スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/5/26付け パーソナル・チャート

 2014-05-26
おひさしぶりっこ。

Pharrell Williams

#01 (01) Pharrell Williams / Hunter [1 Week] NEW
#02 (02) OneRepublic / Love Runs Out ↑3
#03 (04) Lorde / Tennis Court ↑8

#04 (01) Hardwell / Everybody Is In the Place (Radio Edit) NEW
#05 (04) Ariana Grande / Problem (feat. Iggy Azalea) ↓4
#06 (03) Pharrell Williams / Come Get It Bae ↓3
#07 (08) Sia / Chandelier ↓5
#08 (02) Demi Lovato / Really Don't Care (feat. Cher Lloyd)
#09 (02) David Guetta & Showtek / Bad (feat. Vassy) [Radio Edit] ↓5
#10 (01) Nicki Minaj / Pills N Potions NEW

#11 (01) Katy Perry / Birthday (Cash Cash Remix) NEW
#12 (02) Pharell Williams / Brand New (duet with Justin Timberlake) ↓3
#13 (08) Iggy Azalea / Fancy (feat. Charli XCX) ↓7
#14 (03) Usher / Good Kisser ↓2
#15 (09) will.i.am / Feelin' Myself (feat. Miley Cyrus, French Montana, Wiz Khalifa & DJ Mustard) ↑2
#16 (04) Beyoncé / Pretty Hurts ↑2
#17 (01) Major Lazer / Come On To Me (feat. Sean Paul) NEW
#18 (04) Jason Derülo / Wiggle (feat. Snoop Dogg) ↓5
#19 (05) Avicii / Addicted To You
#20 (05) Shakira / La La La (Brazil 2014) [feat. Carlinhos Brown] ↓13


#01 Pharrell Williams / Hunter

来日もしていたPharrellさん、ようやっとアルバム『GIRL』を買いました。そこまで言う程「Happy」が好きなわけでもなかったしまぁそんなに期待していなかったのが功を奏してか、なかなか良いアルバムだと思いました。まとまりもあるし、インパクトのある曲もあるし。1stアルバムよりは断然良い気がします。で、アルバムからの2ndシングルはアメリカのみ「Come Get It Bae」で、他の国は先日Videoも解禁された「Marilyn Monroe」になっています。「Marilyn Monroe」ってシングルにするような曲かねぇ?と思ったりもしますが…。僕がアルバムで一番好きなのはこの「Hunter」ですね。癖のあるしつこいループトラックがPharrellらしくてツボです。

#02 OneRepublic / Love Runs Out

アルバム『Native』新装盤からの1stシングル。「せつなミッド」な「Counting Stars」がモンスターヒットを飛ばしましたが、これもそれに負けない様なキャッチーさが溢れています。今回はアップナンバーですね。メロディの美しさやRyan Tedderの裏声の美しさはさすがです。アルバム欲しいんだけどタイミングつかめずまだ買ってません。買って。

#03 Lorde / Tennis Court

デビューアルバム『Pure Heroine』からの3rdシングルは、「Royals」と同じ様にこちらもず~っと前からVideoが公開されていた「Tennis Court」に決定した様です。歌詞は普通なのに、なんでこんなにVideoも曲調もダークなんでしょうか(笑) 「Yeah!」しか言わないシュールで恐ろしいVideoは何か呪われてしまいそうです。と、同時にキャッチー。

#07 Sia / Chandelier

祝ビルボードTop100入り!という事で、現在48位まで来ましたSiaの楽曲。ずっと良い曲だー良い曲だー、と言い続けていましたが、呪われそうなVideoが解禁されて更に話題沸騰中ですね(笑) そして、アメリカのTV番組でこのVideoをライブで再現したもんだから更に話題沸騰中。購買意欲かなり描き立てられているので、アルバム『1000 Forms of Fear』買っちゃうと思う。

#08 Demi Lovato / Really Don't Care (feat. Cher Lloyd)

ティーンアイドルDemi LovatoとCher Lloydの揃い踏みシングル。アルバム『Demi』からの4thシングルですね。なんかこう「Heart Attack」で劇的なヒットを飛ばしてインパクトが強かった割には、その後のシングル「Made in the USA」が大コケし、『アナと雪の女王』の「Let It Go」を歌えば安っぽさが露呈(まぁこれは曲のアレンジの問題なのだろうけど。)し、キャッチーだけれどもありふれたシングル「Neon Lights」がかろうじてヒットし、となんか個人的にイマイチなイメージが続いています。厳しいかな…? で、今回のシングルはアルバム発売当初からかなり人気のあったアップテンポなポップチューン。まぁこれはまたかなり覚えやすい曲ですね。「バブルガムポップ」という言葉がピッタリ合う。アルバムの方はなんだか知らないけど過去に「Heart Attack」を単曲ダウンロードしてたおかげで約2.5ドルだったので、そのあまりの破格っぷり(安売り歌手っぷり/安売り女っぷり)にダウンロードしてしまいました。安過ぎたので逆にあんまり聞いてない。あ、何故か批判的な言葉続いてますが、これは良い曲だと思うよ。

#10 Nicki Minaj / Pills N Potions

おひさしぶりNicki Minajの新曲。3rdアルバム『The Pink Print』からの先行シングルです。デビュー時の客演の勢いはすさまじいものがありましたが、「Starships」へ代表されるようなPop路線への方向転換や、ネタ的な賑やかしいルックス、意味も分からないアルバム再発売による反発もあったせいかなんだかいつの間にか話題性も落ち着いた感じがあります。まぁ何事もやり過ぎは厳禁ですよね。そういうしがらみを打ち砕くためにも重要となる新曲は、プロデュースにDr. Luke、Cirkutを迎えたPop、Hip-Hop、R&Bをミックスしたバラードチューン。ふむ、そうきたか。なんか「Your Love」で「え…、こんなのが???」と思いながらあれよあれよとヒットしていった時を思い出させます。まぁ良曲だとは思うので比較的好評に受け入れられていますが、結局どういうのをやりたいのか相変わらず見えないというか。今から考えると「Super Bass」は本当に彼女の全てを上手く表現できた曲だったんだなぁと思います。「あすてぃらあ~、あすてぃら~、あすてぃら~、あすてぃらあああ」

#17 Major Lazer / Come On To Me (feat. Sean Paul)

EP『Apocalypse Soon』からの2ndシングル。相変わらず存在感だけは抜群のSean Paulを迎えたアップナンバー。Videoが日本をテーマにしていますが、曲調にも和テイストは反映されていて、これなかなかGood! 面白い。

#18 Jason Derülo / Wiggle (feat. Snoop Dogg)

アルバム『Tattoos』の新装盤(もしくは、US盤限定アルバム『Talk Dirty』)からの1stシングル。「Talk Dirty」のアメリカ大ヒットを受けて次にシングルとして持ってきたのがこの曲。完全に「Talk Dirty」の劣化版ですやん。言い方変えると、よりアメリカナイズされた「Talk Dirty」のHip-Hop寄り版って感じ。二匹目のどじょう狙いですね。アメリカでは難なくTop10ヒット。しかしこんな事で良いのかJason君。まぁ勢いあるうちは良しとしよう。

#20 Shakira / La La La (Brazil 2014) [feat. Carlinhos Brown]

「La La La」自体を前回紹介した時に、「アルバムのボーナストラックに入ってるW杯バージョンの方がお勧め!」と言っていたらきちんとVideoまでつくっていたShakiraさん。さすがやわぁ、抜かりないわぁ。泥んこのトコでサッカーし過ぎじゃね?

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=