スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/6/3付け パーソナル・チャート

 2013-06-03
しばらくサボってました(・ω<) テヘペロ

Daft Punk

#01 (03) Daft Punk / Get Lucky (feat. Pharrell Williams) [1 Week] ↑2
#02 (01) Little Boots / Broken Record NEW
#03 (04) Icona Pop / I Love It (feat. Charli XCX) ↓2

#04 (14) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta) ↑8
#05 (07) Ke$ha / Crazy Kids (feat. Juicy J) ↓2
#06 (01) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) NEW
#07 (02) Drop City Yacht Club / Crickets (feat. Jeremih) ↑10
#08 (03) B5 / Say Yes ↑3
#09 (03) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell) ↓1
#10 (04) Tamar Braxton / The One ↓1

#11 (04) Hustle Gang / Memories Back Then (feat. T.I., B.o.B, Kendrick Lamar & Kris Stephens) ↓5
#12 (01) Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott) NEW
#13 (01) Icona Pop / Ready for the Weekend NEW
#14 (01) DJ Felli Fel / Reason To Hate (feat. Ne-Yo, Tyga & Wiz Khalifa) NEW
#15 (02) Capital Cities / Safe and Sound
#16 (06) Jason Derülo / The Other Side ↑4
#17 (01) Sheryl Crow / Easy NEW
#18 (06) Kelly Clarkson / People Like Us RE
#19 (05) Avril Lavigne / Here's To Never Growing Up ↓1
#20 (01) Kendrick Lamar / Bitch, Don't Kill My Vibe (feat. Emeli Sandé) NEW


本当はもっと取り上げたいですが、とりあえず代表して7曲ピックアップ。

#02 Little Boots / Broken Record

Little Boots

Little Bootsのアルバム『Nocturnes』からの先行曲。事務所の力により大きなバックアップとキャッチーなメロディで鳴り物入りでデビューした彼女ですが、勢いがグイグイ来ていたRedOneプロデュースの「Remedy」以外は大きなヒット曲も無く、新人としては十分なはずなのですが、なんとなくコケたイメージが着いて周りました。まぁアイドルとして売るには綺麗さや可愛さが中途半端で、アーティストとして売るには目を見張る歌唱力がなく、Popなメロディも逆に仇となった印象があります。(ここまでボロクソに書いてますが、僕は好きなアーティストなので。)そんな状況を本人も嫌っていたのか、今回のアルバムからは「私はアーティストよ!」と言わんばかりの、売れる事を意識していないエレクトロの深みをエグるような先行シングルを連発。その中ではこの曲は分かり易い方ですかね。幻想的なトラックは彼女のウィスパーボイスを上手く活かせているし、「ダンダンダラン、ダンダンダランダン」というフレーズが頭の中をグルングルン回る中毒性のある曲になっています。




#05 Ke$ha / Crazy Kids (feat. Juicy J)

アルバム『Warrior』からの3rdシングルのVideoが解禁。アルバムからの1stシングルである「Die Young」を連想させる様なギタートラックチューンです。ドキュメンタリー番組で放送されたおしっこを飲むシーンで話題の彼女ですが、もうこのVideo見てたらそういう事も不思議じゃない気がしてきます。曲名通り本当に"Crazy"。幻覚とか見えてたりして。まぁ曲が曲だけにイメージ通りとは言え、いつまでも「頭の中がお花畑」キャラで売ってて大丈夫なんだろうか…?と心配になってきます。盆踊りみたいな変なダンスはツボ。ちなみにこの曲、シングルカットに伴ってwill.i.am参加バージョンがつくられてVideoもそのバージョンになっていますが、実際に多く売れているのはJuicy Jが参加したバージョンになっています。あまりにwill.i.amのRemixの評判が悪かった為に、急遽つくられたっぽいです。どんまいwill.i.am。






#06 B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J)

ミックステープ『Fuck 'Em We Ball』からのシングルカット。まぁ大分前から話題になっていたので今更ですがダウンロード。Mike Will Made Itプロデュースの低音ズンズントラック上を三者三様の硬派なラップが畳み掛け、「エイッエイッ」「イェーーー」という掛け声が気持ち良いハードなナンバー。メジャーデビュー以来、Pop寄りの楽曲が多くなった彼をセルアウトと呼ぶ人も増えましたが、それを一蹴するのが今回のミックステープの目的では無いのかと思ってます。その効果もあってか、Urbanラジオ局でデビュー曲の「Nothin' On You (feat. Bruno Mars)」以来のヒットとなっています。




#08 B5 / Say Yes

B5

Bad Boyに所属していた5人兄弟R&BグループB5の最新曲。あんなにガキンチョだった彼らも長男が20代半ばとなり、アダルトな魅力が増してきました。とは言え、声がいつまでも若い事にビックリですが。この時代には珍しく、レトロな雰囲気漂う美しく硬派なR&Bで真っ向勝負です。なんとなくJ. Holidayの「Bed」的なノリを感じるのは自分だけでしょうか。R&Bグループ冬の時代の今だからこそ頑張って欲しいものです。




#10 Tamar Braxton / The One

Tamar Braxton

Tamar Braxtonの最新曲のVideoが解禁。姉がToni Braxtonという七光り的な要素や、90年代R&Bのノリを髣髴とさせる「Juicy Fruit」という卑怯なネタ使いもありますが、オーラの漂う女性R&Bシンガーの登場はなんだか久々な気がするので応援しています。曲もかなり良い。




#17 Sheryl Crow / Easy

Sheryl Crow

Sheryl Crowのアルバム『Feels Like Home』からの1stシングル。初期は尖った楽曲を数々生み出していた彼女ですが、年齢を追うごとに曲に丸みが帯びていき、遂に今回のアルバムでカントリーへ踏み出す事となりました。私的に彼女の優しい曲って大好きで、「Good Is Good」なんかは僕の中では彼女の代表曲だったりします。なので、今回の路線変更は彼女にとって合っているのではないかと思っています。この「Easy」を聞いて確信しました。




#18 Kelly Clarkson / People Like Us

ベストアルバム『Greatest Hits: Chapter One』からのGreg KurstinプロデュースによるPopラジオ局用への2ndシングル。Videoが解禁されました。流行りのEDMの流れを若干取り入れた彼女らしい力強さ溢れるナンバー。まぁベスト用への楽曲という事で今までのシングルに比べて弱い印象を受けていましたが、ストーリー性のあるVideoがそれらを上手くカバーした様な感じですかね。何気に彼女のVideoはハズレが無い。




-----------------
以下、溜まり過ぎていた3週間分の新着Video。かなり重いので注意!!!
Jennifer Lopez - Live It Up (feat. Pitbull)


Jason Derulo - The Other Side (Official Dance Edit Video)


Katy B - What Love is Made of


Jessie J - WILD (feat. Big Sean & Dizzee Rascal)


will.i.am - Bang Bang


The Saturdays - Gentleman


T.I. - Wit Me (feat. Lil Wayne)


2 Chainz & Wiz Khalifa - We Own It


Kendrick Lamar - Bitch, Don't Kill My Vibe


B.o.B - Chandelier (feat. Lauriana Mae)


Tyga - For The Road (feat. Chris Brown)


Snoop Lion - Ashtrays and Heartbreaks (feat. Miley Cyrus)


The-Dream - IV Play


Mariah Carey - #Beautiful (Explicit Version) [feat. Miguel]


Florida Georgia Line - Cruise (Remix) [feat. Nelly]


Diana Vickers - Cinderella


Sara Bareilles - Brave


Maroon 5 - Love Somebody


Lawson - Brokenhearted (feat. B.o.B.)


Olly Murs - Dear Darlin'


OneRepublic - Counting Stars


KT Tunstall - Feel It All


カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=