スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/8/6付け パーソナル・チャート

 2014-08-06
初登場多すぎてわけわからん事になってますがピックアップしてさらーっと紹介。

Nicki Minaj

#01 (01) Nicki Minaj / Anaconda [1 Week] NEW
#02 (16) Sia / Chandelier ↑3
#03 (01) Fifth Harmony / Bo$$ NEW

#04 (01) Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj / Bang Bang NEW
#05 (01) Coldplay / A Sky Full Of Stars NEW
#06 (01) Juicy J, Wiz Khalifa & Ty Dolla $ign / Shell Shocked (feat. Kill the Noise & Madsonik) [From "Teenage Mutant Ninja Turtles"] NEW
#07 (03) Ariana Grande / Break Free (feat. Zedd) ↓6
#08 (01) Katy Perry / This Is How We Do NEW
#09 (01) Linkin Park / Final Masquerade NEW
#10 (02) Sia / Fire Meet Gasoline ↓7

#11 (01) Linkin Park / Until It's Gone NEW
#12 (02) Keyshia Cole / She ↓10
#13 (05) Iggy Azalea / Black Widow (feat. Rita Ora) ↓8
#14 (01) Cheryl Cole / Crazy Stupid Love (feat. Tinie Tempah) NEW
#15 (03) Enrique Iglesias / Bailando (English Version) [feat. Sean Paul, Descemer Bueno & Gente de Zona] ↓4
#16 (01) Lil Jon / Bend Ova (feat. Tyga) NEW
#17 (05) Mariah Carey / You Don't Know What To Do (feat. Wale) ↓7
#18 (09) Major Lazer / Come On To Me (feat. Sean Paul) ↓12
#19 (04) Kiesza / Hideaway
#20 (01) Usher / She Came to Give It to You (feat. Nicki Minaj) NEW


#03 Fifth Harmony / Bo$$

ガールズグループFifth Harmonyのデビューアルバムに向けての1stシングル。彼女達はデビューEPは既に出してますね。で、この「Bo$$」めちゃくちゃ格好良い。ホーン使いの懐かしさ漂うインパクトのあるR&B風アップチューン。ハーモニーも美しいし、全然興味なかったのに一気に惹きつけられました。しかしこういう曲調の流行りをつくりだしたのが他でもないJason Deruloの「Talk Dirty」であるというところが興味深い。

#05 Coldplay / A Sky Full Of Stars

アルバム『Ghost Stories』からの最新シングル。僕Coldplayの曲ちゃんと聞いたのとかかなり久しぶりなんですが、この曲めちゃくちゃハマってます。理由は簡単、EDM要素を含んでいるから。毎度お馴染みピアノとChrisの透き通る様なコンビネーションを聞かせてくれたサビの後にEDMによくあるブレイク部分があります。でも全然嫌味な感じとか無理矢理な感じがしないんですよねー。曲全体としても明るく爽やかで心が洗われる様です。

#06 Juicy J, Wiz Khalifa & Ty Dolla $ign / Shell Shocked (feat. Kill the Noise & Madsonik) [From "Teenage Mutant Ninja Turtles"]

映画『Teenage Mutant Ninja Turtles』からの楽曲。これまた凄いメンツの取り合わせと組み合わせだなと思いましたが、楽曲とのマッチ具合が素晴らしく、まためちゃくちゃ格好良いです。子供用の映画の為の楽曲と侮るなかれ。

#08 Katy Perry / This Is How We Do

アルバム『PRISM』からの5thシングル。4thシングル「Birthday」は派手さが無い楽曲のせいか、はたまたクド過ぎるVideoのせいか中ヒット止まり(US17位、UK22位)でした。そして5thシングルとして選ばれたのがこの楽曲なわけですが、「なんでわざわざこれ選ぶの…。」という印象しかなかったです。アルバム中ちょっと異質な雰囲気を漂わせるHip-Hop風なミッド・ナンバー。アルバムの流れとしては「Dark Horse」の次に位置する曲なのでまぁ自然でしたが、これわざわざシングルにするかね。終始棒読みで音程が有って無い様な楽曲になっており、セリフ部分も挟みながらずーっとぶつくさ呟いてます。こないだカラオケで歌って「なにこれ変な曲。」って改めて思った。とは言えシングルカットが決まるとなると不思議とリピートしてしまうし、Video自体はなかなか面白みのあるものに仕上げてくれたのでまぁまぁこれはこれでアリなのかなぁと思えてきました。さすがに大ヒットはしないと思うけど。

#09 Linkin Park / Final Masquerade

アルバム『The Hunting Party』からの3rdシングル。Linkin Parkとしてさすがに一時期の勢いはなくなってしまったし、ヒット曲も全然出せていませんが僕は今回のアルバム気に入っています。そしてアルバム中最も覚えやすくて哀愁漂っていて一番大好きだったこの楽曲がシングルカットされて嬉しい限り。

#12 Keyshia Cole / She

先週紹介済み。Video到着。薄化粧のKeyshia可愛いやん。

#14 Cheryl Cole / Crazy Stupid Love (feat. Tinie Tempah)

Cheryl Coleの最新シングルもファンキーなPopチューン。HookのメロディやHook終わりのホーン部分が格好良いです。その代わりHookに行くまでのVerse部分のメロディの弱さ、というかメロディの無さが気になりますがまぁご愛嬌。Videoも見応えあるので許してあげて。UKでは相変わらず安定した人気を誇っており、危なげなく初登場1位を記録しています。

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=