スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/7/27付け パーソナル・チャート

 2014-07-27
3週間振りの更新で、しかもその間に自分のパーソナル・チャートすら更新してなかったという体たらく。
許してちょ。

Ariana Grande

#01 (02) Ariana Grande / Break Free (feat. Zedd) [1 Week] ↑6
#02 (01) Keyshia Cole / She NEW
#03 (01) Sia / Fire Meet Gasoline NEW

#04 (04) Iggy Azalea / Black Widow (feat. Rita Ora) ↑5
#05 (15) Sia / Chandelier ↑9
#06 (08) Major Lazer / Come On To Me (feat. Sean Paul) ↓5
#07 (01) Sia / Elastic Heart NEW
#08 (09) David Guetta & Showtek / Bad (feat. Vassy) [Radio Edit] ↓6
#09 (02) Ameriie / What I Want ↓3
#10 (04) Mariah Carey / You Don't Know What To Do (feat. Wale) ↓5

#11 (02) Enrique Iglesias / Bailando (English Version) [feat. Sean Paul, Descemer Bueno & Gente de Zona] ↑5
#12 (02) Mariah Carey / Meteorite ↓2
#13 (04) Iggy Azalea / Bounce ↓10
#14 (01) Mariah Carey / Money ($ * / ...) [feat. Fabolous] NEW
#15 (06) Armin van Buuren / Ping Pong (Hardwell Remix) [Radio Edit] ↓11
#16 (03) Hardwell / Dare You (feat. Matthew Koma) [Radio Edit] ↓8
#17 (02) Mariah Carey / Dedicated (feat. Nas)
#18 (01) Sia / Big Girls Cry NEW
#19 (03) Kiesza / Hideaway ↓7
#20 (06) Danity Kane / Lemonade (feat. Tyga) ↓9


#01 Ariana Grande / Break Free (feat. Zedd)

待望の2ndアルバム『My Everything』からの2ndシングル。大ヒット中の「Problem」とはまた大きく路線を変えてEDMですよ。まぁさすがに今更この手のサウンドって何の新鮮味もないんですが、勢いに乗っている彼女だけにあまりプロモーションしていない今の段階から既に手堅くヒットはしていますね(US 15位、AUS 3位)。敢えて「feat. Zedd」と記載してしまう辺り、「あたしは古臭い曲ばっかりじゃなくって、こういうのも歌えるしヒットさせちゃうんだから!ステキでしょ?」って言いた過ぎてしょうがないんじゃないかな?なんて思ってます。

#02 Keyshia Cole / She

最近R&Bラジオ局ですらたいしたヒット曲を生み出せずにいるKeyshia Coleからの最新シングルは、DJ Mustardプロデュースによるダブステップ調も取り入れたぼや~っとした何とも怪しげなエレクトロR&B。「When I'm は~い off of you, あ~い offer you, あ~あ~ (ぶいんぶいんぶいんぶいんぶいんぶいん)」の連呼が個人的に中毒です。ぶった切った様に曲が終わるところも気に入っています。一応流行りを取り入れた曲をつくってみました、という感じでKeyshiaっぽさがあるかと言えば謎ですが。

#09 Ameriie / What I Want

Amerie改めAmeriie名義のオフィシャルなシングルとしては初となるのがこの「What I Want」。Sugarhill Gangの「Apache」を丸々サンプリングした彼女ららしさ全開のファンキーで賑やかしいアップチューン。名前まで変えたのにやってる事が「1 Thing」の時から何ら変わってないという…(笑) しかもHookにいくまでのメロディのゴリ押し感が凄いです。僕の様な彼女のファン以外は本当に聞く耳を持ってくれるのだろうか?という疑問がありますが、聞いてあげて!


#11 Enrique Iglesias / Bailando (English Version) [feat. Sean Paul, Descemer Bueno & Gente de Zona]

アルバム『Sex and Love』からの4thシングルとなるこの曲で久々のアメリカヒットです(ビルボード17位)。それもまた最近推し進めていたEDMではなくてラテン一色のこの曲ってのが面白い。スペイン語圏での圧倒的な支持を受けてそれが英語圏にも広がった感じでしょうか。ちょうどW杯もあったし(全く見てないけど)、タイミング的にも良い感じのヒットですね。専らの評判ではスペイン語バージョンの方が良い!との意見が多いけど、僕は一緒に口ずさみたい人なので英語バージョンの方をいっぱい聞いてます。そして英語バージョンにはSean Paulが参加。この人、忘れた頃にちょくちょく客演曲でヒット出すよね。
カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=