ↓3
#14 (02) Nicki Minaj & Cassie / The Boys ↓1
#15 (01) Maroon 5 / Daylight NEW
#16 (01) Kelly Rowland / Ice (feat. Lil Wayne) NEW
#17 (01) Kid Cudi / Just What I Am (feat. King Chip) NEW
#18 (01) Zedd / Clarity (feat. Foxes) NEW
#19 (02) Pitbull / Don't Stop the Party (feat. TJR)
#20 (01) Ke$ha / C'mon NEW



#01 Ke$ha / Die Young

Ke$ha

12月発売のアルバム『Warrior』からの1stシングル。どうせすぐ消えると言われていた噂も何のその、この曲も今までと同様にヒット街道まっしぐらでございます。これは売れるべくして売れたでしょう!という感じ。Ke$haの曲の中でも一番好きな曲になりました。アンセム化しそうなメロディのサビがとにかく気持ち良い。Videoの方は宗教的だの下品だのあまり評判が良くないみたいですが、個人的には彼女らしさたっぷりで好きです。




#04 Little Big Town / Tornado

Little Big Town

同タイトルのアルバムからの2ndシングル。1stシングルの「Pontoon」が素敵すぎる曲だと思っていたら、2ndシングルのこの曲も渋くて格好良いという事で、人生初のカントリーアルバムを購入してしまいました。(Shania TwainとかTaylor SwiftはPop扱いという事で…。) この曲なんて「ザ・カントリー」という烙印を押す為にある様な古めかしさたっぷりの曲で、逆に新鮮に聞こえるというかなんというか。4人のハーモニーを堪能できるのもこのグループの強みですね。




#05 Rihanna / Diamonds

今週発売にまで迫ったニューアルバム『Unapologetic』からの1stシングル。重厚なバラードを1stシングルにするという賭けに出た訳だけれども、結果的には好意的に受け入れられているようで各国で1位を獲得しています。個人的には全くピンと来てなかったけど、Videoを見てようやく好きになってきました。アルバムの方は元彼のChris BrownやDavid Guettaをフィーチャーしたり相変わらずバラバラの予感。




#06 Kelly Clarkson / Catch My Breath

間もなく発売のベストアルバムからの1stシングル。ナチュラルビューティな彼女がナチュラルなテンションでナチュラルなミッド・ナンバーを歌う、最初はなんて事ない曲だと思っていたけれどもこれこそが彼女の様な気がしてきた。というのは、Videoを見て気づいた。




#08 Nicki Minaj / Freedom

間もなく発売の再発盤アルバム『Pink Friday: Roman Reloaded - The Re-Up』からの2ndシングル。彼女にとって久しぶりとなる硬派なHip-Hop/R&B曲で、最後まで暴走することもなく力強いラップと儚いボーカルを披露しています。たまにこういうのを出しとかないとHip-Hopファンからは叩かれる一方だからねー。バランスって難しい。




#16 Kelly Rowland / Ice (feat. Lil Wayne)

Kelly Rowland

来年発売予定のアルバム『Year of the Woman』からの先行曲。彼女にとってアメリカでの最大のヒット曲となった「Motivation」再び、といった感じの曲。まぁ、「Motivation」と同じくLil Wayneとタッグを組んでるしこれは明らかに狙ってますよね。タイトル通りひんやりしたシンセトラックですが、内容とVideoの方は汗が出そうな程に熱いです。




#17 Kid Cudi / Just What I Am (feat. King Chip)

来年発売予定のアルバム『Indicud』からの先行曲。セルフプロデュース曲で歌ともラップともとれない相変わらずのKid Cudiワールドを繰り広げます。ブレないなぁ。

Kid Cudi




#18 Zedd / Clarity (feat. Foxes)

デビューアルバム『Clarity』からの次のシングル。




#20 Ke$ha / C'mon

Ke$ha

アルバム『Warrior』からのプロモシングル。



-------------------------

Ludacris / Rest Of My Life (feat. Usher & David Guetta)

客演としてはエレクトロ調の曲もあったけれど、まさかLudacris本人名義でこういう曲を先行シングルに持ってくる日が来ようとは…。なんだか複雑な気分。

The Weeknd / The Zone (feat. Drake)

今話題になってますねぇ。

Wiz Khalifa / Remember You (feat. The Weeknd)

今話題になってますねぇ、なThe Weekndに大きく任せた曲。Meek Mill、Kendrick Lamar、2 Chainz、A$AP Rockyとか色々出過ぎてWiz Khalifaの存在感が凄く小さくなってる。

Keyshia Cole / Trust and Believe

良いバラードだ。

Brandy / Wildest Dreams

So 90s

Jermaine Paul / I Believe In This Life

Alicia Keysのバックコーラスとして美声を響かせていたJermaine Paulがメジャーデビュー。しかしこれもまたエレクトロ…。キャッチーだけどさ、さすがにどーなの?


カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=