スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/4/1付け パーソナル・チャート

 2013-04-01
私事ながら、このたび結婚しました。




嘘。
エイプリル・フールなう(´Д`)

Rihanna

#01 (10) Rihanna / Pour It Up [2 Weeks]
#02 (01) Alexis Jordan / Acid Rain NEW
#03 (02) Havana Brown / Big Banana (feat. R3hab, Prophet)

#04 (02) Anna Kendrick / Cups ↑11
#05 (03) The Band Perry / Done. ↓3
#06 (08) Pitbull / Party Ain't Over (feat. Usher & Afrojack) ↑1
#07 (02) Miranda Lambert / Mama's Broken Heart ↓2
#08 (05) Justin Bieber / All Around The World (feat. Ludacris) ↓4
#09 (02) will.i.am / #thatPOWER (feat. Justin Bieber) ↑11
#10 (02) Pitbull / Last Night (feat. Havana Brown & Afrojack) ↑3

#11 (02) Justin Timberlake / Mirrors ↑3
#12 (10) P!nk / Just Give Me A Reason (feat. Nate Ruess) ↓6
#13 (01) Tamar Braxton / Love and War NEW
#14 (01) Rihanna / Numb (feat. Eminem) NEW
#15 (01) Ariana Grande / The Way (feat. Mac Miller) NEW
#16 (09) Zedd / Clarity (feat. Foxes) RE
#17 (05) Taylor Swift / 22 ↓8
#18 (04) Fall Out Boy / My Songs Know What You Did In the Dark (Light Em Up) ↓10
#19 (05) Demi Lovato / Heart Attack ↓2
#20 (01) Ashanti / Never Should Have NEW



#01 Rihanna / Pour It Up

Rihanna

Rihannaのアルバム『Unapologetic』からのUSでのアーバンラジオ局向け2ndシングル、、、という扱いだったのですが、なんとなんとなななんと、まさかのUSのPopラジオ向けやUKなども含むインターナショナル3rdシングルに決定。おい正気か!? 前作からの「Birthday Cake」みたいにこんなのアメリカ以外にカットしてこないと思ってた。ここのところチャートヒット上は外してこないMike Will Made-Itプロデュースによる怪しげなHip-Hopナンバー。「お~お~お~お~お~/おらっし~ずさ~いんっおらっし~ずだら~さ~いん/お~お~お~お~お~/まにっおまま~まにっまにっおまま~」とか「そいら~そいら~/わちらっふぉ~ろ~ふ/ぽいらっぽいらっ/ざっつぁうぃぼ~ら~う」とかまぁ彼女らしい呪術的要素はあるし、アルバムのダークな部分の核は担っている重要な位置付けの曲だとは思うけど、明らかに一般向けではありません。とは言えここのところ挑戦的な楽曲も難なくヒットを放っている為、この楽曲の反応も気にはなります。まぁ既にUSアーバンラジオ局では大ヒット中だし、アルバムにはまだまだ手堅い曲もあるから仮に世界的にヒットしなくても彼女にとっては痛くも痒くもないのかもしれません。そして、Young Jeezy、Rick Ross、Juicy J、T.Iという豪華メンバーが揃ったオフィシャルRemixも公開。Juicy Jのトコが一番格好良いかな。




#02 Alexis Jordan / Acid Rain

Alexis Jordan

Stargateの完全なる後ろ盾で主にヨーロッパを中心にヒットを放っていたAlexis Jordanの新曲。今回ももちろんStargateプロデュース。UKで初登場1位を獲得したBingo Players「Get Up (Rattle)」を大胆にサンプリングした不穏なイントロやヴァースから一転して、伸びやかな歌声を披露するメロディアスなHookへの切り替えが計算された4つ打ちダンスチューン。今回はUKに先駆けてアメリカのClubチャートで先行ヒット中の様です。




#03 Havana Brown / Big Banana (feat. R3hab, Prophet)

Havana BrownのデビューEP『When the Lights Go Out』からの最新カット、その名もBig Banana…。ど下ネタかよ! もうねこれ、英語別に聞き取れるわけではない自分でも一聴して分かる最低な内容なだけにDLしようかどうしようかず~~~~っと躊躇してました。でも、、、このノリ大好きだし、つい最近Videoが解禁されたので買ってしまった。クソッ! 「びっぐば~、ななな~/うな、ななな~(以下繰り返し)」のキャッチーなHookからのハードなブレイク部分が最高。しかし何度も言うが内容は酷い。「Do you have a big banana?」「If you want that, baby I got it」「Gi-gi-gi-give me」「That big fat...」(´Д`)ヤレヤレ アメリカClubチャートでは1位獲得済み。




#09 will.i.am / #thatPOWER (feat. Justin Bieber)

アルバム『#willpower』からの最新シングル。長らく延期していましたが、「Scream & Shout (feat. Britney Spears)」の大ヒットの波に乗ってようやく4月発売に決定した模様です。ノリ的には前述のBritneyとの曲となんら変わりはありませんが、個人的な好みではこっちの方が分かりやすい楽曲かなぁと思います。ただしJustin Bieberである必要性はよく分からん。




#11 Justin Timberlake / Mirrors

6年半振りの3rdアルバム『The 20/20 Experience』からの2ndシングル。アルバムのアメリカでの初動枚数が96.8万枚で、更には89ヶ国のiTunesチャートで1位を収めるという素晴らしいカムバックを果たしている彼。楽曲のクオリティもさることながら、個人的にはそれ以上に非常に練りに練られたマーケティングを行った結果が今回の大成功に繋がったと思っています。それらのほとんどがJustin自身の意向という事で、そういう部分での才能も大きいのでしょうね。改めて振り返ってみて、正月に「新作が出るぞ!」って話が出る→1週間後にはiTunesストアで1stシングル「Suit & Tie」解禁→凝りまくった歌詞Videoで期待を高める→2月にはグラミー賞でパフォーマンス→翌日にVideoと新曲「Mirrors」解禁→3月にはBrit Awardsでパフォーマンス→アルバム発売前に全曲フル試聴解禁。。。とまぁ怒涛の様に過ぎていった感があります。アルバムは各方面でも絶賛の声を受けていますね。「Mirrors」は従来のJustin × Timbalandコンビらしさが溢れる約8分にも及ぶミッドテンポのバラード。UKでは3週間の1位を達成。




#13 Tamar Braxton / Love and War

Tamar Braxton

今更ですがハマッたので。Toni Braxtonの妹であるTamar Braxtonのアルバム『Love and War』からの先行シングル。凄い久々に名前を聞いたなと思っていたら、ダウンロード解禁時にいきなりiTunesチャート1位に行ったので何事かと思っていましたが、最近はリアリティショウーに出ていたり、Lady GagaがTwitterで彼女へのサポートを呼びかけた結果、成功に結びついている様です。なんでもTamar夫妻とLady Gagaは、自身の契約に関わって以来ずっと仲が良いんだとか。まぁどれだけ後押しがあっても中身が伴っていなければ白い目で見られるだけなのですが、この曲は近年稀に見る王道でドラマッティックなR&Bバラードで素晴らしいです。今更言うまでもなくTamarの歌声の力強さに圧倒されます。




#15 Ariana Grande / The Way (feat. Mac Miller)

Ariana Grande

19歳の人気女優であり歌手のAriana Grandeの新曲。こちらもダウンロード解禁時にいきなりiTunesチャート1位となっています。僕は全く知らない存在の人だったのですが、ブロードウェイミュージカルにも出ている事もあって歌唱力は抜群。この曲の最後のファルセットなんてMariah Careyを彷彿とさせます。このエレクトロ一辺倒の時代に何とも懐かしい'00年代風R&Bポップスを持ってくるのも異質ですが、それが随分と様になっています。




#16 Zedd / Clarity (feat. Foxes)

Zedd

Zeddのデビューアルバム『Clarity』からの最新シングル。大分前にVideoが解禁されていましたが、ここへ来てアメリカで楽曲に火がつき始め、遂にHot100にも入ってきました(今週初登場86位)。まさかこれが「Spectrum」よりも売れるとは思わなかったなぁ。どっちも好きですが、この曲の方がそこまでバキバキしていないし、展開が分かりやすく聞きやすいからウケてるのかねぇ?




#20 Ashanti / Never Should Have

「いつ出るんじゃー!」状態のアルバム『Braveheart』からの最新シングル。一応6月発売って事になってますが…。今回は爽やかなシンセ使いのR&B。この人こういうのも毎回ちょくちょく挟んでくるよねー。そして曲調は爽やかなのに、またもや付き合っていた彼の事を恨む曲となっています。どんだけ恨めば気が済むの!?




-----------------------
<以下、新着Video>
なのですが、多すぎる為に重いです。注意!
(´-`).。oO(あと、続けて聞きやすい様に、一応毎回順番にこだわって貼ってたりするんです…。)


Misha B - Here's To Everything (Ooh La La)


Jessica Sanchez - Tonight (feat. Ne-Yo)


Nikki Williams - Glowing


JoJo - Andre


Iggy Azalea - Work


Wretch 32 - Blackout (feat. Shakka)


A$AP Rocky - Wild For The Night (feat. Skrillex & Birdy Nam Nam)


Omarion - Paradise


Young Jeezy - R.I.P. (feat. 2 Chainz)


Lil Wayne - Rich As Fuck (feat. 2 Chainz)


Wiz Khalifa - Let It Go (feat. Akon)


50 Cent - We Up (feat. Kendrick Lamar)


Wale - Bad (feat. Tiara Thomas)


Robin Thicke - Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell)


Stooshe - Slip


Jay Sean - Where You Are


DJ Pauly D - Back To Love (feat. Jay Sean)


Afrojack - As Your Friend (feat. Chris Brown)


カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=