スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2012/12/3付け パーソナル・チャート

 2012-12-03
そ ろ そ ろ 人 肌 恋 し い 季 節 と な っ て ま い り ま し た !

Kelly Clarkson

#01 (07) Kelly Clarkson / Catch My Breath [2 Weeks]
#02 (03) Zedd / Clarity (feat. Foxes) ↑9
#03 (10) David Guetta / She Wolf (Falling to Pieces) [feat. Sia] ↑2

#04 (11) Brandy / Put It Down (feat. Chris Brown) ↑5
#05 (02) T.I. / Ball (feat. Lil Wayne) ↑11
#06 (10) Ke$ha / Die Young ↓3
#07 (02) will.i.am & Britney Spears / Scream & Shout ↑11
#08 (04) Little Big Town / Tornado ↓4
#09 (03) Maroon 5 / Daylight ↑6
#10 (05) Rihanna / Diamonds ↓8

#11 (01) Sean Kingston / Rum and Raybans (feat. Cher Lloyd) NEW
#12 (03) Brandy / Wish Your Love Away ↑5
#13 (03) Kid Cudi / Just What I Am (feat. King Chip) ↑1
#14 (12) Nicki Minaj / Va Va Voom ↓8
#15 (02) Big Boi / Mama Told Me (feat. Kelly Rowland) ↑5
#16 (12) Maroon 5 / One More Night ↓9
#17 (03) Nicki Minaj / Freedom ↓9
#18 (01) Calvin Harris / Sweet Nothing (feat. Florence Welch) NEW
#19 (03) Macklemore & Ryan Lewis / Thrift Shop (feat. Wanz) RE
#20 (01) Kendrick Lamar / Poetic Justice (feat. Drake) NEW


今週は6曲ピックアップ

#05 T.I. / Ball (feat. Lil Wayne)

T.I.

長い間延期が続いていたものの、ようやく12月に発売決定となったT.I.のニューアルバム『Trouble Man: Heavy is the Head』からの最新シングル。延期の理由はまぁ簡単に言えばヒット曲が出ない事が大きかったんだとは思います。一時期の勢いが嘘のように落ち着いてしまいましたが、硬派なラッパーとしての人気は高いですからね。そのアルバム発売への景気付けの一曲となったのが最新シングルのこの曲。音数少な目のバウンシーなトラックにHookの「バウ!バウ!バウ!バウ! (Ball, Ball, Ball, Ball)がインパクト大な一曲。この馬鹿っぽい感じは完全に酔いまくったクラブ向けの曲ですね。Lil Wayneの援護の効果もあってか、久々にHip-Hop/R&Bチャートでヒットしています。この曲はテンション上がる。




#07 will.i.am & Britney Spears / Scream & Shout

Scream & Shout

こちらも長い間延期が続いており、来年2月発売予定とされているwill.i.amのニューアルバム『#willpower』からの最新シングル。過去にはJennifer LopezとMick Jaggerを招いた超迷曲「T.H.E」や、Eva Simonsを招いた「This Is Love」、火星から発表という事は話題になったものの曲は泣かず飛ばずだった「Reach for the Stars」がシングルとして発表されていますが、今回引っ張り出してきたのはなんとBritney Spears! 売れる為にはなりふり構わずですね…。どんな曲になっているのかと思いきや、彼の既定路線であるフューチャリスティックなエレクトロ曲でした。willのラップも至っていつも通り。Britney Spearsにはかなりドスの効いた低音を歌わせた部分もあり、その部分だけは「新しい」。しかしこんなにちょっと歌っただけ、プラス「ブリトニー、ビッチ!」って言っただけなのにBritneyの存在感は凄いです。化粧の濃いブリちゃんのVideo解禁効果もあってか、現在US iTunesチャート1位を走っています。




#11 Sean Kingston / Rum And Raybans (feat. Cher Lloyd)

Sean Kingston

大事故からの復帰以来、なかなかヒット曲が出ないSean Kingstonの最新シングル。彼お得意のクラブ・バンガーの4つ打ちエレクトロです。まぁタイトル「酒とサングラス!」通りですね。しかししかしこれなかなかキャッチーでテンションの上がる佳曲となっており、Sean Kingston自体に興味のない人にも是非聞いてもらいたいですね。ちなみにUS進出も好調なUK女性PopシンガーCher Lloydの客演に注目する人が大多数だと思いますが、ブリッジ部分でほんとにちょこっと歌っているだけの詐欺レベルです(笑) わざわざあれだけの為に招いてまでこの曲に注目して貰いたかったのかと。もちろんVideoにも出演していません。代わりと言っちゃなんですが、Chris Brownが最初から最後までガッツリ友情出演しています。




#15 Big Boi / Mama Told Me (feat. Kelly Rowland)

Big Boi

こちらも長い間延期が続いていたものの12月発売が決定したBig Boiのソロ第2弾アルバム『Vicious Lies and Dangerous Rumors』からの最新シングル。今思えばOutKastのあの壮絶な勢いは何だったんだろう?と思うくらいに落ち着いてしまいましたが、彼もラップスキルには定評があるので固定ファンは多いはず。Kelly Rowlandを客演に迎えながらも80年代っぽい懐かしいテイストのアップ・ナンバーに仕上げてきていてなかなか新しい。VideoでのPopで可愛らしい世界観の徹底っぷりも彼らしくて見応えがあります。




#17 Nicki Minaj / Freedom

Nicki Minaj

Nicki Minajの発売中の再発盤アルバム『Pink Friday: Roman Reloaded - The Re-Up』からのアメリカのHip-Hop/R&Bラジオ局向けへの1stシングル。珍しく硬派で内省的なHip-Hop/R&Bを持ってきましたが、あまりヒットしていない様ですねぇ…。地味ながらも好きだったりするんだけどなぁ。Videoも美しい。その再発盤のアルバムは一部店舗で取り扱っていないやら何やらで出荷が遅れ、あまり売れなかったみたいです。




#18 Calvin Harris / Sweet Nothing (feat. Florence Welch)

Calvin Harris

Calvin Harrisの発売中のアルバム『18 Months』からのアメリカでの最新3rdシングル(イギリスでは5thシングルとして発表され1位獲得済み。)。人気バンドFlorence and the MachineのボーカルFlorence Welchを招いたナンバー。彼女の情熱的なボーカルを活かした気持ちの良い曲。




-------------------------
<< 新着Video >>

Ne-Yo / Forever Now


Trey Songz / Never Again


WZRD / Teleport 2 Me, Jamie


Ellie Goulding / Figure 8


Jessie J / Silver Lining (Crazy 'Bout You)


50 Cent / My Life (feat. Eminem & Adam Levine)


Lil Wayne / No Worries (feat. Detail)


Wiz Khalifa / The Bluff (feat. Cam'ron)


B.o.B / Just A Sign (feat. Playboy Tre)
カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=