スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/1/20付け パーソナル・チャート

 2014-01-20
あけましておめでとうございます(今更
最近仕事がくっそ忙しい上にプライベートが色々忙しいものでなかなか腰を据えて書く事が出来ませんでした。
今年もダラダラとこの調子で書き綴っていく予定なので、もし良ければ見離さないで下さいヽ(`Д´)ノ
一応2013年の年間ベストも今月中には書く予定。(予定は未定♪)

Katy Perry

#01 (07) Katy Perry / Dark Horse (feat. Juicy J) [4 Weeks]
#02 (04) T-Pain / Up Down (Do This All Day) [feat. B.o.B] ↑2
#03 (01) Shakira / Can't Remember To Forget You (feat. Rihanna) NEW

#04 (07) Katy Perry / Unconditionally ↓2
#05 (04) Dev / Kiss It (feat. Sage the Gemini) ↓2
#06 (06) Jason Derülo / Talk Dirty (feat. 2 Chainz)
#07 (01) Mack Wilds / Own It NEW
#08 (06) Paramore / Ain't It Fun ↑5
#09 (04) SoMo / Ride ↑1
#10 (03) Pharrell Williams / Happy (from "Despicable Me 2") ↓2

#11 (03) B.o.B / John Doe (feat. Priscilla) ↓4
#12 (05) Beyoncé / Partition ↓7
#13 (01) Katy Perry / International Smile NEW
#14 (01) Ellie Goulding / Goodness Gracious NEW
#15 (04) Childish Gambino / Sweatpants
#16 (05) Beyoncé / Drunk In Love (feat. Jay Z) ↓4
#17 (01) Katy Perry / Birthday NEW
#18 (01) Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha) NEW
#19 (14) Zedd / Stay the Night (feat. Hayley Williams of Paramore) ↓8
#20 (01) Jason Derülo / Trumpets NEW


なんか無言でパーソナル・チャートだけ発表してる間にだいぶ変わってます。ケイペリさんの「Dark Horse」が4週目の1位。今週の初登場はShakira、Mack Wilds、Katy Perryのアルバムからの2曲、Ellie Goulding、Cash Cash、Jason Derüloの「Trumpets」でした。幾つかピックアップしようかと思ったら書いていない間に取り上げたいのが溜まってました(白目
さささっといきましょう

#03 Shakira / Can't Remember To Forget You (feat. Rihanna)

お久しShakiraさんのニューアルバムからの1stシングルはなんとRihannaとのコラボ。曲としてはロック、レゲエ、ポップスの良いトコ取りでShakiraらしく聞きやすい内容。なので逆にRihannaの必要性が謎なのですが…。どっちかと言うとRihannaがShakiraに食われてます。Shakiraってこんなに個性が強いんだから、他の人の力なんか使わなくていいよなぁ、とよく思います。

#05 Dev / Kiss It (feat. Sage the Gemini)

すっかり懐かしい存在となっているような気がするDevちゃんの新曲。アルバムは売れず、シングルだけがちょいヒットしたものもある彼女ですが、どれ程彼女に需要があるのかは謎です。個人的には彼女の舌足らずで若干ビッチィな感じが気に入っているのですがねぇ。今までほとんどの曲をプロデュースしていたThe Cataracsではなく、HitBoyがプロデュースしたユルユルHip-Hopナンバー。売れる売れないはともかく彼女らしい曲だと思います。「Red Nose」と「Gas Pedal」がヒット中のSage the Geminiをフィーチャー。

#07 Mack Wilds / Own It
Mack Wilds

俳優Tristan Wilds、ミュージシャン名Mack Wildsのデビューアルバム『New York: A Love Story』からのシングル。R&Bエアプレイチャートではなかなかの高位置をキープしていました。アルバムはほぼ全編Salaam Remiがプロデュースを行い、他にはBink、Ne-Yo、Rico Love、DJ Premier、Pete Rockなど大物が名を連ね、更にゲストにMethod Man、Raekwon、Doug E. Freshといった懐かしどころを揃え、レビューでは90年代のヴァイブを感じて良い!という意見を目にし、更にグラミー賞の「Best Urban Contemporary Album」にノミネートされたという事で個人的に今かなりかなりかなーーーーり気になっているアルバムであります。多分そのうち買うと思う。この「Own It」もSalaam RemiとNe-Yoがプロデュースを手掛けた、本当に90年代に戻ったかの様な感覚で聞けるアップR&Bナンバーです。声にもうちょっと深みがあったら最高なんだけどなぁ。

#09 SoMo / Ride
SoMo

R&Bエアプレイチャート上昇中の白人R&BシンガーSoMoの楽曲。今年にデビューアルバムをリリース予定だそうです。声だけ聞いていたらどう聞いても黒人さんと間違えてしまいそうな激甘R&Bバラード楽曲です。畳み掛ける様なフレーズの繰り返しがインパクトがあって、ここまでストレートでありながらメロディアスに甘く響く楽曲って最近無かった気がするので個人的にちょっと衝撃を受けています。一押しです。今後の活躍が楽しみ。

#10 Pharrell Williams / Happy (from "Despicable Me 2")

サントラ『Despicable Me 2』からのシングルカットとなるPharrellの新曲。去年のDaft Punk「Get Lucky」の客演、更にRobin Thicke「Blurred Lines」をヒットへ導いた立役者として勢いの乗る彼ですが、この曲も大ヒット中。UK、オーストラリアを含む世界各国で1位、この流れはおそらく今後アメリカにも流れてきて大ヒットする事だと思います。彼らしいファンクネスとグルーヴ感に溢れた本当にハッピーなナンバー。とても40歳だとは思えないくらいに可愛くPopなファッションで満載のVideoと一緒に楽しめば、よりハッピーに。

#11 B.o.B / John Doe (feat. Priscilla)

B.o.Bのアルバム『Underground Luxury』からのPopラジオ局用1stシングル。ここ最近ストリート寄りのシングルを連発していた彼ですが、きちんとPopラジオ用にはメロディアスなこういう曲を持っていました。客演ゲストとして呼ばれて力強い歌声を披露しているのは、Pitbull「Timber (feat. Ke$ha)」やK. Michelle「V.S.O.P.」のソングライティングにも参加していたPriscilla Reneaという方。イメージ的にRihannaを髣髴とさせる歌声です。B.o.Bの毎度の如く、この曲も客演による力が非常に大きいです。1番なんて全部Priscillaの歌だしね…。

#14 Ellie Goulding / Goodness Gracious

Ellie Gouldingのアルバム『Halcyon Days』からの3rdシングル。fun.のNate Ruessがライティングに関わり、Greg KurstinがプロデュースしたキラキラシンセPopナンバー。意外なシングルチョイスかなぁとは思いますが、「明」の部分の彼女のアーティスト性を表現する役割は買っているのかな。なんだかどんどんセレブ路線を進む彼女に不安半面、愛おしさ半面。でも僕のエリゴルたんはいつも可愛いです。

#18 Cash Cash / Take Me Home (feat. Bebe Rexha)

アメリカのPopエアプレイチャート上昇中のEDMナンバー。ボーカルゲストのBebe Rexhaの歌声の可愛さに耳を惹かれますね。Cash Cash自体はよく色んなアーティストの楽曲のRemixを手掛けていたので、名前自体は聞いた事ありました。

#圏外 Ke$ha / Dirty Love

このタイミングで何故このVideoをつくったのだろうか。微妙にアレンジしてるしソロバージョンに録り直してるし。

#圏外 Robin Thicke / Feel Good

しかしまぁ「Blurred Lines」以外は大して売れませんなぁ。これも曲としては良いと思うんだけど、Videoのテーマ的なものが毎回一緒なのが悪いのかなぁ。

#圏外 Pixie Lott / Nasty

このレトロファンクな感じは彼女の真骨頂ですよね。

#圏外 Christina Perri / Human

この人も脆さアピールホントに好きだね。

#圏外 Miley Cyrus / Adore You

オエ

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=