スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/6/10付け パーソナル・チャート

 2013-06-10
梅雨よ何処へ?

Ke$ha

#01 (08) Ke$ha / Crazy Kids (feat. Juicy J) [2 Weeks] ↑4
#02 (15) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta) ↑2
#03 (02) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) ↑3

#04 (02) Icona Pop / Ready for the Weekend ↑9
#05 (04) B5 / Say Yes ↑3
#06 (05) Tamar Braxton / The One ↑4
#07 (04) Daft Punk / Get Lucky (feat. Pharrell Williams) ↓6
#08 (02) Little Boots / Broken Record ↓6
#09 (01) Selena Gomez / Slow Down NEW
#10 (04) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell) ↓1

#11 (03) Drop City Yacht Club / Crickets (feat. Jeremih) ↓3
#12 (07) Jason Derülo / The Other Side ↑4
#13 (02) DJ Felli Fel / Reason To Hate (feat. Ne-Yo, Tyga & Wiz Khalifa) ↑1
#14 (05) Icona Pop / I Love It (feat. Charli XCX) ↓11
#15 (01) Jessie J / Wild (feat. Big Sean) NEW
#16 (01) Busta Rhymes / #Twerkit NEW
#17 (01) Miley Cyrus / We Can't Stop NEW
#18 (01) P!nk / True Love (feat. Lily Rose Cooper) NEW
#19 (02) Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott) ↓7
#20 (01) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) NEW



#09 Selena Gomez / Slow Down

( ^ω^)<あたいがセレーナ・ゴメスや!(喋り方は想像です。)
セレブパワーが増し増し中の"ゴメたんことSelena Gomez"の7月発売のニューアルバム『Stars Dance』からの2曲目の先行カット。おそらく2ndシングルになるんだと思います。「まるでRihannaのモノマネの様だ」と話題の「Come & Get It」は彼女にとって最大のヒット(US 最高6位)となっていますが、こちらの曲の方が従来の"ゴメたん"のイメージに近いのではないでしょうか。The Cataracsプロデュースの何ともわっかりやす~いダンスPopナンバーで、個人的な第一印象としてもこっちの方が好き。今回は僕もアルバム買おうかな?発売日がMariah Careyとモロ被りなのが可哀想ですが。
( ^ω^)<負けへんで!




#13 DJ Felli Fel / Reason To Hate (feat. Ne-Yo, Tyga & Wiz Khalifa)

DJ Felli Fel

個人的に贔屓にしているDJ Felli Felから久々に届けられた新曲。良い曲いっぱいあるのに未だにHot100ヒットが、一時期Hip-Hop系クラブの定番となっていた「Get Buck in Here (feat. Diddy, Akon, Ludacris & Lil Jon)」の最高41位しかないのが信じられない。で、この曲も良いじゃないですか。Ne-Yo、Tyga、Wiz Khalifaを客演に迎えた涼やかで硬派なミドルチューン。やっぱNe-Yoはこういうトラックとの相性抜群だわ。本当かどうか知りませんが、DJ Felli Felは今年にデビューアルバムを出す予定もあるそうな。




#15 Jessie J / Wild (feat. Big Sean)

Jessie J

UKで初登場5位を記録したJessie Jの新曲。今年発売予定の2ndアルバムからの先行曲という風に一応なっている様です。これ初めて聞いて「今まで以上にJessie Jっぽいな」と思った。色んなジャンルを融合させながらも聞きやすく、そして力強い、まさにワイルドなナンバー。チャリティ番組の為に衝撃の坊主姿になった彼女の勇姿がこのVideoで拝見できます。曲にピッタリで良かったね。ちなみにUKとアイルランドバージョンのみDizzee Rascalがドぎついラップで参加。知名度が低いとは言え、他の国でもこのバージョンで配信して欲しいなぁ。




#17 Miley Cyrus / We Can't Stop

「ワタシ革命」が中途半端に終わり、ルックスの変貌も激しいMiley Cyrusから届けられた新曲。3年振りに発売予定のアルバムからの先行曲となっています。今一番勢いのあるプロデューサーのMike Will Made Itが手掛けたHip-HopからR&Bまでもがごちゃ混ぜとなった不思議なチルアウト系パーティチューン。こういう方向で来るとはだいぶ予想外でしたがiTunesチャートでは1位を獲得し、依然人気がある事を証明して見せました。気が抜けそうなヘナヘナした声で「♪らだでぃだでぃ、うぃらくぱり」「♪えんうぃ~きゃ~んすた~、えんうぃ~うぉ~んすた~」と歌ってます。なんでこんなにヒットしてるのか疑問ですが、癖になるタイプの曲である事は分かります。




---------------------
<<以下、新着Video>>
Taylor Swift - Everything Has Changed (feat. Ed Sheeran)


Carrie Underwood - See You Again


Vampire Weekend - Diane Young


Tank - Shots Fired (feat. Chris Brown)


India.Arie - Cocoa Butter


カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=