スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告

2014/8/21付け パーソナル・チャート

 2014-08-21
「サマソニ in 大阪」もGagaのLIVEも行ったので、気が向けば書きます。

Nicki Minaj

#01 Nicki Minaj / Anaconda [2 Week]
#02 (02) Katy Perry / This Is How We Do ↑6
#03 (01) Clean Bandit / Rather Be (feat. Jess Glynne) NEW

#04 (04) Ariana Grande / Break Free (feat. Zedd) ↑3
#05 (02) Coldplay / A Sky Full Of Stars
#06 (06) Iggy Azalea / Black Widow (feat. Rita Ora) ↑7
#07 (02) Juicy J, Wiz Khalifa & Ty Dolla $ign / Shell Shocked (feat. Kill the Noise & Madsonik) [From "Teenage Mutant Ninja Turtles"] ↓1
#08 (17) Sia / Chandelier ↓6
#09 (04) Enrique Iglesias / Bailando (English Version) [feat. Sean Paul, Descemer Bueno & Gente de Zona] ↑6
#10 (02) Fifth Harmony / Bo$$ ↓7

#11 (02) Cheryl Cole / Crazy Stupid Love (feat. Tinie Tempah) ↑3
#12 (01) Meghan Trainor / All About The Bass NEW
#13 (02) Jessie J, Ariana Grande & Nicki Minaj / Bang Bang ↓9
#14 (02) Lil Jon / Bend Ova (feat. Tyga) ↑2
#15 (03) Sia / Fire Meet Gasoline ↓5
#16 (03) Keyshia Cole / She ↓4
#17 (02) Usher / She Came to Give It to You (feat. Nicki Minaj) ↑3
#18 (05) Kiesza / Hideaway ↑1
#19 (10) Major Lazer / Come On To Me (feat. Sean Paul) ↓1
#20 (09) Rita Ora / I Will Never Let You Down RE


#01 Nicki Minaj / Anaconda

3rdアルバム『The Pinkprint』に向けての先行2ndシングル。聞きやすいバラードだった1stシングル「Pills N Potions」とは打って変わって、果敢に攻めて来ました。なんだかここ最近はIggy Azaleaに話題を掻っ攫われていた印象がありましたが、見事に持ち直してきた印象です。Sir Mix-a-Lotの「Baby Got Back」をサンプリングしたダンサブルなお下劣アップナンバー。ここまで開けっぴろげにお下劣なHip-Hop曲もなんだか久しぶりな印象があります。ちんちんとおケツについて早口でラップし、Hookのフレーズが脳裏に焼き付くある意味正統派なHip-Hop。絶大なインパクトとキャッチーさを持っているので、今後これがどのくらいの規模感でヒットするのかが見ものです。なにやらMTVでパフォーマンスもするとか。カラフルなVideoも曲も過激なので規制されたりしないのかねぇ?プロデュースはPolow Da Donら。

#03 Clean Bandit / Rather Be (feat. Jess Glynne)

エレクトログループClean Banditの4週連続全英1位獲得曲。アメリカでも12位まで来ました。まぁまぁ前からチラッとは聞いてましたが、周りでのアルバムの評判が良かったので買ってみました(まだちゃんと聞いてないけど)。バキバキのEDMブームや単純な4つ打ちはそろそろ終わりを迎えるのではないかとさすがに言われていますが、そんな中この曲の様に少し異質なダンスミュージックがこれからは残って圧巻していくような気がします。メロディとストリングスの美しさ、更には日本で撮影されたVideoが話題となり、UKで今年最大のヒットとなっています。その流れが早くもアメリカに上陸しました。

#04 Ariana Grande / Break Free (feat. Zedd)

もうすぐ発売の2ndアルバム『My Everything』からの先行2ndシングル。15位にまで上がってきました。Video解禁。なんですかこの子供が夢見るようなしょーもない宇宙劇の様なVideoは。お金のかけ方無駄でしょ(笑) 敢えてダサいのを狙ってきたのだとは思いますが…。まぁ若くて可愛いから許す。

#06 Iggy Azalea / Black Widow (feat. Rita Ora)

デビューアルバム『The New Classic』からの5thシングル。アメリカでは早くも15位まで上昇しており、彼女の勢いを感じます。曲としてはアルバム中最もキャッチーなエレクトロHip-Hop。プロデューサーのStargateさすがです。こちらもVideoの方はお金をかけて『Kill Bill』を意識した格好良いものに仕上げてきました。

#12 Meghan Trainor / All About The Bass

世界で爆発的ヒットとなっているMeghan Trainorのデビューシングル。アメリカで既に4位、オーストラリアでは1位ですよ。「どんな体型であってもあなたは素敵♪」という様な前向きなメッセージを歌っているらしいレトロポップナンバーです。いやまぁそりゃ確かにキャッチーですが、なんでこんなに必要以上に売れているのか誰か教えて欲しいところ。これこの調子だと簡単にアメリカでも1位になると思います。

カテゴリ :パーソナル・チャート
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
name=