スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/3/18付け パーソナル・チャート

 2013-03-18
僕のハーレムはシェイクしません!

P!nk

#01 (08) P!nk / Just Give Me A Reason (feat. Nate Ruess) [1 Week] ↑4
#02 (03) Demi Lovato / Heart Attack ↓1
#03 (01) The Band Perry / DONE. NEW

#04 (03) Justin Bieber / All Around The World (feat. Ludacris) ↓1
#05 (03) Taylor Swift / 22 ↑4
#06 (03) Emeli Sandé / Next To Me ↓4
#07 (04) Mariah Carey / Almost Home ↑1
#08 (07) Krewella / Alive ↓4
#09 (02) Fall Out Boy / My Songs Know What You Did In the Dark (Light Em Up) ↑9
#10 (03) Drake / Started from the Bottom ↓3

#11 (05) Kelly Rowland / Kisses Down Low ↓1
#12 (04) Nelly / Hey Porsche ↓6
#13 (06) Pitbull / Party Ain't Over (feat. Usher & Afrojack) ↓2
#14 (06) Benny Benassi / Cinema (Skrillex Remix) [feat. Gary Go] ↓2
#15 (02) Nelly Furtado / Bucket List ↓2
#16 (02) Pitbull / Outta Nowhere (feat. Danny Mercer) ↑1
#17 (08) Rihanna / Pour It Up RE
#18 (01) Hadouken! / Parasite NEW
#19 (04) Phillip Phillips / Gone, Gone, Gone ↓5
#20 (14) Pitbull / Feel This Moment (feat. Christina Aguilera) ↓4


#05 Taylor Swift / 22

Taylor Swift

アルバム『Red』からの4thシングル。プロデュースにMax MartinとShellbackを迎えたキャッチーなナンバーが納得のシングルカット。というか、「We Are Never Ever Getting Back Together」「I Knew You Were Trouble.」と、Popラジオ局向けへは全てこのコンビによる楽曲がシングルカットされています。4つ打ち+ギターのトラックからHookで覚えやすさ全開のダンス調という事で、「We Are Never Ever Getting Back Together」に通じるものがありますね。Videoの方はどんどんAvril Lavigneっぽいルックスになってるのが気がかりですが、まぁ楽しそうで何より。キモヲタ風に言うと猫耳テイラーたんかわゆす(*´Д`*)




#07 Mariah Carey / Almost Home

Video解禁。映画『Oz: the Great and Powerful』へ提供したStargateプロデュースによる新曲。危なげない良い曲なのに売れませんなぁ…。Videoの方は映画の世界観を損なわないようにMariahの自己愛っぷりもいつもよりは控えめ。手をフワフワさせて大気の何を掴もうとしてるんでしょうか。




#09 Fall Out Boy / My Songs Know What You Did In the Dark (Light Em Up)

Fall Out Boy

約4年振りに再集結したFall Out Boyの新曲。5月発売予定のアルバム『Save Rock and Roll』からの1stシングル。聞きやすいエモシーンを牽引した彼らの復活とあって反響も大きい様です。合間にボーカルのPatrick StumpはダンスポップやR&Bっぽさを取り入れたソロ活動も行いますがこれが見事に大コケ。今回の復活曲を聞いて彼はやっぱりこういう曲で光るよなぁと実感しました。キャッチーさと高揚感が同居した復活には持ってこいのシングル曲となっていると思います。以前からアーバンシーンとも関わりが深い彼らとあってか、Videoはラッパーの2 Chainzがメインとなっています。




#11 Kelly Rowland / Kisses Down Loe

Video解禁。アルバム『Talk a Good Game』からのMike WiLL Made Itプロデュースによる先行シングル。曲は非常にセクシーなものですが、Videoの方はパロディ要素のあるアイドルチックでカラフルなものでした。んー、これは予想外。アーバンラジオ局ではなかなか好調なリアクションを得ている様です。




#15 Nelly Furtado / Bucket List

アルバム『The Spirit Indestructible』からの5thシングル。全く売れてないのによくこんなに続けさまにVideoを作れるなぁと思います…。Rodney Jerkinsプロデュースとは思えない爽やかなアコースティックギターのメロディが印象的な、思慮深い楽曲。




#20 Pitbull / Feel This Moment (feat. Christina Aguilera)

Pitbull

Video解禁。アルバム『Global Warming』からの5thシングル。そろそろ勢いに陰りが見えつつあったPitbullにとっても、ここ最近のシングルがパッとしなかったChristina Aguileraにとっても久々の大きなヒットとなりつつありますね。現在ビルボード13位。まぁTop10入りは固いでしょうが、これがTop10入ったらPitbullメイン楽曲としては「Give Me Everything (feat. Ne-Yo & Afrojack)」以来というのも驚き。a-ha「Take on Me」使いの激アゲチューンは、元ネタを知らない人ほど何の抵抗もなく盛り上がれるみたいです。




--------------------
以下、新着Video

Trey Songz - Fumble


Chrisette Michele - A Couple Of Forevers


Fantasia - Lose to Win


Mindless Behavior - All Around The World


French Montana - Freaks (feat. Nicki Minaj)


Juicy J - Show Out (feat. Big Sean & Young Jeezy)


Tiffany Foxx - Twisted (feat. Lil Kim)


New Kids On The Block - Remix (I Like The)


Neon Hitch - Pink Fields


Hadouken! - Levitate


3Oh!3 - Back To Life


The Strokes - All The Time


Dido - No Freedom


Lady Antebellum - Downtown


Miranda Lambert - Mama's Broken Heart
カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=