スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

Ashanti @ Billboard LIVE TOKYO

 2013-10-31
Ashanti

前回のBrandyのLIVEと同じBillboard LIVE TOKYOでAshantiのLIVEを見てきました。

ノリで直前に決めたので、あまり予習(復習?)する事もなく見てきました。
ステージが始まる前に、おそらくアルバム『The Declaration』発売前頃のものだと思われるインタビュー映像がモニターに数分流れました。まぁいいんだけど全部英語だからあまりよく分からんし、なんとなく過去の栄光に縋っている感がある映像だったので悲しく思えたのは僕だけか…。

以下、歌った曲リスト

アルバム『Ashanti』より
Foolish / Unfoolish (feat. Notorious B.I.G)
Happy
Baby


アルバム『Chapter II』より
Rock wit U (Awww Baby) / Rock wit U (Awww Baby) [Remix]
Rain on Me


アルバム『Concrete Rose』より
Only U

アルバム『The Declaration』より
The Way That I Love You
Girlfriend


アルバム『BraveHeart』収録予定曲より
The Woman You Love (feat. Busta Rhymes)
Never Should Have
She Can't
My First Real Love (feat. Beenie Man)


客演曲
Always on Time - Ja Rule feat. Ashanti
What's Luv? - Fat Joe feat. Ashanti
Down 4 U - The Inc. feat. Ashanti, Ja Rule, Charli Baltimore & Vita
Mesmerize - Ja Rule feat. Ashanti


Ashantiが2階から金色のスパンコールのドレスを着て登場。お顔立ちはよく映像で見てるのと同じナチュラルビューティーな感じでした。ただ体格が…! 太っ 豊満なバディーをゆさゆささせながら、オープニングで歌った曲は「Rock wit U (Awww Baby)」。飛び抜けた個性みたいなものは無いんだけれど、まぁ歌は普通に上手いし声量もありました。安心して見られるパフォーマンスだったかなぁ。歌われる曲はヒット曲のオンパレード状態なので否が応でもテンションが上がります。1階席のサービスエリアの人達はもうちょっと盛り上がっても良かったんじゃないかな、と。

Ashantiは常にテンション高い! 英語でまくし立てる様に喋って「ガハハハハー!」と大声で笑います。その姿はまさに大阪のおばちゃん。喋るの早いからあんまりちゃんと聞き取れませんが、本人が楽しそうで何より。そんな彼女もしっとりとした曲では落ち着いてしんみりと歌います。僕が彼女で一番好きな暗ーーい「Rain On Me」も歌ってくれた!「ろー↑どうぉんちゅーていくでぃーす」の「ろー↑」のキーの上がり方を低めにアレンジしてたのがちょっと残念でした(細かい)が、嬉しかったです! 逆に好きな曲だったのにライブがちょっと残念に思えたのが「The Woman You Love」。エレキギターのアレンジがうるさい上にAshantiも声を張り上げて歌ってるし、なんだか騒がしかったです…。

中盤で客演曲を惜しみもなく披露して行きます。そして「誰かステージに上がらないー?」と客席に挙手を求めます。選ばれたのはAshantiのTシャツを着てきた若めの男性。そのTシャツに気付いたAshantiは「Oh! I Love This!」と喜んでました。その男性に目隠しと手錠をかけて椅子に座らせて、Lap Dance的なものを「Girlfriend」を歌いながらお披露目。途中で目隠しを外してその男性の目を見つめながら歌ったりやりたい放題。見てる分には楽しいんだけど、もし自分が張本人だったら反応に困るよね(笑) 激しく動いたのでAshantiもカロリーを消費した事でしょう←。アンコール前ラストは「Only U」。彼女の曲の中でもテンションの上がるタイプの楽曲なのでこのチョイスには納得でした。

そして、アンコール後はアルバム『BraveHeart』(なんと来年3月発売に延期。もう2年以上延期してるよね…。)収録予定のパーティチューン2曲「She Can't」「My First Real Love (feat. Beenie Man)」をお披露目。前者は1回聞いただけで合いの手として「Oh!」や「Oh No!」を入れられるようなキャッチーな楽曲でした。そして後者はレゲエ要素を取り入れた楽曲で、バックバンドやAshanti本人も歌いながら本当のパーティの様に楽しんでいました。

「MTV No.1」「BET No.1」「Billboard Hot100 No.1」とか前置きを入れてから披露した最後の楽曲は、「Foolish」(と、「Unfoolish」のミックスバージョン)でした。他に何を歌われようがみんななんだかんだ言ってこの曲を聞きたかったんですよ!待ってましたと言わんばかりに観客も盛り上がってました。

というわけで2時間弱の間、予想よりたっぷりと歌ってくれた印象でした。それだけ自分がおっさんになったという証でもあるのですが、懐かしさに浸りながら聞けるのは良いですね、楽しかったです。前のアルバム結構良かったので、どうにかこうにかアルバム発売に漕ぎ着けてくれる事を願います。



…LIVEの開演が30分遅れたせいで、この日の終電を逃して帰宅しましたo(`ω´ )oプンプン


Foolish


Rain On Me


Never Should Have
カテゴリ :ライブ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=