スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2013/6/24付け パーソナル・チャート

 2013-06-24
もうすぐ半年が終わるのか…。

Rihanna

#01 (17) Rihanna / Right Now (feat. David Guetta) [3 Weeks]
#02 (01) Britney Spears / Ooh La La NEW
#03 (02) Usher / Twisted (feat. Pharrell) ↑8

#04 (01) M.I.A. / Bring The Noize NEW
#05 (03) Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj) ↑2
#06 (03) Busta Rhymes / #Twerkit ↓3
#07 (02) Kat Krazy / Siren (feat. elkka) ↑11
#08 (06) Robin Thicke / Blurred Lines (feat. T.I. & Pharrell) ↓4
#09 (10) Ke$ha / Crazy Kids (feat. Juicy J) ↓4
#10 (04) Little Mix / How Ya Doin'? (feat. Missy Elliott) ↑4

#11 (03) Jessie J / Wild (feat. Big Sean) ↓5
#12 (04) B.o.B / We Still In This Bitch (feat. T.I. & Juicy J) ↓10
#13 (06) Daft Punk / Get Lucky (feat. Pharrell Williams) ↓3
#14 (07) Tamar Braxton / The One ↓6
#15 (02) Sean Paul / Other Side of Love ↓3
#16 (02) Little Mix / DNA ↑4
#17 (04) Little Boots / Broken Record ↓8
#18 (01) Olly Murs / Dear Darlin' NEW
#19 (01) Glenn Lewis / Can't Say Love NEW
#20 (09) Jason Derülo / The Other Side ↓7



今週は4曲ピックアップ。

#02 Britney Spears / Ooh La La

Britney Spears

Britney Spearsの新曲はファミリー向け映画『The Smurfs 2』のサントラから。Dr. Luke、Cirkut、Ammoらヒットメーカーが手を組んだシンセPopナンバー。なんとも彼女らしい超キャッチーなHookと、刺激的な間奏が耳から離れません。子供向けという事を意識してかいつにも増して可愛い曲に仕上がっています。既定路線とは言え安定のクオリティを保っているのはさすがです。まぁこれがアルバムからの先行シングル扱いだったら少しガッカリでしたが、サントラ曲としては上出来でしょう。Videoも制作されている様です。




#05 Mario / Somebody Else (feat. Nicki Minaj)

Mario

4年振りにアルバム発売が予定されているR&BシンガーMarioの新曲。「Just a Friend」と「Let Me Love You」の大ヒットで、バリバリ歌ってバリバリ踊れるR&BシンガーとしてUsherやChris Brownの様なビッグスターになるものかと思っていましたが、未だにどうも小粒感が漂う彼。2011年には「The Walls (feat. Fabolous)」を発表するも、僕はかなり好きだったのですがこれも全くヒットせずアルバム発売は延期。その間に幾つかの客演仕事もこなしますが、ようやく本格的に始動。21st Century「Remember The Rain」のメロディとフレーズのループを下敷きとし、太いHip-Hopビートを基調としたかな~りジワジワ効いてくるPolow Da Donプロデュースによるナンバー。Nicki Minajの客演もあるし、これは久々にヒットしそうな気がするのですがどうでしょうか。というか、せっかくの実力派なのだから頑張って欲しい。




#18 Olly Murs / Dear Darlin'

Olly Murs

Olly Mursのアルバム『Right Place Right Time』からのアメリカ以外の3rdシングル。「Troublemaker (feat. Flo Rida)」がアメリカでもそこそこヒット(最高25位)しましたが、あちらのファンキーなグルーヴで心弾んだ楽曲からは一転し、かなりストレートな別れ歌バラードをシングルに持ってきました。こちらもなかなか好評な様で、UKチャートの最高5位までランクアップ中です。




#19 Glenn Lewis / Can't Say Love

Glenn Lewis

R&BシンガーGlenn Lewisの新曲。新曲としては3年振りだそうですが、個人的な認識としては2003年の「Back for More (feat. Kardinal Offishall)」以来だったので、めちゃくちゃ久々(10年振り!)に名前を聞きました。オールドマナーに則った情熱的でリアルなR&Bソウルミュージックを聞かせてくれていて聞き応えがあります。これぞR&B!ですな。(彼の代表曲「Don't You Forget It」(US 30位))




--------------------------
<<以下、新着Video>>

Disclosure - F For You


Robyn - U Should Know Better (feat. Snoop Dogg)


Miley Cyrus - We Can't Stop


Big Time Rush - 24/seven


MKTO - Classic


Timomatic - Parachute


Mark Morrison - I Am What I Am


Chris Brown - Don't Think They Know (feat. Aaliyah)


Juicy J - One of Those Nights (feat. The Weeknd)


カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=